だてぐん♂
だてぐん♂
だてぐん♂(だてんしぐんそう):マンガヲタ、アニヲタ、ハロプロヲタにして、実はただの変質者。 読書は島本和彦「新谷かおるになる方法」、安野モヨコ「監督不行届」、安永航一郎「火星人刑事」、和田慎二…

マイルーム

革命という名の劇場
革命という名の劇場
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~120型 / 8ch以上
いまだ未完成。 プロジェクター:BARCO CINE7 ビデオスケーラー:DVDO iScanHD+ スクリーン:VUTEC LECTRIC-I(110インチ、アスペクト4:3)サウンドスク…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

レビュー/コメント

S3500
JBL
S3500
¥208,950(税込)
発売:2000年秋
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

暴れ馬

バーチカルツインのダブルウーファー+ホーンツィータ

ではあるが、低音が出すぎで、かなりの暴れ馬状態である。
セッティングで追い込むか、ドライブするアンプで押さえ込むかしないと、普通に音楽を楽しむには相当に難がある。
とはいうものの、追い込みで得られる音はかなりのものであり、設置してそのまま放っておく派でもないのなら、挑戦してみる価値はあるかもしれない。
もっとも上級機と比較して勝るかというと疑問は残るのだが。

(2013/12/16追記)
現在、後ろのバスレフポートは手を尽くして塞いであります。
つまりこのスピーカー、我が家では密閉型になっています。
密閉型にしてイコライザーで低域を持ち上げ、さらに40Hz以下にサブウーファーを加えるという、人によっては「邪道」とか「外道」とか判断される状態です。
でもそのほうが音がいいのだから、これは設計を間違っているとしか。
あくまで好みの問題ですが。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●形式:2ウェイフロア型 ●ユニット:ウーファー/250mmパルプコーン×2、トゥイーター/44mmピュアチタンダイアフラム・ネオジウムマグネット採用1インチスローコンプレッションドライバー+バイラジアルウッドホーン ●インピーダンス:6Ω ●能率:93dB(2.83V/1m) ●周波数レスポンス:35Hz〜35kHz ●クロスオーバー:1.5kHz ●外形寸法:411W×1093H×495Dmm ●質量:51.0kg