7
7
耳を澄ますのだ〜。

マイルーム

7さんち
7さんち
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
レンズのように遠くの物語りを映しだして欲しいのです。 現用機器: [Speaker] Harbth / Super HL-5 [Amp:Pre]…
所有製品
  • スピーカーシステム
    HARBETH AUDIO Super HL5
  • ターンテーブル/フォノモーター
    Well Tempered Lab amadeus
  • RCA/BNCオーディオケーブル
    ZU CABLE Wylde
  • ヘッドホン
    SHURE(ヘッドホン) SRH750DJ
  • その他アクセサリー
    SFC SK-2

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

レビュー/コメント

ENERGY
TRIGON
ENERGY
¥472,500(税込)
発売:2006年9月25日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

プリメインだって、負けないもん!

白雪姫、および小人たちはお持ちしている方やレビューを見かけるのですが、
とんと持っている方と出会わないプリメイン、ENERGYです。
このくらいのクラスになってくると、価格的にもそろそろセパレートをと考えだす頃だと思うので、ユーザーが少ないのは仕方がないかなとは思うのですが。

そろそろ使い始めて1年ほどになりますので感想など。
大きな主張があるタイプではありません。ENERGYの名前からすると、控えめといえるかもしれません。しかし、ゆったりとした響きのなかから、音楽の中心を描き出そうとする意思を感じます。

僕は、オーディオ機器に音楽の細部を照らし出すのではなく、音楽の全体、空気感を表現するモノであってほしいと思っています。その意味において、このプリメインアンプはなかなかのものを持っているのではないかと思います。
スピーカから出てくる音は、目の覚めるような鳴り方ではないかも知れません。
しかし確実に音が芯を持ち、全体をふやけさせない響きを持っていると思います。
SNOWWHITEとは一つまた違った魅力を持っているように僕は思います。
セパレートほどの自由度や力感はないかもしれませんが、質実剛健さを現しているいるような面構えも、なかなかのものだと思いませんか?
いずれはセパレートに切り替えていくであろうという事は思っているのですが、僕の記憶に残る一台であると思っています。
高いS/Nや超ハイスピードを求める方にはおすすめできないかもしれませんが、プリメインアンプとしてはなかなかの魅力を持っていると思います。

価格が上がってしまって、コストパフォーマンスのよさを存分に発揮することがきびしくなってしまって残念だとは思いますが、スピーカーの好き嫌いもあまりなく、よい機種だと思っています。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●最大出力:100W×2(4Ω) ●再生周波数:1Hz〜250kHz(±3dB) ●歪率:0.02%以下 ●chセパレーション:80dB以下(1kHz) ●SN比:96dBA以下 ●入力インピーダンス:47kΩ ●出力インピーダンス:RCA、XLR共に33Ω ●入力端子:RCA×6、XLR×1 ●出力端子:スピーカー×1、プリアンプ(RCA)×1(又は設定により、録音機用固定出力×1)、ヘッドホン(6.3mmφ標準プラグ)×1 ●消費電力:4W(待機時)、20W(無再生時)、350W(フルパワー時) ●入力感度:140mV ●増幅度:44dB(最大ボリューム時) ●最大出力電圧:22.5V(8Ω時=63W/rms)、21.5V(4Ω時=115W/rms) ●外形寸法:440W×85H×350Dmm ●質量:10kg ●付属品:リモコン(Director)、電源ケーブル