山田野案山子
山田野案山子
オーディオ歴38年とは言っても、オーディオが分かり始めたのはここ数年の事です。現在はLINN製品が中心になったシステム構成で聞いています。主に聞くのは1950年代から70年代にかけてのJAZZでそれ以…

マイルーム

リビング兼用ルーム
リビング兼用ルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
2012年6月より建築工事を始めた、故郷でのオーディオ専用棟が年末も押し迫った12月に完成しました。建物自体は10月には完成していて、引っ越しも10月には完了していたのですが、最後まで仕様が決まら…
所有製品

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

レビュー/コメント

KLIMAX DS/3(KLIMAX)
¥2,625,000(税込)
発売:2016年10月1日
製品DBで詳細を見る
この製品にレビュー/コメントを書く
ほかのユーザーの登録・投稿を見る

安定した使い心地

KLIMAX DS/2からアップグレードして4ヶ月近く経ちました。アップグレードして直ぐの時は、販売店の宣伝文句とは違い、良くなったみたいだけど、いまいち違いが良く分からないという状態でした。

しかし1ヶ月を経過した頃から、音の出方が大きく変化してきました。丁度この頃リッピングソフトのdbpowerampがver16.1になり、手持ちのCDの再リッピングがほぼ完了、またhimaさんからTAGデータを削除したら、音が更に良くなるという情報を頂き、それらを全て総合した結果、今まで気がつかなかった細かい音の情報が良く再生出来るようになったことが、大きな変化として出てきました。

DS/3になって、微妙な変化を再生出来るようになり、音源側の微妙な変化を余さず再生出来るようになったことが、全体としての変化の大きさとして、再生出来るようになったのだと思います。

LINNでは未だこの恩恵はKLIMAXだけですが、将来的にアキュレイト以下にも波及していくのか、その時のアップグレードの対応がどうなるか、1ユーザーとしては気になるところです。

レスを書く

レスするにはログインする必要があります。
ログインする

【SPEC】●対応ファイル:192kHz/24bitまでのFLAC、ALAC、WAV、AIFF、MP3、WMA、AAC、OGG ●出力端子:XLRバランス×1、RCAアンバランス×1 ●インピーダンス:300Ω ●ライン出力:THD+N<0.0007% ●ダイナミックレンジ:>110dB ●消費電力:16W(スリープ時8W) ●外形寸法:350W×60H×335Dmm ●質量:8.6kg