黒川鍵司
黒川鍵司
 虚空を見つめる視線。 ■フェイヴァリットアルバム ・Mick Karn「Dreams Of Reason Produce Monsters」 ・Manuel Gottsching「E2-E…

マイルーム

引きこもり部屋
引きこもり部屋
借家(マンション) / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 こういう機器で聴いています。 ■機器類一覧 ・LINN IKEMI(CDプレイヤー) ・LINN MAJIK DS(ネットワークプレイヤー) ・Wadia Digital…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お気に入り製品

レビュー/コメント

iQ7
KEF
iQ7
¥149,058(税込)
発売:2005年
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

もっと所有者が増えるといいと思う

 上から見ると涙滴型のエンクロージャ、上部に少しはみ出るスピーカー部、同軸2ウェイ。それぞれソナスファベール、B&W、タンノイを思い起こさせる。しかし、それでいて、それらとは少し距離を置いたスピーカーという気がする。

 甘い音も出せない訳ではないし、解像度の高さを求めることもできるし、朗々とならすこともできない訳ではない。もちろん、それらでトップクラスになれる訳ではないけれど、こちらの要求に染まってくれるスピーカーであると思う。他の機器の変化、アップグレードに素直についてきてくれるというという、手応えを感じさせてくれる。こう書くと、個性がないということになってしまう気がするが、むしろバランスの良さがあると考えていただきたい。

 店頭での比較では、同一価格帯のDALIのTower、モニターオーディオのB6などがあったが、前者は背面バスレフ、後者は低音の制動が難しそうと感じたりした。そんな中、全く知らないメーカーであったKEFのiQシリーズを聴いてみた。音の広がりと定位感の良さ、そして私が求める方向の音に向かってくれそうな気配があった。そういうわけで、iQシリーズに決めた訳だ。一応、3ウェイ以上を目標としていたので、選択肢はiQ9とiQ7になる。差はウーハーの数で、ウーハー二発のiQ9では、低音の力量感がまし、音の奥行きが深まる。その効果は交響曲などでは絶大だった。たしかにiQ7とくらべると一段階上という気がしたのだが、私は6畳間でニアフィールドリスニングをせざるを得ない身だ。そこで、スピーカーに近寄って聴いてみると、iQ9では低音が分離してしまうような感覚がつきまとった。iQ7ではその傾向が少なく、ブックシェルフの感覚が残っている気がした。これが購入の理由となった。今考えてみるとiQ3を購入して何かしらのサブウーハーを足すということでも、良かったのかもしれない。その場合はサブウーハーとスピーカースタンドの選定で頭を悩ませることとなっていたとはおもうが。

 KEFの最大の特徴となっている「Uni-Q」と呼ばれる同軸2ウェイの機構は、点音源を確保するために有効で、ニアフィールドで聴かねばならない私のような人間にとっては、福音とも言える機構だ。大型のスピーカーを近距離で聴いたときに感じる、ツィーターの浮きのようなものを感じずに済んでいる。もちろんこれは、同軸2ウェイのみの恩恵ではなく、ネットワークの巧みさなども貢献しているのだろう。
 低音に関しても私の部屋では十分な鳴りでレスポンスもよく、サブウーハーなどの必要性を感じない。スペック上、再生周波数は40 Hz ~40 kHzとなっているので、スペック表が全てではないが、数値上は一般的なサブウーハー、スーパーツィーターを必要としないと言っていいだろう。私の家では、もちろん、他の機器の影響もあるだろうが、よくあるスペックを自慢するような音では鳴っていない。英国メーカーらしい、奥ゆかしさとでも言うのか、欲張らない音作りというものを、時に感じさせる。

 私が目指している音の方向というのは、グラマラスとかエレガンスというよりも、アドレセンスということになるだろうか。思春期(アドレセンス)そのままに快活さも、妖しさも出していてくれる方向をとおもっているのだが、iQ7は、そんな無理な要求にも、かなり答えてくれていると思う。基本ロックの人間なので、その分野は当然だが、ジャズなどもなかなか聴かせてくれる。ジャズでは特にホーンセクションの音が良いのだが、これはUni-Qにおけるツィーターの構造にホーン的な部分があるからなのだろうか? そして、それら以上に驚くのは宗教曲などの比較的大編成のコーラスが入った音楽である。これらについては、他のジャンルから一歩抜きん出る。声の表現が上手いという定評通りということだろう。

 総じてコストパフォーマンスもよく、もっと知られても所有者が増えても良いスピーカーだと思う。知名度がいまいちな理由は、試聴できるお店の少なさだろうか。ビジネス上の問題がこれをもたらしているのだろうけれど、それが普及を妨げていると考えると、もったいないことだと思う。また、細かい話だが、スピーカーターミナルの部分がちょっと変わっていて、一般的なYラグが使用できない。今現在Yラグを使用したケーブルをお持ちで、それを今後も使いたいと言う方は要注意である。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】
●型式:3ウェイ3スピーカー ●周波数特性:40Hz〜40kHz ●外形寸法:220W×865H×327Dmm ●質量:14.5kg