たかけん
たかけん
AVが大好きな技術系の窓際ダメ社員です。(汗) プロフィール写真は福島県飯坂町の西根神社「鷽(うそ)鳥」でアニメキャラなみの可成りインパクトのある姿で現物が中々入手できません(笑)

マイルーム

はじめまして。視聴環境の紹介です。
はじめまして。視聴環境の紹介です。
持ち家(戸建) / リビング兼用 / ホームシアタールーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上
【映像機器】 ・AVアンプ=Pioneer SC-LX901&サブウーファ用パワーアンプ=M-90a ・9年間使用したSC-LX81が映画鑑賞中に突然音が出なくなり、LX901の展示処分品を税込2…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

レビュー/コメント

PIONEER
SC-LX901
¥430,500(税込)
発売:2016年9月上旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ホームシアターの音響が映画館以上となります。

 9年間使ったSC-LX81が突然ウンともスンとも言わなくなり、Dolby ATOMOS対応の中古を入手しようと探しましたが10万前後と割高なため、結局、10万を追加し入手しました。

【デザイン】
 アンプ裏側の端子類も殆ど金メッキなので長年使っても接触不良になる確率が少ないでしょう。

【操作性】
 古いLX81を使っていたのでリモコンのボタンが大幅に整理され使いやすくなりました。メニューや設定パラメータも整理され、鑑賞中に確認できたり設定も変更できるようになりました。

【音質】
 本当に音質が良い場合は、大きな音を出してもウルサク感じられないと良く言われますが、MCACC調整後の音質は正にそのものです。昔の中堅機LX81とそんな違わないだろうと思っていたら誰が聞いても分かるほど全然違います。
 実売20万円くらいのアンプですが、いままで自己満だったホームシアターが、セッティングをキッチリやれば、最新映画館を上回るような立体音響シアターになるのですから、コスト・パフォーマンスは極めて大きいです。

【パワー】
 Dクラスアンプですが、予想以上に良くなってます。古いLX81のパワーアンプ部はせいぜいサラウンド用でメインスピーカーはサンスイのAU-α907DRを2台使ってドライブしていましたが、LX901にしてからは、アナログディスクを再生するとき以外は、サンスイのアンプの出番がなくなりました。
 率直に言って、DolbyATOMOS以外の部分で最も進化が著しいのが、このパワーアンプ部で、昔のアナログ全盛時代なら狭い所に11chアンプを押し込んだので性能的にも大したこと無いだろうと言う昔の常識は全く通用しなくなりました。

【機能性】
 それほど期待していなかった、4Kアップスケーリング機能とスーパーレゾリューション機能が予想以上に使えます。激安4Kモニターが最新の4Kモニターに化けました。

【総評】
 古いSC-LX81とは完全に別物の凄まじい再現力で、特にDolby ATMOS収録のBDソフトはLX81で再生したのとは迫力が全く違います。

 LX81では、フルオートMCACC調整後も迫力が足りないことから、トーンコントロールを積極的に使って音質を誇張して鑑賞していましたが、901の場合、フルオートMCACCの調整直後からトーンコントロールを用いなくても音の粒立ちと言うか解像度が違います。

 小さな音で聴くと第一印象は地味で大人しい音かと感じてしまいますが、大音量再生時の再現力では、どんな小さな音でも見逃さないような緻密さで、今回、部屋の前後にサブウーファー2台をセッティングしたのもあって、音の良い映画館をも完全に超えてしまいました。

 パイオニアのAVアンプを評価する方の大半が「フルオートMCACC」を期待してですが、プロでも難儀する部屋の音響測定と調整を自動的にやってくれ、「MCACC Pro」になってから測定・調整時間は、それなりに掛かりますが、素晴らしい仕事をやってくれているなと実感できます。

レス一覧

  1. byアコスの住人 at2018-03-11 13:09

    凄そーですね。

    パイオニアは一度懲りてから(笑)敬遠してました。

    たかけんさんのレヴューを読んでグラついています !(◎_◎;)

    興味をソソられる素晴らしいレヴューですね。 φ(゚▽゚*)メモメモ(*゚▽゚)ノ□ペタッ

  2. byたかけん at2018-03-11 15:23

    早速のレスありがとうございます。只今、手持ちの機器のレビューを追加している最中です。
     パイオニアは、オンキョーに吸収されてから、サポートが悪くなり客離れが著しいようです。実はファームウェアを最新のに更新したら、USBメモリーのファイル再生やネットワーク再生でブツブツと音飛びがするようになり、メーカーサポートに連絡してもナシのつぶて状態です。
     私は映画鑑賞メインで使っているため、それほどダメージは少ないのですが、頻繁にハイレゾを聴く方だったら返品もので、確かに酷い対応だと思います。
     しかし、スピーカーセッティングを正確にやりフルオートMCACCでシッカリ調整したときの音質は、とても家庭用機器の音質でないことも確かで、サポートの酷さも忘れて?しまうほど素晴らしい音質で、とにかく音の粒立ちが良く物凄い解像度です。ネットの最安で24万ほどですが、展示品や箱ズレ品など粘り強く探せば、税込20万くらいで買えるかもしれません。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●パワーアンプ チャンネル数:11 ●パワーアンプ方式:ダイレクト エナジーHD ●多チャンネル同時駆動出力:880 W (11ch同時駆動時) ●入力端子:アナログ×7、アナログコンポーネント×2、アナログコンポジット×2、光デジタル×3、同軸デジタル×2、HDMI×8(フロント1含む、うち5入力が HDCP2.2対応)、USB×1 ●出力端子:アナログコンポーネント×1、HDMI×2、ヘッドホン×1 ●電源電圧:AC100 V・50Hz/60Hz ●消費電力:340W ●待機時消費電力:0.15 W(スタンバイ状態)/2.5 W(ネットワークスタンバイ ON時) ●外形寸法:435W×185H×441Dmm ●質量:18.2 kg