「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
ヘミソフィア
ヘミソフィア
2008年頃からオーディオに嵌る。 UEの10Proがすべての元凶だったかも。 更新は不定期だが、マイルームにこっそりメモ レビューとか日記は人目に付きすぎるので^^ 現在は、賃貸マン…

日記

最新の日記
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気にいられユーザー

最新の日記

Lionでの再生アプリ

LionにするとIntegerModeが使えなくなるが、
Lionの方が音が良いという情報もあり、
雪豹からライオンにバージョンアップしたので再生ソフトを聞き比べてみた。
スノウレオパ時は、PMのIntegerModeを常用

itunesで曲を管理しているので、itunesからの再生をサポートしないソフトは対象外
接続は、K-03とUSB
ファイルはほぼ全部がCDをALACにした物

・itunse 10.5
これはこれで、いいなぁと思えると思う。
AudioMIDIの設定での、サンプリングやビットに従ってアップサンプリングをしているようで、
AudioMIDIの設定を変えると音もだいぶ変わる。

・PureMusic 1.83 hogmode
itunseと似ているが、透明感が増した感じ。
解像度が上がり若干線が細く感じる。
スノウレオパの時のIntegerModeと遜色を感じない(様な気がする)
それと20時間とか連続で再生しても不具合が出ず安定感抜群。

・Audirvana Plus beta 1.09.1
こちらもBetaVersionながらitunseとの連携がサポート
音は、PMとかなり似ている。PMの方が若干繊細で好みではある。
アップサンプリングが話題になるソフトだが、アップサンプリングしない方が
音の実像感がある感じで好み。

・AmarraJunior 2.3(4320)
上記のソフトに比べて、音の傾向がだいぶ違う。
なんていうか、良く聴こえるように調整された音。音の陰影がはっきり。
かなり好みではあるが、致命的問題が・・・
2時間程度使用していると、曲の始めが1,2秒欠け始める。
長時間使用すると、itunseとの同期が狂ってくる感じ。
1年前の購入時からVerupを何度かしても、OSver上げてもDAC変えても
同じBug?がうちの環境では直らない。お手上げである。
AmarraとAmarraMiniのお試し版も同様だった。

で、結局何を使うことにしたかというと、やっぱりPureMusic^^;
Audirvana Plusも良いんだけど、PMのが繊細というか解像度が高く
その割りにメリハリもほんの少し多めに感じて聴いていて気分が良い
もう耳がPureMusicに染まったのかもしれないw

最新のレビュー/コメント

K-03

ESOTERIC

K-03

¥840,000(税込)

発売:2010年10月1日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

満足感高いです

購入してから1ヶ月、そろそろレビューを書いてみます。

まず、箱でかいです。箱の置き場に困りますw
あと結構重いです。ラックの中段に腕力だけで入れるのは結構大変。
ですが、質感はとても高いです。

内部構成的には、K-01の弟分。DACとしてみるとD-02の末弟って感じ。
電源、出力段の構成、AK4399の差動回路とハイエンド機の流れを汲む
一番コスパの良い機器だと思います。

音色はいたって自然。その自然さがハイレベルです。
差動回路の恩恵なのか出力段の恩恵なのか、
D-05,D-07と比べるととても滑らかな旋律を奏でます。
繊細で滑らかでメリハリもあり、これ以上何を望む?という印象。
(そういは言ってもD-02とかは凄そうですが)

特筆は、USBDACとしての性能が高い点だと思います。
MacからALACでリッピングしたCDファイルをPureMusicのIntegerModeで再生すると、
CDプレイヤーとして再生した場合と殆ど遜色無いです。
アシンクロナスと0.5ppmのクロックと
電気的にアイソレートされた回路が効いてるんでしょうか?
K-03のUSB接続の方が、RUDD14やHiFace経由の同軸接続よりも段違いで良いです。

また、CDやUSBでの再生も良いんですが、やはりSACDは違いますね。
空間表現と倍音の感じおよび、低音のドラム系の鳴り方が違いすぎます(笑)
惜しむらくは、好きなジャンルのSACDが殆ど無い・出ない・・・
クラシックと70年代とかのタイトルが殆どですよね。
クラシックも良いんですが、長時間聞いていると飽きてきます。
回転音は、最初の方の曲の再生時は若干しますね。
が、慣れるとそれ程気にならないレベルかと思います。

あえて不満を書くとすると、
インプット切替と設定ボタンが同じModeボタンで、長押しで設定状態になる操作性
音楽聴きながら、設定を変えようとしてModeボタンを短めに押してしまうと
インプットが切り替わってしまいます^^;

それと、アナログ出力がバランスとアンバランスの同時出力ができない点
2つのアンプやヘッドホンアンプに同時に出力したい場合とかに困りそうですね。
設定で出力を切り替えることになります。
これはK-01も同じで、D-02も同じなのかな?
パラレルバッファー出力構成で、出力信号に最高音質を求めた結果のようで、
音質と操作性のトレードオフでしょうがないかなぁという気はします。

レビュー的には、AVGuideのレビューも参考になるかと思います。

【SPEC】●再生可能ディスク:スーパーオーディオCD、CD、CD-R、CD-RW ●アナログオーディオ出力:RCA×1、XLR×1 ●出力インピーダンス:RCA…2.45Vrms、XLR…2.45Vrms(0dB設定時) ●周波数特性:5Hz〜55kHz(-3dB) ●S/N比:115dB ●デジタルオーディオ出力:同軸デジタル ●デジタルオーディオ入力:RCA、光デジタル、USB-B ●ワードシンク入力フォーマット:BNC×1 ●消費電力:27W ●外形寸法:445W×162H×438Dmm(突起部含まず) ●質量:約28kg

マイルーム

マイルーム
マイルーム
借家(マンション) / リビング兼用 / その他 / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch

マンションで6畳1部屋をAV専用にしています。 隣の部屋との仕切りをはずして、反響音を逃がしてます。 40型液晶の左右にスピーカーで、部屋側面にアンプ、プレイヤー類をまとめてます。 液晶TVは、PCモニターも兼用(PC本体はそこそこ静音で、一応隣室に本体) 椅子は、エコーネスのレノ 基本的に、MacBook上のituneからのUSB出力で使用。 2011/07、アンプ類とDAC…

所有製品