峠九十郎
峠九十郎
早期リタイアし、隠居生活の身です。

マイルーム

マイルーム試験中
マイルーム試験中
持ち家(戸建) / その他 / ホームシアタールーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
プロジェクタはSONYのVPL-VW245ブラック(スタンダードクラス)です。 スクリーンは125インチのシネスコカーブドです。 固定パネル式でホワイトマットの幕です。 アメリカから個人輸入した…
所有製品

日記

最新の日記
日記はありません
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気にいられユーザー

レビュー/コメント

SONY
VPL-VW245
¥577,500(税込)
発売:2017年12月9日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

コスパの高い良い商品です

2018年2月1日にソニーストアにて10%OFFクーポンおよびSONYバンクウォレット3%OFFを使用して税込み46万7千円ほどで購入しました。
楽天Rebatesを経由したのでSONYストア商品価格の1%分のRポイントが付きました。
またSONYバンクでは後日購入額の1%のキャッシュバックが付与される予定(私はシルバーランク)ですので、最終的には46万円を切ります。価格.comの最低価格よりは安く購入でき、3年保証も無償で付いたのでまずまずの買い物でした。
翌2日に到着、2月20現在までに22Hほど視聴しました。

外観
キャップの付いた状態
キャップを取った状態
これほど内部のメカが外から見えるPJも珍しいと思いました。

画質
高精細感は想像通りでつくづくネイティブ4Kにしてよかったと実感しています。
今まではJVCのDLA-X550R(e-shift)を使用していまして、それなりに満足していましたが、精細感の違いは顕著です。透明感、奥行き感が増しました。
e-shiftでも人物のアップなどは大変良い解像感を得られますが、引きの画となると苦しいです。人工的で無理してる感がありましたね。頑張って解像感を作り出していたんだなと改めて思います。

コントラストや黒浮きを心配していましたが、杞憂に終わりました。
我が家はハイミロン等で完全暗黒化していますが、黒浮きは問題ありません。
avacさんのHPやyoutubeでの海外のレビューではリビングシアターに最適などと言われている本機ですが、本格的に暗黒化している部屋にこそお勧めです。
確かにリプレース直後はDLA-X550Rの方が全黒が黒かった気もしましたが、すぐに慣れました。全黒をしみじみ眺める趣味はないのでまったく無問題ですし、映像そのもののコントラスト感は550Rにも引けは摂りません。ちなみに550Rのネイティブコントラストは40,000:1です。VW245は非公開ですが、かなりいい線いってますよ。超絶コンスラストが必須という方以外ならVW245を買って後悔することはないでしょう。

HDRも良いチューニングです。良くUHD-BDのHDRは暗いという方がいますが、本機はコントラスト(HDR)で全体の輝度を調節できるので、特にSDRと比べて暗いと感じることはないと思います。
欲を言えば1800ルーメン欲しかったところですが(本機は1500ルーメン)、この価格帯なら合格点を上げたいです。

3Dは1800ルーメン欲しかったと思うのが正直なところです。X550Rの方がやや明るかった(1700ルーメン)です。明るかった分クロストークも少なかったと思います。でも私の場合は純正の3Dメガネを使っていない(安い互換メガネ)ので、ご参考まで。まぁ私は3Dはあまり見ないのでこれでOKです。

色はX550Rより素直です。調整したくなるようなことはありません。買ってきてポンと置いてパッと見て即満足できる色でした。
X550Rはいろいろいじってもなかなか満足のいく色になりませんでした。
もっとも最新のX590Rならもっといいでしょうけども。(X550Rは2世代古い機種)
VW245はスタンダード(ミドルレンジ?)価格帯の機種ながら、VW535と映像エンジンの基本的なところは同じと言われていますので、色についてはハイエンドとさほど違わないのかもしれませんね。JVCの場合、上位機種はカラーフィルターを使って色の純度を上げていますので、最新のX590RでもX990Rの色には及ばないです。
そう考えるとVW245はますますコスパの良い機種だなぁと思います。

レス一覧

  1. by元住ブレーメン at2018-03-01 13:06

    私の親戚も最近VW245とX590Rを比較視聴した結果、VW245を購入しました。おっしゃる通りでコントラストに決定的な差を感じなかった一方で、特にUHD-BDを見たときの解像感は圧倒的な差でした。4Kリマスターの「ブレードランナー(旧作)」のオープニングの都市の夜景は590Rだとディティールがジラっとして奥行きが失われ、一緒に見ていた子供でもはっきり分かっていました。

    その時の実際の販売価格は590Rの方が結構安かったので、私はUHD-BDにすぐに移行しないならJVCも検討の余地はあると言いましたが、結局子供に押し切られ(笑)、VW245とOppoのUDP-203の購入に決着しました。UHD-BDはタイトルも増え(我が家は60枚を超えました)てきたので、そろそろUHD-BDを始めたいという人にオススメと思います。やはりリアル4Kは魅力です。

  2. by峠九十郎 at2018-03-01 23:06

    はじめまして、元住ブレーメンさん。
    レスをいただき大変ありがとうございます。
    はじめましてと言いましても元住ブレーメンさんの日記やレビューは以前から読ませていただいてまして、勝手ながらお気に入りユーザーにも登録させていただいてます。DLA-Z1のレビューなど、なかなか読むことができない貴重な情報なので、とても参考になっています。

    やはりX590Rのe-shift5でも奥行きが失われるのですね。リアル4Kの有利さは間違いないですね。
    2~3年でプロジェクタを買い替えてしまう(いつもエントリーからミドルクラスです)飽きっぽい私ですが、VW245は長く使っていくことでしょう。それ位とても気に入っています。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

ームレート対応) ●レンズ:2.06倍ズームレンズ(電動)、f21.7-44.7mm/F3.0-4.0 ●シフト:V:+0.85V/-0.80V(電動)、H:+/-0.31H(電動) ●投写サイズ:60-300型(対角・17:9) ●光源:225W/高圧水銀ランプ ●入力端子:HDMI入力×2 ●消費電力:最大約350W(待機時:約0.4W/リモートスタート(入)時:約1W) ●駆動音:約26dB ●外形寸法:495.6W×195.3H×463.6Dmm(突起部含まず) ●質量:約14Kg