Potchan
Potchan
しばらくご無沙汰だったオーディオ趣味を2年ほど前にまた始め、理想のシステム構築と環境造りをコツコツとやっています。

日記

最新の日記
日記はありません
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

最新の日記

日記はありません

最新のレビュー/コメント

SONDEK LP12

LINN

SONDEK LP12

¥714,000(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

日本の工芸品:ITTOK LVII & DL-103

LINNのIttok LV IIはLP12とともに中古で購入しましたが、カートリッジ取付けネジでシェルの黒染め部分が剥がれてしまっている以外は、錆びも浮いておらず、埃や汚れを布でふきとっただけで新品のような輝きになりました。製造から約20年の歳月が経っているかと思うと驚きです。当初LINNのアームは日本で製造されていた日本製です。当時の日本の製造技術の高さが伺えます。この頃日本経済は絶好調でしたものね。アームでは後発だったLinnも製品が「Made in Japanである」という、いいイメージを取り入れたかったのでしょうか。
 写真にはオーディオテクニカのAT-120Ea(正確にはAT-150Tiの本体にAT-120Ea用のスタイラスを取り付けています。)が写っていますが、今はデノンDL-103に変えてます。Phase-techの昇圧トランスT-3を間に入れてミニコンのアンプを使用していますが、アンプもDENON製のためか相性も良いようす。中低音が厚くなり、Jazzのライブ演奏の臨場感が増しました。DL103も既に誕生から40年以上経つロングセラー。以前関係者から聞いたのですが、DL-103を含めDENONのMCカートリッジのコイルは専任の方が手作業で巻いているそうです。これからも技術の伝承を続け、今後も作り続けてもらいたいものです。
 IttokもDL-103も日本の工芸品と言って過言でないと思います。LP12もそうなんですが、いいオーディオ製品はいつまでも長く残りますね。

【SPEC】
●駆動方式:ベルトドライブ ●駆動モーター:24種シンクロナスモーター ●ターンテーブル質量:3.75kg ●スピード偏差:<ベーシック電源>(33rpm)0.1%(電源偏差による) <バルハラ電源>(33rpm)0.03% <リンゴ電源>(33/45rpm)0.03% ●外形寸法:445W×140H×356Dmm ●質量:10kg

マイルーム

Potchan's Room
Potchan's Room
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

LINN Sondek LP12とIttok LV IIを中古で購入。ここからオーディオ趣味を再スタートしました。カートリッジAudio Technica AT-120Eaをミニコンポアンプ(DENON UPA-F07)につなぎ、スピーカをKenwood LS-SE7からオートグラフミニへ、現在はプリアンプQUAD44へ変更しました。  防音工事はしていない部屋なので大きな音は出せません。小…

所有製品