ジュン
ジュン
レコード音楽と車が大好きなおじさんです。

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

最新の日記

ついにナマで聴いた「レニングラード」


生演奏で一番「大音響」な交響曲は何でしょうか?
オーディオ装置で聴いた限りでは管弦楽曲だと、「ローマの松」のアッピア街道辺りが思い浮かびますが、さて、交響曲は?

ここでは独断で、
パイプオルガン及び合唱が参加するのは除くとすると(マーラーの2&8及びサンサーンスの3番脱落)。

思い浮かぶのはやはり、マーラーの1、3、5、6、かショスタコーヴィチの5、7あたりではないでしょうか? 他にバンダ使用のブルックナーの5番も?

あそうそう、肝心かなめの生の演奏でのオケの違いですが、
プロのオーケストラはチケット高すぎ他で私には非現実的。
端的というか現実的にいえば、セミプロ?もしくはアマチュアオケ主体となります。

私事になりますが、昨年から年金生活になって地元のミューザに行くようになり、先月はマーラーの9番、先週は同3番、そして本日は念願のレニングラードを聴くことが出来ました。因みに来月はサンサーンスの3番(無料!)を聴きに行きます。

終楽章が明るく派手にアップテンポで終わる交響曲だと、古くはブラームスの2番、マーラーだと5番や7番。
明るく重厚に終わるのはシベリウスの2番。
渋くカッコよく終わるのはシベリウスの7番。(伏兵でニールセンの4番も)
期待させておいて意外としょぼいのがプロコフィエフの5番。

そして、レニングラードです。

この曲、むかしから大好きでLPでは5種、CDでは2枚所有していましたが、ナマでは1回も聞いたことがありませんでした。
なんせあのショスタコ様です。パーカッションセクション大活躍。
1楽章での例の「戦争(侵略)の主題」。最初はおてて繋いでピクニックでも行くような音楽がその後「阿鼻叫喚」の様に。11番の2楽章でも同様な描写が有りますが、あちらは一方的な虐殺に比べこちらは少しの抵抗?もあるのでもうわけわかんない。あのボレロのように同じ主題を奏でる小太鼓が増えるのは知っていましたが、大太鼓まで同じリズムで加わるのは知らなんだ。

そして終楽章。
最後、ティンパニの連打で印象的なのは、
シューマン2番、マーラー3番、サンサーンスの3番等がありますが、
なんといっても、しびれるのはショスタコの5番。
でも最終小節で大太鼓が被さってティンパニが聞こえなくなることも。
その点、7番はうまく処理しているのでした。

最後に
やはり、(それなりに有名で演奏されている)交響曲ではレニングラードは
大音響(阿鼻叫喚)ナンバー1ではないでしょうか?

最後の最後
本日の演奏会。フルートに超絶素敵な方を発見してその方ばっかし観ておりました。

最新のレビュー/コメント

THORENS

TD550

¥1,365,000(税込)

発売:2008年6月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

THORENS TD550

THORENS TD-550/IT-407/model 9000

※出力について
本国仕様(フォノケーブル背面端子直結)と日本仕様(フォノケーブル底板の穴より直出し)が選べますが、私は完全バランス出力を望む為、
IKEDA付属のフォノケーブルを加工して背面のXLR端子直結(RCA使用不可)にして貰いました。単純に本国使用を選ぶと背面のXLR及びRCA端子両方が
使えて便利ですが、XLRもアンバランス出力となってしまいます。
実際のところ、アームベース直下の底板に割と大きめの穴が開いていますので、フォノケーブルの抜き差し(交換)はそんなに困難ではありません。
CEC等から販売している5pin⇔XLRケーブルを使って直出しした方が、音質的にはベストかもしれません。5pin⇔RCAケーブルについては結構選択幅あることですし。

※トーンアームについて
最初はオルトフォンのロングを考えていましたが、せっかく選べるので購入したまま使っていないテクニカの限定販売アームにしようかと思い始めました。
しかしテクニカはアームレスト用の穴を離れたところに開けなければならず、しかも本機はサブシャーシを持つフローティング構造。
ということで、同じ日本製のIKEDAにしました(販売店によるとTHORENSからIKEDAアームの重量を教えて欲しいと打診があったそうです)。

※電源ケーブルについて
日本仕様は電源ケーブル直出しですがこの辺は上手く処理されており、いかにもあとから取って付けたような印象はありませんでした。

※サブシャーシについて
三点支持のスプリング強さ調整(サブシャーシ高さ及び傾き調整)は上面のつまみで容易に調節することが出来、便利かつスマートです。

※脚について
三点支持の脚についても上面のつまみにて高さを調節することが出来ます。脚には全く触らないで出来ますのでこれまた便利かつスマートです。

※ダストカバーについて
厚くて重たくて高級感がありますが、スプリングが弱いのか一番上まで上げないと閉まってしまいます。この辺はスプリングの強さを調節できるなりして
改善して欲しいです(ん十年使っているGT2000はいまだに快適)。

※アースケーブルについて
TD550→フォノイコ用にとアース線付のXLRケーブルを特注しましたが、専用のアース線が付いてきました。背面出力端子を使用するときは、
同じく背面アース端子(あまり見ない形)を使用することになると思いますので、特にアース線を用意する必要はありません。

※音について
まだそれなりの音量で聴ける環境ではないのでなんともいえませんが、GT2000でもMAJIK LP12でも歪んでいたピアノのレコードがすっきり再生できたことが
発見です。これについてはアームもしくはカートリッジ(SHELTER)の性能かもしれませんが。

【SPEC】●駆動方式:ベルト・ドライブ ●モーター:完全電子制御ACシンクロナスモーター ●回転数:33-1/3、45RPM(電子式速度切換) ●プラッター:300mm、6.2kg、アルミニウム製 ●外形寸法:532W×183H×421Dmm ●質量:22kg

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / その他 / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

狭い部屋ですが、4セット組んであります。

所有製品

  • CDプレーヤー/トランスポート TEAC CD-P650
  • プリメインアンプ MARANTZ PM5005
  • プリメインアンプ CAMBRIDGE AUDIO EDGE A
  • カートリッジ SUMIKO Blue Point Special EVO.3 
  • カートリッジ AUDIO-TECHNICA AT-F7
  • ターンテーブル/フォノモーター MARK LEVINSON No515
  • ADプレーヤー YAMAHA GT-2000
  • ADプレーヤー TECHNICS SL-1200G
  • プリメインアンプ ESOTERIC F-07
  • スピーカーシステム JBL STUDIO 290 BRN
  • センタースピーカー CABASSE CABRERA
  • スピーカーシステム ESOTERIC MG-10
  • スピーカーシステム TANNOY Glenair