山田野案山子
山田野案山子
オーディオ歴38年とは言っても、オーディオが分かり始めたのはここ数年の事です。現在はLINN製品が中心になったシステム構成で聞いています。主に聞くのは1950年代から70年代にかけてのJAZZでそれ以…

マイルーム

リビング兼用ルーム
リビング兼用ルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
2012年6月より建築工事を始めた、故郷でのオーディオ専用棟が年末も押し迫った12月に完成しました。建物自体は10月には完成していて、引っ越しも10月には完了していたのですが、最後まで仕様が決まら…
所有製品
  • フォノイコライザー
    SOULNOTE E-2
  • その他アクセサリー
    JS PC AUDIO DLC10
  • LANケーブル
    JS PC AUDIO NOCX
  • その他PC周辺機器
    JS PC AUDIO NH10
  • その他アナログプレーヤー/関連機器
    KLAUDIO CLN-LP200

日記

最新の日記
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

レビュー/コメント

Project EVEREST DD66000
JBL
Project EVEREST DD66000
¥3,150,000(税込)
発売:2006年9月21日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

JBLの中では最も使いやすい大型SPです

ダイナミックオーディオの厚木店長での試聴会、山口孝さんの講演会、インターナショナル・オーディオショー、ジャズ喫茶キャンディーと様々なシーンで聞いてきました。

JBLのビンテージSPユニット、使いこなしが非常に難しく、決まれば素晴らしい音を奏でるのですが、決まらないと・・・埃を被ってタダノおじゃま虫にしかならないという、誠に気難しいものです。

しかし、今回発売されたDD66000、ほとんどポンおきでも問題を起こしにくいという、今までのJBLのイメージを一掃した秀作です。

今度計画している新築納屋のキャパシティーでしたら、何の問題もないのですが、今の2251と心中するつもりで入れた、イルンゴ・オーディオの専用スタンドと、アンダーボード。これを引退させるつもりは全くありませんし、2CHをマルチにするつもりもありませんので、導入する予定は全くありません、とオーディオ店の担当の方には話をしています。

一関のベイシーで嘗てDD66000の試聴会が催されました。設置は台を製作して、ベイシー特製のSPの前に置いて、アンプはミキシングアンプを使い、入り口はリンジャパンが持ち込んだLP12でした。私は聞きに行ってはいませんが、行った厚木店長の話では、誰からも後ろのSPの話題が出なかったそうです。

DD66000以外は全くのローテクで、でもベイシーの音が出ていたという、実に素晴らしいSPです。キャンディーではいつも聞いていますが、CLASSICでもJAZZでも、一度も破綻したことがありません。大音量再生をしたい方には超お勧めです。

レス一覧

  1. byはやぶさ at2012-02-28 21:30

    山田野案山子さん、今晩は。

    DD-66000は、友人が管球アンプで良い音で鳴らしています。
    来年、紹介します。

  2. by山田野案山子 at2012-02-28 22:07

    はやぶささん今晩は

    来年になりますが、その時は是非宜しくお願いいたします。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●ユニット:380mm径パルプコーン・ウーファー×2、100mm径ベリリウム・コンプレッションドライバー×1、25mm径コンプレッションドライバー×1 ●許容入力:500W ●周波数特性:45Hz〜50kHz ●インピーダンス:8Ω ●出力音圧レベル:96dB(2.83V/m) ●クロスオーバー周波数:150Hz/700Hz/20kHz ●外形寸法:965W×1,109H×469Dmm ●質量:137kg(グリル含まず)/142kg(グリル装着時) ●ラインナップ(いずれも1本・税込):店頭販売品→ローズウッド/RW、チェリー/CH(\3,150,000)、受注生産品→エボニー/EB、メイプル/MA(\3,465,000)