Teller
Teller
オーディオ好き・音楽好きです Jazz中心に聞いています

マイルーム

リスニングルーム
リスニングルーム
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
ネットオーディ中心に聞いています
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気にいられユーザー

レビュー/コメント

ACCUPHASE
E-270
¥300,000(税抜/予定)
発売:2016年11月下旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

解像力の高さと定位はうっとりします

【デザイン】
伝統のアキュフェーズらしいデザイン。やっぱりアナログメーターがかっこいいです。うん、所有欲を満たすデザインですね。

【操作性】
 操作性は前面パネルに集中させてあり、楽です。入力切替はローターでできて楽ですし、背面のデジタルボードの入力切替が前面パネルでできるのが楽です。ローター/ボリュームのトルクもずっしりしていて高級感があります。プリ/メインの切り離しも楽ですね。リモコンも使いやすいですし、ボリュームがリモコンでいじれるのは楽です。
オプションボードでDAC-50をつけたのですが、これが前面でデジタル入力のセレクトができ、簡単にDACの聞き比べができるので楽しいですw また、サンプリングレートをアンプがわから確認できるのもいいですね。

【音質】
 音に艶がありますね。特に弦楽器の音がセクシーです。女性ボーカルはリアルで前にでますし、サックスも鮮やか。ピアノは鍵盤の位置が分かる感じの定位感で、非常に残響がきれいです。心配していた低域ですが十分にでるうえ、音の収束がはやく、量感を保ちながら切れ味のいい低音です。特に低音量でもS/N比がいいこともあり、静かに聞くのにもいいです。ラウドネス(コンペンセート)も設定がうまく、不自然さがなくて低音量時の補正をしてくれます。高いDFは、打楽器のスピード感にきいている気がします。EQはほぼ補正で音作りというほどではありませんでした。さて、このアンプの特徴はDF(ダンピングファクター)をあげたこと。じっさいこれはどういう風に音質に聞いてるのかなと思って聞いてました。たしかに低音がタイトで間延びしないのはわかりましたが、よく聞いてみると納得なところが。低音でアタックの成分が短い音(たとえばパーカッションやベースの早びきなど)で効果があるようです。特にドラム&ベースは定位がすごくて、位置関係がばっちりつかめる音に仕上がっています。特にモニター系のスピーカーでは楽器の位置関係がすごくつかみやすくなっている気がします。
【パワー】
集合住宅のためあまり大音量は出せませんが、常用範囲では十分です。

【機能性】
 デジタルもアナログも今の時代に必要な機能は十分です。DAC-50のオプションカードは、こういう日進月歩な部分はボードで提供するのは設計のうまさですね。

【入出力端子】
なかなか多くて便利です。バイワイヤリングがしやすい片チャンネル4個の端子があるのが接続が楽ですね。ただし、アキュフェーズの伝統なのかCDバランス接続がHOT/COLDが今の時代に反対なのは減点。まあ、自社のCDPの影響もあるのでしょうが、これは一般の方に合わせてほしいですね。ただ、マニュアルしっかりよんでみたら、この位相反転は各入力ごとに設定できて記憶できるようです。入力にCD-BAL(バランス入力)があるのでこの入力だけ変更すればいいようですね。こういうあたりはさすがアキュフェーズ、ユーザーを大事にされています。
 DAC-50はコアキシャル、TOS光、USBのデジタル入力が可能です。ただし、各入力端子の最高サンプリングレートが異なるので要注意です。また、USBではDSD11.2mHzを対応しているのがすばらしいですね。

【サイズ】
十分小型化されていてスペースをとらないのはよいです。とくにDAC-50を装着するとDAC単体を買うより省スペースです。

【総評】
 入門機といえどもそこそこ高価な買い物ですが、それでもしっかり作ってあるのがアキュフェーズの魅力。きちんと音像定位もできており、実直ですがそれでも音楽が楽しいアンプです。色付けは少ないので、圧縮で補正された録音だとそれが分かってしまう性能です。ただ、音域の扱いがうまいので聞き疲れしないアンプです。DAC-50のデジタル変換もすごくよくて解像感、定位、音場、それと音の艶感も含めて非常によくできており、単体のハイスペックDACの価格でE-270+DAC-50が手に入る事を考えるとコストパフォーマンスは非常に高いと思います。さらに単体のDACはデジタル変換部分が日進月歩なのですぐに旧型化してしまいますが、アキュフェーズはボードの交換でアナログ部分を交換する必要がない事を考えると、この組み合わせとPC+スピーカーでハイレゾ環境ができてしまうのがすばらしいですね。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●定格連続平均出力:120W/ch(4Ω)、90W/ch(8Ω) ●全高調波ひずみ率:0.05% 4〜16Ω負荷(両チャンネル同時動作 20Hz〜20kHz間) ●IMひずみ率:0.01%以下 ●周波数特性:MAIN IN 格連続平均出力時:20〜20kHz -0.2dB、1W出力時 3Hz〜150kHz -3.0dB、HIGH LEVEL INPUT 定格連続平均出力時 20Hz〜20kHz -0.5dB ●ダンピングファクター:400(8Ω 50Hz) ●消費電力:245W(電気用品安全法) ●外形寸法:465W×151H×420Dmm ●質量:20.0kg