Hermitage
Hermitage
2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ 機能の不足(アクセス解析や校正機能)を補い AV機器以外の話題を自由に書ける場が欲しかっ…

マイルーム

Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~
Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ 切妻屋根の天井裏に10畳ほどの専用室設けて ホームシアターをつくり、楽しんでます。 …
所有製品
  • 音場調整材
    ACOUSTIC REVIVE QR-8
  • その他アクセサリー
    ACOUSTIC REVIVE CB-1DB
  • その他アクセサリー
    ACOUSTIC REVIVE CFRP-1F
  • オーディオボード
    ACOUSTIC REVIVE TB-38H
  • オーディオボード
    ACOUSTIC REVIVE RAF-48H

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

レビュー/コメント

MARANTZ
NA7004
¥97,650(税込)
発売:2010年10月下旬
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

スッキリ開放的

今回の比較はAVP-A1HDのネットワーク再生機能と、NA7004との比較になります。
NASに保存している音源はFLACとWAVで管理していて、アルバムアートなどの管理の都合上FLACをメインの音源としています。

試したのは
①AVP-A1HDによるネットワーク再生(現状)
②NA7004 ⇒ AudioQuest Jaguar ⇒ AVP-A1HDのアナログ接続によるネットワーク再生
③NA7004 ⇒ WireWorld Starlight ⇒ AVP-A1HDの同軸デジタル接続によるネットワーク再生
④NA7004 ⇒ AudioQuest Optilink3 ⇒ AVP-A1HDの光デジタル接続によるネットワーク再生
です。USBなど外部接続のテストはしてません。

①については、過去の記事に書きましたが、いつも使っていて、ユニバーサルプレーヤー(DVD-A1UD)からDENON LINKで接続してCDを再生するのと比較して
S/N比が高く、全体的に厚みのある音です。

②のアナログ接続については、S/N比の高いスッキリした音調ですが、①に比べると、天井が低くなったような印象で高音部の伸びが足りません。
ケーブル次第ではもっと良い印象に変わるかもしれませんが…。


AudioQuest Jaguar

③の同軸デジタルに変えてみると、②と同様に音調はスッキリしています。
立ち上がりやレスポンスの良いキビキビした音で、高音部の伸びもしっかりと伸びて音場も拡がり、とても開放的な音です。
音が少し前面に押し出してくる元気の良い印象で、①より好印象です。
AVP-A1HDとPOA-A1HDの間でインターコネクトケーブルとして銀線を使っていますが、その銀線の傾向が強く出ているように思います。


WireWorld Starlight

④の光デジタルに変えてみると、音質の傾向は同様で、③に比べて、やや中低音部の厚みが薄くなる印象ですが、高音部はさらに伸びていきます。特に金属音が①や③よりもリアルに聞こえます。


AudioQuest Optilink3

今回のテストでは、光ケーブルの方がグレードの高いものだったので、私は④を選択しましたが、③と④は好みの問題だと思います。
同軸ケーブルのもっと良いケーブルが手に入れば、切り替えても良いかなと感じています。
音源をCD由来の16bit/44.1kHz FLACの音源から、ハイレゾ(24bit/96kHz FLAC)音源に変更してみると、各傾向は顕著になります。

回転系のドライブを搭載していないシンプルな構成だからでしょうか、デジタル信号伝送用のトランスポートとしては、従来の同クラスのCDプレーヤー(トランスポート)とは比較にならないくらい優秀です。
光でも同軸でも、高音部がスッキリとし、低音部のレスポンスが良く、とても開放的で元気な音がスピーカーから飛び出してきます。
アナログ接続に関しても、価格に比して十分な性能を持っていると思いますが、システムによって、性能の良い機器を選んでDA変換した方が良さそうです。

オーディオの物量投入や振動対策
PCオーディオの音質的な優位性
その双方の良い所取りをした、とてもコストパフォーマンスの良い製品だと思います。

<操作について>

電源ON/OFF以外の操作は、iPod touchを使ってPlugPlayerで行っています。
リモコンとフロントディスプレイでも十分に操作は可能ですが、iPod touchを使ってPlugPlayerの方がやっぱり便利です。

<不満点は…>
ギャップレス再生に対応していない。
起動時に、PlugPlayerに認識されるまでの時間が少し遅い。
PlugPlayerの一時停止ボタンが機能しない。T_T

って所ですね。

<追記>
価格の割の音質的なポテンシャルはとても高いと思います。
本体価格よりも割高なアクセサリ類を投入してやると
素直に反応するコスパの高いプレーヤーだと思います。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●チャンネル:2ch ●再生周波数帯域:2Hz〜96kHz ●周波数特性:2Hz〜50kHz(-3dBサンプリング周波数:192kHz) ●ダイナミックレンジ:110dN ●S/N比:110dB ●高調波歪率:0.001% ●入出力端子:アナログ出力、ヘッドホン出力、同軸デジタル入出力、光デジタル入出力、USB入力(Type A,B)、ネットワーク端子×1、M-Xport(Bluetoothレシーバー用接続端子)×1、RS-232C×1、IRフラッシャー入力×1、マランツリモートバス入出力×1/1 ●消費電力:30W ●外形寸法440W×106H×343Dmm ●質量:6.5kg