ベルイマン
ベルイマン
2020/10/22 (AV8805specialのボリュームで)67dbでパワーアンプの方チャンがシャットダウンしていた21st century schizoid manが70dbで落ちなくなったが…

マイルーム

マイシアター『象牙の塔』
マイシアター『象牙の塔』
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~120型 / ~4ch
私のシアターは、ずばり、「象牙の塔」‛la Tour d'ivore'と言います。 縦5438 x 横3618 x 高3400mmの約11畳の縦長。スピーカー4本、ユニバーサルプレイヤー、AVプ…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

レビュー/コメント

DLA-V7
JVC
DLA-V7
¥1,050,000(税込)
発売:2018年10月下旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

V7とX990RAの比較試聴

JVCのプロジェクター、V7とX990RAを比較してきました。

X990RAはパナソニックのUB9000のカラープロファイルを搭載したアバックオリジナル仕様であるが、他はX990Rと変わらない。

たぶん100インチくらいのゲイン1前後のマット系のスクリーンを2つ出してもらい、いちいちシークエンスを戻してもらいながら比較した。多くはPioneerのLX800で再生。

試聴に使ったソフトは、

①アラン・レネ監督『去年マリエンバートで』(1961)の最新4K デジタルリマスター版ではなく、一つ前のBlu-ray版



②キェシロフスキ監督『ふたりのベロニカ』(1991)のBlu-ray版



③ソクーロフ監督『ファウスト』(2011)のBlu-ray版



要するに2K映像を比較試聴したのだが、これは自分のフィルモグラフィでは、4kなどほとんどなく、実際一本も所有していないし、おそらく劇的なフィルムの修復技術が確立しない限り当分は4kソフトが増えないであろうから、まず2kまでをどこまで美しく写せるのかが自分には重要なため。


比較試聴

①はモノクロ。X990RAはフィルムグレインが強く出て、少し見にくい。アイリスを絞りきっていない状態だったからか、青みがかかった映像。自分の知っている色味ではなかったが、なかなか。他方で、V7ははるかに滑らかな画面。色は驚いたことにベージュのように黄ばんでいる。これは『去年マリエンバートで』の色味ではない。


②X990RAは、タイトルバックのLA DOUBLE VIE DE VERONIQUEの文字、フラッシュバックの想い出の質感、イレーヌ・ジャコブの清廉な肢体を包む緑の靄、とても美しい。特にこの映画はキェシロフスキお得意のレンズを彩色したり、アナモルフィックレンズを用いて、球体から世界を覗き込んでいるような浮遊感が重要なのだが、X990RAはその微妙な質感をしっかりだしていた。他方で、V7は画面が滑らかなのは変わらず。ほとんど壁と天井しか写らない『マリエンバート』の冒頭では顕在化しなかったのだが、『ベロニカ』では人物からリアリティが感じられない。映画内世界に映画の人物たちが着地していないのである。


③X990RAは、かなり妖しく不気味な映画でアウラのようにスモークが立ち込める中に、蕾のようなマルガレータの美に焦点が当てられるかが勝負の映画で、なかなかよくやったと思う。悪魔にまとわりつかれた夢幻の中でマルガレータを犯すシークエンスは、プロジェクター派には申し訳ないが、やはり有機ELの勝ちだと思う。他方で、V7の方は、周辺的なものより中心が、止まっているものより動くものが、ペラペラの作り物で、夢うつつの芸術が、学生の卒業制作のような次元に見えてくる。


コンクルージョン

X990RAはV7よりだいぶ安く買えるようである。2Kまでをちゃんと観たい人たち、大方のAVファイルではなく、シネフィルたち、には非常に簡単で自明な判断である。私はV7を買うつもりで試聴に臨んだので、この結果はちょっと驚きである。

レス一覧

  1. byふえやっこだい at2020-06-12 13:53

    V7は、精細さ、滑らかさを重視して作られていて特に4Kソフトの
    ビデオ映像を綺麗に見せるには無類の強さを発揮します。4KBDを
    総合的に高いレベルで再生していると思います。

    ただ990Rに比べてコントラストが及ばないので映画の黒の質感、
    陰影の幅の表現が描ききれず、映画の質感では映像に厚味がやや
    不足気味で人物の生気ももうちょっと欲しい感じ。

    しかし今秋には第二世代の新モデルが出るようなので、その辺は
    修正してくるのではと思います。

    個人的には、黒の質感と人肌の生気感重視で、見るのもほとんど
    2KのBDなので990RAの方を選択しましたが、すべての項目で
    大満足です。

  2. byベルイマン at2020-06-12 19:31

    ふえやっこだいさん、はじめまして。レスありがとうございます。

    V7は第二世代モデルが出るんですか、、、いくつかの店から80前半を切る見積もりを提示されましたが、これは型落ちになるからなんでしょうか、、、はて。

    どさくさで質問させてください。X990RAに合わせるスクリーンなのですが、電動巻き上げ式でサイドテンションとかなっているものの平面性の維持はけっこう立派なものなのですか?自分はパネル張込み式を選択しようと考えているのですが、ピュアの音のことを考えると巻き上げ式にも利点があるように思えます。ただ、スクリーンの平面性が維持できなければ意味がないとも思うのです。

    それからスクリーン生地なのですが、OSのピュアマットIIIシネマとキクチのグレースマット100でしたら、X990RAに適しており、ブルーレイで映画を観るのに適しているのは、どちらでしょうか?

