DATオヤジ
DATオヤジ
オーディオ産業華やかなりし時代の象徴のような存在であり、日本が世界に誇るオーディオフォーマットである(と信じている)「DAT」を愛しています。 もはやメーカーサポートも打ち切られ保守部品の入手も困難…

マイルーム

DATを愛でる部屋
DATを愛でる部屋
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~5ch
中古屋で見つける度に保護していたら、どんどん家族が増えてきました^^; 2016/11現在 ■■メインシステム(1) SONY DTC-77ES メモ:録音不調(原因不明)   …
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

PD-10
PIONEER
PD-10
¥37,000(税込)
発売:2012年7月中旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

CP抜群!PIONEERに天晴れと言いたい佳作機

「修理後DATの試験をするためのサブシステム」用に中古で購入。(¥1万強w)
試し録音する際にCDPがあると便利かなということで、
「とりあえず音が出ればいいや~」と気楽な気持ちだったのですが、
その実、低音がちゃんと出てしっかりと芯があって奥行や拡がりも感じられ、とても価格からは想像できない音にビックリ!
過去に所有したことのある廉価CDP(\4万以下モデル)は、いかにもコストダウンしていますという安っぽい音でしたが、
コイツは少なくとも音の面では安っぽさは感じられません。
強いていうなら少し重心が高めでPOPな傾向ですが、個人的にはそういう音質が好きなのでむしろ好印象です。

昨今のオーディオの進化(低価格・高性能化)に驚かされます。
DACなどの主要部品が安くなったおかげで、きちんと設計すれば廉価版でもなかなかの音質が得られるのでしょう。上位機種とは音質よりも機能面や使い勝手やデザインの面で差別化される時代になったのだと実感します。

ただし、メカとディスクトレイがあまりにも安っぽい(実際安いので文句はないケドw)ので、間違いなく長持ちはしないでしょうし、作動音もうるさいです。
そこらを割り切れるなら買って損はないと思います。

この価格でSACD(2ch)まで再生できてなかなかの高音質!
天晴れ!!!

レス一覧

  1. byO at2017-04-09 18:57

    DATおやじさん

    コメントは、いつも良い評価されてると楽しませてもらっています

    ただパイオニア製品は、バブル時代の方がローコスト機を含めてCP高い物を作っていたと思います

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●再生可能ディスク:音楽CD/SACD/CD-R,-RW/DVD-R,RW ●フロントUSB:USBメモリ(MP3/WMA) ●周波数特性:2Hz〜20kHz ●SN比:117dB ●出力端子:アナログRCA、光デジタル、同軸デジタル(RCA) ●消費電力:38W ●外形寸法:435W×128H×329Dmm ●質量:5.2kg