Hermitage
Hermitage
2007年7月9日 14:48登録、会員番号は782です。 2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/4 zzz…

マイルーム

どこにでもある屋根裏部屋
どこにでもある屋根裏部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/4 忙しいので活動縮小、zzz... 定期投稿はお休みします。 代わりに…
所有製品
  • ハードラック
    TAOC MSR-3S
  • 電源機器
    IFI AUDIO iPower
  • プラグ/接点保護
    ACOUSTIC REVIVE 500/BFA
  • 電源機器
    ACOUSTIC REVIVE YTP-6R
  • オーディオボード
    ACOUSTIC REVIVE RST-38H

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

レビュー/コメント

ACOUSTIC REVIVE
RTP-6 ultimate
¥197,400(税込)
発売:2008年3月
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

削りだしの重量感と静動のコントラスト

お願いしていた製品登録が
いつの間にか追加されていたのでレビューを追加します。

以前、Acoustic Revive RTP-6 absoluteを
レンタルして試聴しました。

音の高低のレンジが広く、
ピアノにはキラキラとした艶めきと、
ドラムはどっしりとした芯と弾むようなダンピングがあり、
安定感のあるがっしりとした低音が、
音場に安定感をもたらします。

NCFプラグと合わせて使うと、
音場のコントラスト、彫りが深く、
芯のしっかりした主音に、柔らかい響きが広がって、
プラグを交換したときに比べて余韻が広がる密度が高く、
感覚としては5dbくらい音量をあげたような圧が感じられ、
ただの塊ではなく余韻が幾重にも重なった
ミルフィーユのような余韻が
分厚く目の前に立ちはだかります。

この試聴の結果、口数の関係や
機器同士の干渉を防止することを目的として
RTP-4 absoluteとRTP-2 absoluteの
2つの電源タップを導入し
分離して給電することになりました。


※詳細、画像はこちら↓へどうぞ。
電源タップ2種を無料レンタル~Acoustic Revive RTP-6 absoluteとYTP-6R~
電源タップAcoustic Revive RTP-6 absoluteを試聴
主要機器の電源タップを分離(1)Acoustic Revive RTP-4 absoluteとetc…到着
主要機器の電源タップを分離(2)Acoustic Revive RTP-4/RTP-2 absoluteの試聴
主要機器の電源タップを分離(3)サブウーファHelicon S600の接続変更
主要機器の電源タップを分離(4)Acoustic Revive RPC-1を移動

レスを書く

このレビューはレスが許可されていません。

【SPEC】●電極:鏡面研磨した厚板ベリリウム銅 ●メッキ:厚肉銀メッキ+厚肉口ロジウムメッキ ●内部配線:PCOCC-A極太楕円単線 ●筐体:2017S航空グレードアルミ合金ブロック削り出し ●筐体内部:グリーンカーボランダム、トルマリンパウダー&水晶パウダー ●筐体脚:黄銅+制振材fo.Q