山田野案山子
山田野案山子
オーディオ歴38年とは言っても、オーディオが分かり始めたのはここ数年の事です。現在はLINN製品が中心になったシステム構成で聞いています。主に聞くのは1950年代から70年代にかけてのJAZZでそれ以…

マイルーム

リビング兼用ルーム
リビング兼用ルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
2012年6月より建築工事を始めた、故郷でのオーディオ専用棟が年末も押し迫った12月に完成しました。建物自体は10月には完成していて、引っ越しも10月には完了していたのですが、最後まで仕様が決まら…
所有製品
  • フォノイコライザー
    SOULNOTE E-2
  • その他アクセサリー
    JS PC AUDIO DLC10
  • LANケーブル
    JS PC AUDIO NOCX
  • その他PC周辺機器
    JS PC AUDIO NH10
  • その他アナログプレーヤー/関連機器
    KLAUDIO CLN-LP200

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

レビュー/コメント

LINN
KLIMAX KONTROL SE
¥1,470,000(税込)
発売:
このモデルは生産を完了しています
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

音楽性でノックアウトされたプリアンプ

現在使用しているのはSEバージョンですが、元々購入したのはSEになる前のものです。
それまでは、カソードフォロア1本のみの、パッシブ型のアンプ(増幅度が1以下なのでアンプとは言えないと思いますが)を使っていました。

ウエイバックと言う山形県にある真空管アンプメーカーの、パワーアンプが余りの発熱の多さに閉口して、買い換えを検討していました。その時偶々ですが、LINNのKLIMAX TWINを検討していました。それの試聴に秋葉原のオーディオ店に行きました。

そうしたら、パワーアンプではなく、プリアンプのKLIMAX KONTROLのB級品が出たと言う情報をもらったのです。早速、図々しくも私の自作のプリと聞き比べをさせていただいても良いかと、お願いしたところ、快く受けていただけました。

何せ自作のアンプ、部品には超拘ったのですが、原価は8万そこそこ、それに対して現品特価とはいえ、10倍以上の価格差があるわけで、同じだったら形無しでしょう。

そして、お店で音出しをしました。物の見事に音楽性でたたきのめされてしまいました・・・と言う風に私には聞こえました。
LINNの最終的に音決めをする、テスターの方、当然1名ではありませんが、経験値が私とは違いすぎます。

アンプに限らず、ネジの締め方でも音が変わってしまう世界ですから、どんな部品を何処に使うかは、非常に重要な事です。そして最後は音決めですが、これはそれをやる方の経験値に他なりません。私はどうやっても追いつかないなと思ったところで、LINNの軍門に下ることにしました。

LINNをお使いの超ハイエンドの方達の中では、KLIMAX KONTROLをモノ使いすると、音が良くなる、と言う話は半ば常識になっていたようです。そこでLINNの本社では、KONTROLのアップグレードを図るべく、検討をしていました。そうして出てきたのがSEバージョンです。

最大の違いは、ボリューム・コントロールをモノ化したことです。アンプを自作されたことがある方はご存じだと思いますが、アンプの左右チャンネルのセパレーションを最もスポイルしているのが、ボリューム(可変抵抗器)です。

1970年代一世を風靡したマークレビンソンのLNP2L、当時は薄給で当然買えるわけもなく、その内にと思っていたら、やっと自分的に満足のいけるプリに巡り会ったと思います。

アンプの音に関しては何も書いてはいませんが、音はそれを使う方の感性で決まります。同じアンプを使っても、使う方で出る音は全く変わります。ですからご自分の感性で、音は判断して下さい。

レス一覧

  1. by小林二郎 at2012-03-22 18:23

    山田野案山子さん、こんばんは。
    LINN製品との出会いがよくわかりますね~

    私はそれまでラックスのL580を使っていたのですがセパレート
    が欲しくなりその時は仕事が忙しくて思考がほとんど働かない状態でショップにいきました。

    その時はなぜかパワーアンプだけ視聴して最初はムンドのテロス150Lを聴かせてもらったのですが全く合わず困った店員さんが適当にそこにあったKLIMAX TWINを聴かせてくれたら一発でノックアウトされていまいました。その後プリは白雪姫にしたのですがもの足りなくなって他のプリを探していました。その時にKLIMAX KONTROLとの出会いはあったのですが、特価だったのが十万の位の
    6が8に書き換えられていました(笑)

