7
7
耳を澄ますのだ〜。

マイルーム

7さんち
7さんち
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
レンズのように遠くの物語りを映しだして欲しいのです。 現用機器: [Speaker] Harbth / Super HL-5 [Amp:Pre]…
所有製品
  • スピーカーシステム
    HARBETH AUDIO Super HL5
  • ターンテーブル/フォノモーター
    Well Tempered Lab amadeus
  • RCA/BNCオーディオケーブル
    ZU CABLE Wylde
  • ヘッドホン
    SHURE(ヘッドホン) SRH750DJ
  • その他アクセサリー
    SFC SK-2

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

レビュー/コメント

ANALYSIS PLUS
Clear Oval
¥2,100(税込)
発売:-
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ケーブルは構造、と思わされてしまった

電源ケーブルと比べると、レビューが少ないような気がしますね、スピーカーケーブル。
変化の度合いから言ったら、電源関係は音色自体に作用しますもんね。

えー、それで僕はそのスピーカーケーブルが好きなんですね。とは言っても高いのはあまり試せないので、切り売りばかりなのですが。
僕の主観では、電源ケーブルはその機器全体の音色(傾向、でしょうかね)に影響し、インターコネクトは上流からの情報量や質を、そしてスピーカーケーブルはそこまできた情報の再現に影響があると思っています。
下流であるからこそ、ここに変なものを持ってくるとそれまでが台無しになってしまうという感があります。

えー、いままでけっこう色々な切り売りを試しました。
モンスターケーブルに始まって、モニターの安いやつ、オルトフォン3100、3900、47labのストラトス、オヤイデacross2000、ナノテックGoldenstrada79nano3、ブラックロジウムT-90、Chord EPIC TWINなどなど・・・EPIC TEINは完成品でしたが。

どれもそれぞれよかったり悪かったりしたのするのですが、正直言ってAnarysis Plus Clear Ovalには驚かされました。
価格はメーター/2000足らず。それほど高い方ではありません。
音の沈み込みで言ったらEpic Twinまではいかないのですが、非常にバランスがいい。
そしてよどみがない。どこかが重たくなったり軽くなったりしない。
真っ平らかというと、そんな事はない。
スピーカーケーブルの手前まできた情報が、劣化させずにそのまま流されている感じ。
そうだよ!この感じが欲しかったんだ!と思わされたのでした。

沈み込みはこれを銀線にすれば得られるでしょう。もっと多くの情報量が得たければ、上位モデルにSolo Crystal Ovalという単結晶銅のモデルがあるのでそれを選べばいい。
僕の拙い経験でわかったのは、当たり前のことなのですが、銀は銀の音、銅は銅の音、PCOCCはPCOCCの音がするという事。後は、純度ではない。構造です。
スピーカーケーブルは、特にその傾向が強いように思えます。

アナリシスプラスはケーブルの測定結果をHPなどで公にしている数少ないメーカーです。
僕はどこのメーカーにも測定結果を発表しろとは思いません。
ですが目に見える形で示すというのは、一つの信頼になるとは思います。
プロ用製品から始まったメーカーということなので、技術をよりどころにしているのは当然なのかもしれませんが。
アナリシスプラスの構造についてはホームページにとくとくと示されておりますのでここには書きませんが、確かにその効果を実感できる気がするケーブルです。
一聴して、あ、今までと何か違うな、と感じられるケーブルです。

切り売りケーブルで悩んでいらっしゃる方がいらっしゃいましたら、一度試してみてはいかがでしょうか?
3mかっても¥5000位のものです。他のアクセサリーからすれば決して高くはないのではないでしょうか。
僕はバイワイヤリングで使用していますが、この上のモデルを買うまで当分これでいいなーと思っております。

長々書いたんですが、なにかっていいケーブルですよという事が言いたいだけなのでした。
あっはっは^^

レス一覧

  1. byfreestyle at2008-07-10 00:57

    7さま
    以前からネットで時々話題になるケーブルですよね。気になります。端末処理はどうしていますか?お教えいただけますか。

  2. by7 at2008-07-10 02:02

    freestyleさんこんばんは!
    このケーブルなかなかいいですよ。価格からすればかなりのものだと思います。
    現在2本を緩くツイストして、端末はアンプ側をWBT−0644で一つにまとめて、スピーカー側に今度xhadow製のバナナプラグをつけようかと思っています。
    端末プラグって、メッキは同じ方がいいでしょうかね?WBTは金メッキでxhadow は銀なのでどうかななどと思ってはいるのですが。

  3. byfreestyle at2008-07-10 22:00

    メッキの混在は駄目ってことは無いように思いますよ。うちも色々試行錯誤した結果、アコリバのロジウムとムンドバナナの混合にしています。(少々金満主義?)
    この辺りはケーブルとの相性等、電源ケーブルと同様に色々ありそうな印象です。
    ケーブル舎で純正のプラグも用意されているみたいなので、そのあたり狙ってみたいと思います。(もう少し先ですが)

