モニオ
モニオ
オーディオにパソコンとプロオーディオが融合したらどうなるのか。。。新しい試みを楽しんでいます。

マイルーム

生活リビング兼用シアタールーム
生活リビング兼用シアタールーム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
ホームシアターはキクチの120インチスクリーンとEPSONの3Dワイヤレス液晶プロジェクタの組み合わせです。7.1chのスピーカーはモニターオーディオGold Referenceシリーズで統一しました…
所有製品

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

レビュー/コメント

UDAC32RD
RASTEME SYSTEMS
UDAC32RD
¥52,500(税込)
発売:2013年5月21日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

LinuxのDSDネイティブ再生に(製造元のラステームは。。。)

CuboxでDSDネイティブ再生できたので製品レビューを書こうと思った矢先、ラステーム倒産(?)を知りました。。。もう入手は困難かもしれません。

Windows, Mac, LinuxどのプラットフォームでもDSDネイティブ再生が可能だと思います。

良い点
・DSDネイティブ対応(DFF/DSFどちらでも表示に2.8Mと出ます)
・DSD/PCMの自動切り替え(ソースによっていちいち設定を変えなくても大丈夫)
・外部電源端子あり
・USB Class Audio 2.0準拠
・XMOS基盤(原則Linuxで動作可能)
・音量をリモコンで操作可能
・有機ELディスプレイ搭載で再生曲のサンプリング周波数が一目瞭然(消灯も可能)

悪い点
・もはや入手困難(??)
・メーカー保証が1年でなく6か月
・ライン出力の電子ボリュームをバイパスできない

レス一覧

  1. byyumeko at2013-07-02 16:16

    倒産したのですか・・・。デザインとマーケティングが致命的にいかん気はしてましたが。。

  2. byモニオ at2013-07-04 13:08

    このUSBDACでVoyageMPD(ver 0.9.0)でもDSDネイティブ再生できました。DSF/DFFどちらのフォーマットもOKでした。ポップノイズは曲の切り替え操作をすると若干発生しますが、アルバムを通して再生などのときには発生しません。

    ノイズレベルも極めて低く、今まで気づかなかった演奏者の呼吸音まで聴こえました。安定性も抜群で一日中再生しっ放しでも全くトラブルなしです。

    こんな手頃なUSBDACにも関わらず倒産とは。。。つくづく残念です。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●デジタル入力端子:USB(Type-B)×1、光×1、同軸×1 ●アナログ出力:RCAステレオ、ヘッドホン出力 ●対応サンプリングレート:<PCM>44.1、48、88.2、96、176.4、192KHz自動検出 (Windows, MAC対応) <DSD>2.8MHz (DSD64)、5.6MHz (DSD128) ●外形寸法:123W×48H×127Dmm ●質量:約600g