田舎のクラング
田舎のクラング
オイロダインの力に魅せられ愛聴してます。 ソースはアナログがメイン。 以前はアマチュア無線.登山を、最近は100低山、カメラは フィルム時代から今も愛好してます。 音楽を聴いて頭のクリ…

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

”裏磐梯グランデコ”早めの紅葉に。

先日の日曜に裏磐梯グランデコに行って来ました。

湖畔廻りはまだ色づいてませんが
グランデコスキー場からゴンドラに乗り西吾妻山中腹駅に
登るにつれ紅葉が眩しく輝いてました。

今回も”らじるらじる”を聴きながらの撮影。
この日の名演奏家ライブラリーは
ハンガリーの名Vnニスト、シゲティでした。

ホワイトバランスを、露出の補正、被写界深度、
気に入った画質に調整を、画角バランス、光の読みもオーディオの
音の読みに通じる?ですかね。



ファインダー越しから名演奏が流れ、至福のひと時ですね。(透け感を?)



好きな演奏家を聴きながらは
撮影のモチヴェーションも上がります。



秋は紅が主役ですね。(RGBは好いですがこれが
CMYKになると又難しい)


クラシックを愛されていた
人間国宝の咄家、柳谷小三治さんが亡くなりましたね。
今朝の新聞に寸評が載ってました。

小三治さんが評したのは指揮者のカラヤン、
”指揮者のカラヤンに「本気で歌えよ」って思いますね。
スタイルは美しいが血の通った人間を感じないと不満を言ったそうだ。
いくらクラシック好きでも絶頂期の巨匠をこう言い切れる人はあまりいない。”

型通り演じることを散り払い、うまくやろうとしないことを心に決めた。
演技が感動をよびますね。

桂小三治さんのご冥福お祈りします。



※追記
10/14日 再びオーディオルームのこと。
自己満足ではありますが今はヤッタね、と言う気分です。
音の広がりとプール感、鮮度、フラッター減による時間(位相ズレ)の減。
が改善です。(旧い角箱SPで広がり感、プールの浸り感に満足)

毎晩聴きながら思いを巡らせている中で今まで、フラッターによる残響と
通常の残響の違いが聞き分けができてなかったのです、
測定器の無い状態では、混同して聴いてるのが普通ですよね。

最近友達が部屋に見えてハンドフラップをし残響が減りましたねと言われ、
やはりそう感じるのだろうなと思いながら、私はそうですか?でその話しは
終わりにしました。

裏磐梯、中瀬沼


※追記
10月20日 再びの追記です。
今日は仕事の合間に、再度部屋のCheckを、ディジタルメジャーの
レーザーポイントを利用し対向する平面(30平方cm超)を探してた処
一箇所、対応に甘い所が判明、
以前から麻布を付けてましたが巾が狭い事に気づきました。
15cmから25cmの物と交換を。

長年、悩まされていた高域の歪が解消しました
マタイのコーラス(archiv盤)、w,a,mのハ短調ミサ(DGG赤盤)もフルVRで
綺麗に伸びます。(部屋の霞感が減少、特に声楽が顕著に改善)
ハードが悪い、ソフトのせい、半ば諦めていたことがファームウェア
の影響が害してたのです。(貴重な体験が増えました)

いっそ簡単に吸音すればよかったのでしょうが、臭い物に蓋をではなく
反射指向での、(狭い部屋+吸音率によって低音として扱えるシュレーダー
周波数の上昇により)ルームチューンは骨が折れますね。

また一つ、音のヴェールが剥がれ。
長かったルームチューニングが終了?。


最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

音楽とオーディオを楽しむ
音楽とオーディオを楽しむ
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

2020/12/01現在の装置 アナログ好きで懐古趣味に漬かった趣味人です。 KlangFilm Eurodyn KLL439 ドイツ製 アルニコ(後面開放型Box)のスピーカを愛用。 瞬発力、立ち上がりが良好、高能率です、機器の性能モロ出です。 厚化粧の音はなく、当然ソース音がストレートに、機器の焦点が 合うとゾクゾクする生っぽさが現れます。 良い音を求め長いこと機…

所有製品

  • ネットオーディオプレーヤー LINN KLIMAX DS/1