    ただバイワイヤ使用だとCHORD ODYSSEY Bi-WIREなども価格的に近づいてくるように思うのですが、聴いた事ありますでしょうか。

  4. by7 at2008-07-10 23:14

    >AVCTNEGYさん
    はじめまして。確かに線材は「ネタ」というのは納得がいきます。
    逆に言えばネタの特色とかけ離れたうたい文句を唱えているケーブルは、ちょっとうさんくさく感じますね。
    スピーカーケーブルはシールドよりも表皮効果に注目した構造のケーブルの方が僕は好印象をもったものが多いですね。
    それとは逆に、インターコネクトはシールドの構造と絶縁体が大きなポジションを占めているように思われました。
    AVケーブルの教科書、興味深く読ませて頂きました。物理方面にあまり詳しくないので
    ゆっくり勉強させて頂きます(笑)。

    >freestyleさん
    freestyleさんはロジウムと金混在ですか。金満(笑)アコリバのバナナはいいという話を聞きますね。興味津々です。
    いままで混在させた事がなかったので、先駆者がいらっしゃると心強いです^^
    ケーブルの相性は色々トライするしかないんでしょうね〜。

    Chordのバナナはなかなかしっかりした作りで良かったですよ〜。Chordの端子はハンダ専用なので使い回しができないのがネックでしょうか。
    僕はアンプ側をWBT金メッキ、SP側を銀端子でいってみようかと思っています。
    銀だとxhadowとかEichmannあたりですかね〜。
    stereovoxのジャンパーを持っていて、その端子がそxhadowなのですが、Yラグにも変換できるし作りはグレイト!って感じなのでいいんですよ〜。ちょっと高いんですが。ジャンパーのを取れれば良かったのですがしっかりハンダ付けされてました。
    カシメにしといてくれればいいのにw

    ODYSSEY Bi-WIREは聴いた事がないんですよ〜。
    ただ、インコネを使っていますが、ChordのOFCケーブルはバランスがいいです。
    以前使っていた銀コートであるEpic Twinの方が高解像思考という感じでしょうか。

    Anarysisのケーブルとくらべると、Chordは温度感と呼べるようなものがあり、無音部の表現が美しいです。Anarysisの方が色づけがなく、スピード感があります。
    自然に音が抜けるような感じがします。
    僕はインターコネクトにChordのCHORUS2を使っているためか、Chordが重なって、銀も重なってしまい少し色がつきすぎたような気がしちゃったんですよね。
    freestyleさんはインコネがACROLINKのものでしたっけ。
    そうすると非常に色づけは少ないでしょうから、CHORDのケーブルは良さそうな気がしますね。ODYSSEY Bi-Wireは、グッドチョイスかもしれません。
    長くなっちゃいました。参考になったら嬉しいです〜。

  5. byfreestyle at2008-07-10 23:49

    どうも情報ありがとうございます。
    インコネのACROLINKは殆ど他のものに置き換わってしまいました・・・。スピーカーがS-3EXに変わってから急速でした。

    ロジウムと金の組み合わせは、パワーケーブルでフルテックロジウムとORB金というセットが意外に良かったので、実験に至りました。この場合、ロジウムがオヤイデP-037ではイマイチなんです。

    今回はアコリバのロジウムがかなり素直な傾向だったので、いけたような気がします。全体に重心が下がりフォーカス、S/Nが向上する方向です。なので相手が金でも大丈夫だったような気がします。(というか、スピーカー端子が金メッキだったりするので、電源とは少し事情が違うと思います)

    パワーケーブルの経験的には、銀と金のセットはあまり成功例がありません。キラキラで抜けすぎの危険性はあると思います。ただ銀線に金メッキのセットは意外に良かった経験はあります。

    ODYSSEYとどちらが良いか。悩む期間が楽しいんですよね。

  6. by7 at2008-07-12 21:10

    freestyleさん
    大トラブルがあってレスが遅れました。

    freestyleさんのお宅の音を聴いてはいないですけど、ODYSSEYいいような気がしますね。
    でもClear Ovalも相当オススメです。インコネとの組み合わせで良さそうな方を試してみるといいですよね。
    インコネにある程度カラーがあるなら、Clear Ovalが良さそうな気がします。

    ロジウムと金についてはもうちょっと良く考えてみますね。先ほどアンプのターミナルをWBTのプラチナ(ってロジウム?)に変えたので、また組み合わせを考えなきゃならないですね〜。
    スピーカーケーブル新しくしたら何を購入したか教えてくださいね!

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●導体:14ゲージの高純度無酸素銅