    アドバイスを頂けたら幸いです。

  3. byふえやっこだい at2020-06-12 20:40

    分かる範囲でしかお答えできませんが。

    材質にも寄りますが、巻き上げ式スクリーンは100インチを
    超えてくるとシワが酷くなってきます。

    キクチの100インチ巻き上げ式から、某安価な120インチの
    巻き上げ式にしたらV字シワが酷くてゲンナリしました。

    やはり巻き上げ式はサイドテンション方式をおすすめしますが
    固定張り込みが置けるならそれがベストだと思います。

    ピュアマットⅢはサイドテンション巻き上げ式がありますが
    明るさはありませんが、非常に高精細でしっとりとした映像
    なので古い映像に向いていると思います。

    うちはピュアマットⅢですが、カーブドタイプなので張り込みに
    せざるを得ませんでした。専用のスクリーン固定台を使っている
    ので動かすことが可能です。足にたまころをつけました。

    シワだらけのスクリーンに比べて非常に気持ちが良いです。

    キクチのグレースマット100は画質について分かりませんし
    サイドテンションがあるかどうかは分かりません。

    うちはハイミロンで迷光対策しているので、ピュアマットⅢが
    990RAにベストだと思っていますが、迷光対策がしていなければ
    明るいスクリーンが良いかもしれません。

    https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000589004/SortID=18330191/
    蓮の花の比較写真で違いがよく分かると思います。

    990RAはあと1~2台くらいしか在庫がないかもしれません。

  4. byふえやっこだい at2020-06-13 09:50

    990RAは、デフォルトが最近のデジタルシネマに合うように
    設定されていて、昔ながらの映画は以下のような調整が必要に
    なります。ベルイマンさんの試聴ではデフォルトになっていた
    かもしれません。

    http://hama-x.jugem.jp/?eid=76

    ↑私もこの設定に合わせています。

    http://eizo22.blog.fc2.com/blog-entry-398.html

    ↑他にV7と990Rを比較して990Rにされた方もいます。

    3Dは精細度よりも明るさが重要ですが、他の情報を見ると
    3DはV7よりも990Rの方が明るいようです。

    990Rは迷光対策で別次元になるので、可能ならハイミロンで
    迷光対策されたら良いと思います。

    4KHDRに興味がなければ中古の990Rでも良いと思います。

  5. byふえやっこだい at2020-06-13 09:55

    2chは、やはりスクリーンがない方が良いようですね。

    OSの専用台にたまころを付けると簡単に移動ができるので
    2ch使用時に動かして横壁に移動させて置くことが可能です。

    もどす位置は、床にビニールテープで小さい印をつけて置けば
    フォーカスの再設定は不要です。

  6. byベルイマン at2020-06-13 10:12

    ふえやっこだいさん、おはようございます。

    ありがとうございます。990RAはすぐおさえるようにします。これしか今は考えられないできばえに思えましたから。

    スクリーンは悩みます。ふえやっこだいのお勧めの通り張込み式で行こうと思いますが、ピュアマットとグレースマット、その他にスチュアートやレイロドールも交えながら、590Rにはピュアマットで、990Rにはグレースマットだと言っている記事を見つけました。120INの場合、ピュアマットとグレースマットの価格差は7〜8です。

    比較試聴時はデフォルトと何かのモードでした。すいません、失念しました。

    ハイミロン、参考にしますが、専用のルームで窓なしですし、壁と天井は黒、床はダークウォルナットにするので、いったん稼働させてから考えてみます。ただ、ピュアのために一部シルクを使おうと思っています。光りそうですね(^^)

  7. byふえやっこだい at2020-06-13 12:34

    導入されたらレビューお願いします(私は他所でやってます)。
    3Dも明るくて良いですよ。

    http://blog.avac.co.jp/.s/shinjuku/2013/07/3-5653.html

    ↑ ピュアマットⅢとスチュワートの比較記事です。990RAには、
    BDでは黒の質感でピュアマットⅢが、白ピークでHDRにはスチュ
    ワートが向いているように思います。
       

  8. byELVIS at2020-06-13 19:39

    ベルイマンさん 私のところではV7とシチュワートの115インチサウンドスクリーンとUBZ1で見ています。はじめ990Rの考えましたがこれにしてよかったです。アバックの担当者も言っていましたがスクリーンは映画館でも使うシチュワートがいいようです。

  9. byベルイマン at2020-06-14 01:27

    ふえやっこだいさん、こんばんは。

    自分の防音室には窓がなので、長物(およそ3m)が入るかどうかが微妙なところです。OSとキクチでスクリーンのフレームが入るかどうかから話が始まってしまいます。ピュアマットIIIシネマかグレースマット100か、メーカーがフレームを2分割にしてくれるかどうかも決定因になります。

    導入したら、レビューしますね。またよろしくお願いします。

  10. byベルイマン at2020-06-14 01:35

    ELVISさん、こんばんは。レスありがとうございます。

    4Kなしの比較というのはV7にとっては、本末転倒な話であると思います。V7はネイティブ4Kが売りなはずなのですから。ただ、私の現状のディスコグラフィーは7割がBDで、3割がDVDです。ですから私に合うのはX990RAであると思うということです。

    スクリーンは金があれば、間違いなくスチュワートにすると思います。しかし、、、(^^)、ここは国産のスクリーンで。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●表示デバイス:0.69型ネイティブ4K「D-ILA」デバイス(4,096×2,160)×3 ●表示解像度:4,096×2,160 ●明るさ:1,900lm ●コントラスト比:80,000:1(ネイティブ) ●消費電力:400W(待機時1.5W) ●外形寸法:500W×234H×495Dmm ●質量:19.8kg