だてぐん♂
だてぐん♂
だてぐん♂(だてんしぐんそう):マンガヲタ、アニヲタ、ハロプロヲタにして、実はただの変質者。 読書は島本和彦「新谷かおるになる方法」、安野モヨコ「監督不行届」、安永航一郎「火星人刑事」、和田慎二…

マイルーム

革命という名の劇場
革命という名の劇場
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~120型 / 8ch以上
いまだ未完成。 プロジェクター:BARCO CINE7 ビデオスケーラー:DVDO iScanHD+ スクリーン:VUTEC LECTRIC-I(110インチ、アスペクト4:3)サウンドスク…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

PIONEER
PT-R4
¥31,500(税込)
発売:2001年8月下旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

なぜか可聴域が激変

今まで村田のES103Aをメインに使い、サブ用にと本機を購入してしばらく放ってありました。
ところがサブにスーパーツイーターは特に必要ないのではと思い、メインシステムの強化のために……そう、スーパーツイーターのダブル使いとして本機を加えました。
接続については3種類の帯域切り替えがありますが、今回はいちばん高い30kHzでの接続。いざ音を出してみると、ボーカルや弦楽器の音が艶やかになっています。おそらくは1~2kHz付近の音域に対して効果があったのではないかと思います。いったいどのような理屈でこうなったのか、いくつかの仮説はありますが、それにはここでは触れないでおきます。
個人的には値段以上の効果があったという感想です。

レスを書く

このレビューはレスが許可されていません。

【SPEC】 ●型式:リボン型 ●入力インピーダンス:6Ω ●再生周波数帯域:9,000 Hz 〜 120,000 Hz(HPF 20kHz)、
10,000 Hz 〜 120,000 Hz(HPF 30kHz)  ●出力音圧レベル:90dB/W/(1m) ●最大入力(JEITA):100W ●内蔵ハイパスフィルター(12dB/oct.HPF)20kHz / 20kHz(ATT -3dB) / 30kHz切替 ●外形寸法:100W×102H×151.5Dmm ●質量:1.3kg