Hermitage
Hermitage
2007年7月9日 14:48登録、会員番号は782です。 2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/4 zzz…

マイルーム

どこにでもある屋根裏部屋
どこにでもある屋根裏部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/4 忙しいので活動縮小、zzz... 定期投稿はお休みします。 代わりに…
所有製品
  • ハードラック
    TAOC MSR-3S
  • 電源機器
    IFI AUDIO iPower
  • プラグ/接点保護
    ACOUSTIC REVIVE 500/BFA
  • 電源機器
    ACOUSTIC REVIVE YTP-6R
  • オーディオボード
    ACOUSTIC REVIVE RST-38H

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

レビュー/コメント

OYAIDE
PA-23 ZX
¥13,650(税込)
発売:2008年3月20日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

エネルギー感に溢れたケーブル!

DLPプロジェクタ<MITSUBISHI LVP-HC3100>への導入時のレビューです。

今回購入したのは3mのモノで、従来は付属品のケーブルをそのまま利用し、FURUTECH FP-15A(R)N1+102-Dのコンセントに接続していました。

プロジェクタは普段からランプモードを"低"にして使っていましたが、PA-23 ZXに電源ケーブルを替えたところ、まるでランプモードを"高"にしたかのような輝きで、しかもただ明るいのではなく、
コントラストもメリハリついて、何より色ノリがグッと良くなりました。

オヤイデの電源アクセサリ製品はエネルギッシュな印象を持つものが多いですが、この電源ケーブルも、その傾向そのままにエネルギー感に溢れた良いケーブルだと思います。

今ではプロジェクタをMarantz VP-15S1にグレードアップしましたが、付属ケーブルは試すことなく、引き続きPA-23 ZXを利用しています。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●ケーブル:PA-23●導体:PCOCC-A+OFC(アース線)●線径:2.0Sq(7/7/0.23)●構造:3 芯キャブタイヤ構造●外装:オーディオ専用ハロゲンフリーシース●絶縁体:高分子ポリオレフィン●充填層:エラストマー樹脂●外装:ポリオレフィン●シールド:1 層=半導体(カーボン)、2 層=銅箔テープ●外径:11.1mm●ブレード:リン青銅●メッキ:銀+ パラジウム●定格:125V / 15A、電気用品安全法〈PS〉E 準拠品