黒川鍵司
黒川鍵司
 虚空を見つめる視線。 ■フェイヴァリットアルバム ・Mick Karn「Dreams Of Reason Produce Monsters」 ・Manuel Gottsching「E2-E…

マイルーム

引きこもり部屋
引きこもり部屋
借家(マンション) / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 こういう機器で聴いています。 ■機器類一覧 ・LINN IKEMI(CDプレイヤー) ・LINN MAJIK DS(ネットワークプレイヤー) ・Wadia Digital…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

レビュー/コメント

Model 4715
47 LABORATORY
Model 4715
¥102,900(税込)
発売:-
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

「これはなに?」と尋ねられる機器

 オーディオ機器をある程度知っている人でも「これはなんですか?」と質問してくる不思議な外見のDAC。本体、電源部共に信楽焼きの筐体は、シンプルですが、焼き物ゆえの「味」を備えています。そこが皆さんが「これって?」と興味を惹かれる理由なのかもしれませんね。

 機能についてもシンプル。入力は同軸1系統のみ。出力もRCA1系統のみ。今では当たり前になった、内部アップサンプリングもなし。対応周波数も44.1kHzと48kHzのみ。その上、デジタルフィルタどころか、アナログフィルタさえなし。でも、出てくる音は、下手な最新式DACよりも魅力的に思える部分もあります。

 ダイナミズムもあるし、音に豊かさも感じられるし、高域には清廉さがあって、うっすらと耽美的な部分もあります。なんで、このスペック、この作りで、こういう音が? と音を聴いても不思議になるDACだと思います。

 私のところでは、いまはメーンシステムからは退いていますが、非常に魅力的なDACなので、手放せずにいます。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●出力電圧:2.1V ●入力サンプリング周波数:32kHz,44.1kHz,48kHz,自動切換え ●デジタル入力端子:同軸1系統(RCA) ●アナログ出力端子:同軸1系統(RCA) ●外形寸法:本体 75Wx75Hx80Dmm、電源 75Wx75Hx145Dmm