DATオヤジ
DATオヤジ
オーディオ産業華やかなりし時代の象徴のような存在であり、日本が世界に誇るオーディオフォーマットである(と信じている)「DAT」を愛しています。 もはやメーカーサポートも打ち切られ保守部品の入手も困難…

マイルーム

DATを愛でる部屋
DATを愛でる部屋
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~5ch
中古屋で見つける度に保護していたら、どんどん家族が増えてきました^^; 2016/11現在 ■■メインシステム(1) SONY DTC-77ES メモ:録音不調(原因不明)   …
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

D-TK10
ONKYO
D-TK10
¥168,000(税込)
発売:2005年12月5日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ニアフィールドで気軽に楽しむSP

「本気で音楽に向き合う」というより、
「ポン置きでカジュアルに楽しむ」というのがしっくりくるSPだと思う。

SP間1~2mくらいのニアフィールドが最も気持ちよく鳴ってくれるので、
書斎のデスクトップ等に置いて小さめの音量でBGM用途で、というのが吉!

発売当初、このSPを左右間隔かなり広めに配置して、いかにもパワーのありそうな高級アンプで爆音再生するというのが流行したが、
個人的には、そういう使い方をするなら迷わず他の高性能なSPをチョイスした方がいいと思う。

何が何でも「セッティングを追い込んで理想の音を探求してやるぜ!」というアプローチも楽しいけど、
たまにはこの手の小型SPで気軽に”音楽する”というのはいかが?

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】
●型式:2ウェイ バスレフ型(防磁設計・JEITA) ●ユニット:10cm New A-OMFコーン型ウーファー、3cm リング型トゥイーター ●ターミナル:バナナプラグ対応金メッキ真鍮削り出しネジ式スピーカーターミナル ●定格インピーダンス:4Ω ●最大入力:200W ●定格感度レベル:80dB/W/m ●定格周波数範囲:50Hz〜100kHz ●クロスオーバー周波数:3.5kHz ●キャビネット内容積:4.2リットル ●外形寸法:133W×276H×220Dmm(ターミナル突起部含む) ●質量:2.9kg