黒川鍵司
黒川鍵司
 虚空を見つめる視線。 ■フェイヴァリットアルバム ・Mick Karn「Dreams Of Reason Produce Monsters」 ・Manuel Gottsching「E2-E…

マイルーム

引きこもり部屋
引きこもり部屋
借家(マンション) / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 こういう機器で聴いています。 ■機器類一覧 ・LINN IKEMI(CDプレイヤー) ・LINN MAJIK DS(ネットワークプレイヤー) ・Wadia Digital…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

レビュー/コメント

HP-200P
HOVLAND
HP-200P
¥1,732,500(税込)
発売:
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

浸透力

 映画のランキングを眺めていると、上位はいつも派手な映画。CGと人海戦術で途方もないスケールを描いていたり、秘密結社が派手に暗躍したり、事も無げに殺人事件が起こるアニメだったり。でも、数年後に「もう一度、観たいな」とか「あの映画で、人生が変わったのかもしれない」と思わせてくれる映画には、比較的、地味なものが多いように思えます。人目を惹くためだけに作られた映画よりも、そのような映画の方が、心に染み入る浸透力があるのかもしれません。

 オーディオ機器にもそれがあるように思えます。先日、RADIA-iとコンビを組んで、TANNOY Yorkminsterを鳴らしたHOVLAND HP-200に、その浸透力を感じました。

 シンバルが飛んでくるわけでも、松脂が降りかかってくるわけでもありません。音楽を微視的に切り刻むような分解能があるわけでもないし、疾風怒濤でこちらを巨視的世界に押し流そうとするわけでもありません。たおやかに、どこまでもなめらかな中高域。いつの間にか身体を通り抜けていく低域。言葉を失って、ただ聴き惚れてしまいました。原音忠実性が高いかといわれれば、そうではないでしょうが、私には、この音を否定する気は起きませんでした。外見も、光源とその透過の使い方がうまく、嫌味なく、軽やかな美しさがあります。

 いつか機会があったら、その日が来たら、上記組み合わせで音楽に浸り続けたい。そんな風に思わされる機器。久々に出会った気がしました。

レス一覧

  1. bypuronimo at2009-05-27 14:07

    シナジー後継ひ一度行きかけました、中古品で入出力がRCAの為見送りましたが、XLRタイプなら行っていたかも
     
    JEFFでの試聴でしたが柔らか味があり適度な解像度で気持ちよい音でした。
    色んな場所でデモとか聞きましたが、良くは感じても悪さや嫌な部分を感じさせない優等生タイプ
    もちろんホブランド同士がベストで個人的にはサファイアよりラディア好みかな、ストラトス高すぎ。
    デザインやライティングもカッコ良く安定性があり良いプリアンプですね、ボリューム操作が独創的ですが。
    試聴した店で聞いた話ですが真空管使用にしては故障も少なく少々手荒な扱いでも大丈夫、オクターブにも通じる安定性もあるみたいですよ。
    趣味の世界ですが何時ご機嫌が悪くなるかも知れない不安定なタイプは精神衛生上良くないですし。
    アッカの輸入品は内外価格差も他の代理店より少なく、中古価格も比較的安めである意味お買い得かも知れませんね。
    ブラックタイプも痺れます。

  2. by黒川鍵司 at2009-05-27 23:31

     あの羽毛のような心地よい柔らかさ、滑らかさ、軽やかさが素晴らしいと思います。それでいて、実は底力があることもチラリと見えたりするのも良いですね。クラシックなどを聴くなら、特に小編成のものであれば、最高のアンプの一つではないかと思います。このモデルですとXLRもあるので、オーディオ的な満足感も高いかもしれませんね。

     でも、なにぶん地味かなぁ。それだけ、聴き疲れのしない音だということなのですが、それに気がつく前に「ふ~ん」といわれて、終わってしまいそうな気がします。

     アッカさんは良いプロダクトを扱ってらっしゃいますよね。でも、それに比して価格もなかなかのもので、私には手が届かないものばかりです。

     あ、そうそう。以前、いつかこれをと思った機器の一つは、ソナスのアマティでした。どこか共通するものを感じたりもします。

  3. byウラキンスカイウォーカー at2009-05-29 18:19

    「音楽に浸り続けたい」という表現、良いですね。

    良い機器を耳にする機会の極端に少ない小生ですが、良い機器は「面構え」を見れば解ります。
    「面構え」が悪ければ、どんなエエ声で唄ってくれようとアウトだす。(笑)
    また、美人さんの目がエエ〜口元が上品だ〜と分析的(=分解能)に判断しても、「TTLでどうなんや〜!」で突っ込みを入れてしまいがちな小生です。

    写真と先生のレビューを拝見する限り、「結納金」お高そうですね。(笑〜実際お高い!車が買えますね!比喩に映画を使われていたので、反応してしまいました。例えると、女優の高峰秀子さんみたいな感じですかね?もし御存知で無かったら、主演した「浮雲」とか観てやってください。)