    今でもKLIMAX KONTROLは興味がありますが、それよりもレビンソンの32Lに逝っちゃう予定です。(ブツがあればですが・・・)

    でもこっちも気になりますね~

  2. byはやぶさ at2012-03-22 19:08

    山田野案山子さん
    今晩は。

    レビュー楽しく読ませていただきました。
    オーディオに詳しい山田野案山子さんの気に入られたLINNのプリアンプの音楽性!素晴らしいのでしょうね。

    是非、聴いてみたいです。
    来年の話になると思いますけど宜しくお願いします(^^)。

  3. by山田野案山子 at2012-03-22 19:41

    小林二郎さん今晩は

    昔は定価が120万でしたけど、今はもう少し高くなってしまいましたね。中古狙いで決算時期などにぶつかると、SEでもそこそこの値段で買えたりします。

    プリアンプは、本当に自分の感性そのものなので、選ぶのに慎重にならざるを得ないと思います。そして一旦決めてしまったら、壊れない限り買い換えることはほとんど無いので、時間をかけてじっくり選ばれたら良いと思います。

    レビンソンも凄く良いプリだと思います。32Lの後継プリもその内に出てくるのではないでしょうか。楽しみが多いですね。

  4. by山田野案山子 at2012-03-22 19:48

    はやぶささん今晩は

    どうも引っ越しできるのが10月末頃になりそうです。それから部屋を片付けて、音出し調整をしていたらあっという間に来年になりそうです。

    満足な状態でお聞きしていただきたいので、またその時になりましたらご連絡します。その時は宜しくお願いいたします。

  5. bykaku18 at2012-03-23 17:30

    こんにちは、山田野案山子さん。
    kaku18です。

    私も、一時期、プリを物色していましたが、結局、パッシブ型の光ボリューム(約17万円)に落ち着いてしまったという経験があります(いや、これも悪くないですよ(笑))。

    多くの人がプリの重要性を説き、私も、その重要性は十分に認識しているつもりですが、毎回、その余りな値段に負けてます(汗)

    スピーカーとの相性、パワーとの相性、極めて高価な販売価格等々、なかなか踏み切れない要素がたくさんあって困ります。
    山田野案山子さんみたいに、実際に試聴する機会があればいいのですが、実際にはなかなか難しいですし・・・

    そのうち、私にも運命の出会いがあるかもしれないと思いつつも、今日も自宅で音楽を聴き、「これはこれでいいかな」とか自己満足に陥る今日この頃です(笑)

    それと、遅くなりましたが、お気に入りに登録させて戴きました。
    今後とも、よろしくお願い致します。

    ではまた。

  6. by山田野案山子 at2012-03-23 18:57

    kaku18 さん初めまして、コメント有り難うございます。

    プリはある日突然ひらめくものがあって、運命的出会いをすることがありますので、じっくり構えておられても良いと思います。
    タダ結構突然来ることも多いので、普段から構えておかないと、出会いを逃すこともありますね。

    パッシブ型素子としては、イルンゴオーディオで作っている、リン青銅削り出しの箱に入っている、可変抵抗器(特注品)は、長年ジャズ喫茶キャンディーで聞いていますが、強烈の一言です。

    正に何も引かない、何も足さないを地でいっている素子です。
    一般的にはアクティブ素子を使った方が、音に躍動感が出て良いと思っています。
    LINNの場合は、DSを使うと、選曲だけではなく、入力切り替え、ボリュームコントロールを全て、PC側でやることが出来るので、私のようにPCを打ちながら、音楽を聞いているには最適なのです。

    それでは、また今後も宜しくお願いいたします。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●型式:ラインレベルプリアンプ●入力端子:RCAフォノ×3、XLR×1、KNENT IN ●入力インピーダンス:10kΩ(アンバランス)、7.8kΩ(バランス) ●利得幅:-95.5dB〜-19.5dB ●出力端子:RCAフォノ×1、XLR×1 ●出力インピーダンス:300Ω(アンバランス)、600Ω(バランス) ●周波数特性:2.3Hz〜200kHz ●歪率:0.0025%以下(1kHz@0dBV) ●クロストーク:-116dBV(LR間、入力間共)●残留ノイズ:-125dBV(@1kHz) ●消費電力:15W ●外形寸法:350W×60H×355Dmm ●質量:9kg