  4. by黒川鍵司 at2009-05-30 00:21

     バタ臭くもなく、ストイックすぎず、和風というわけでもない......と考えていくと、高峰秀子がホブランドというのは言いえて妙ですね。その例えでいくと、八千草薫がメトロノームで、鰐淵晴子がゴールドムンド、原節子がリンデマン、田中絹代は上杉研究所で。うちのチェロは小川真由美であってほしいなぁ。なんて戯言を言ってみたりして(笑)。

     価格は高いですね。手が届かない。だからこそ、いつかと思わさせられる。それがオーディオのロマンティシズムなのかもしれないですね。

  5. byOQ at2009-05-30 09:40

    プリアンプの女優への例えが興味深かったので、画像を検索して
    確認してみました。

    ホブランドはまだ聴く機会がないので正直わからないのですが、
    ゴールドムンドが鰐淵晴子というのは、ユーザとしてはなるほど
    なあ、といった感じでした。
    しかし、小川真由美を検索すると同姓同名の方が出てきて一瞬迷い
    ました。チェロってこんな音だったっけ?と(笑)

  6. by黒川鍵司 at2009-05-30 09:57

     レスありがとうございます。結構適当に女優さんの名前を挙げてしまったのですが、所有者の方に「なるほど」と思っていただけたなら大きく外してはいなかったのかな、と安堵しております。もう一人思いついたのですが、梶芽衣子がソウルノートってのはどうでしょう?(笑)

     アナウンサーの方がいらっしゃるのですね。<小川真由美
     そして、ご本人は小川眞由美に改名されてらっしゃるなんて知りませんでした。イメージとしては、「さらば箱舟」「女ねずみ小僧」、そして天知茂とのテレビ版「黒蜥蜴」というあたりです。

     今の女優さんは、よくわからないのですが、美人の方は皆さん同じように見えてしまって、このような例え話には向かないように感じます。

  7. byfreestyle at2009-05-30 14:31

    黒川さんの女優シリーズ、往年の方々(現、ちょっと凄すぎ)の名前がズラリと。思わずレスしていました(爆)
    小川真由美さんは至近距離で拝見したことがあるのですが、チェロってそんな音なんでしょうか!!
    自分は小学生のときに見たあの映画の一幕、洞窟の中でショーケンを追いかける真由美さんのイメージが強すぎて…

  8. by黒川鍵司 at2009-05-30 22:17

     ほんと戯言なので、どうぞ、軽く流してくださいな(笑)。
     ほー! 小川さんを間近でですか。私は、もちろんお会いしたことがないので、上記の作品のイメージでして、コケティッシュな悪女というところですね。
     チェロがそういう音かというと難しいですね。あくまで、私がそんな音であって欲しいと思ってるだけですよ。

  9. by葉隠 at2009-06-02 22:14

    はじめまして、黒川さん。
    自分も以前、真空管プリアンプを検討していた時にHP200は
    購入を考えてました。
    結局、中古のベルエアーC2000が安く手に入ったので、そっちを購入して、ユーザーにはなりませんでしたが、ベルエアーが安くなければHP200を買っていたと思います。
    価格もやや上がってますね。自分が見た時は、フォノイコ内蔵モデルでたしか150万ぐらいだった気がします。

    この真空管プリは音が柔らかくて、ふわっとした中に解像度もあって、試聴したお店でB&Wが端正に鳴っていたのが印象的でした。
    このモデルにはリモコンがあるのが良いですね。
    なかなか真空管プリで、リモコン付きモデルはないんですよ。

  10. by黒川鍵司 at2009-06-02 23:15

     こちらこそはじめまして。
     ベルエアーのプリアンプは聴いたことがないのですが、HP-200に対抗できるとなると、かなり高レベルなアンプなのでしょうね。

     HP-200は、まるで、ふわりと宙に舞う羽毛のような、柔らかさと心地よさが高レベルのオーディオとしてまとまっていると思います。本当にあのシステムの音は素晴らしかったです。

     そうですね。プリにはリモコンがあったほうが便利ですよね。うちのプリはソリッドステートなのですが、リモコンがなく、音量調整でちょくちょく傍に行かねばなりません。それが愛着につながる部分もなくはないので、マイナス面だけではないと思いますが、できれば、座ったまま操作したいですよね。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】
●入力インピーダンス: 最大100kΩ、5段階選択可能(100kΩ、47kΩ、390Ω、100Ω、オプショナル) ●ゲイン: 3dBステップにて5段階選択可能(0dB、-3 dB、-6 dB、-9 dB、-12dB)最小57dB、最大69dB(@1kHz、非反転) ●周波数特性: 10Hz〜25kHz(+0/-0.25dB) ●SN比: 56dB(0.2mV入力にて、ワイドバンド)
62dB(0.2mV入力にて、400Hzハイパス・フィルター使用)
67dB(0.2mV入力にて、A-WTD)