「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
8050A
8050A
子供のころからの鉄道ファンだったのが、鉄道の「音」に興味を持ついわゆる「音鉄」にハマり、更に鉄道の「音」をよりよい音で残すためにオーディオに興味を持つようになり今ではすっかりオーディオの世界にハマって…

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

最新の日記

第二種電気工事士試験について(2022年版)

第二種電気工事士試験はこの10年で受験機会が増えるなど大きく変化してきているので、ちょっと触れたいと思います。

第二種電気工事士試験は、長年にわたって年1回でしたが、2011年からは年2回行われるようになり、受験機会が増加しています。

・2011年から2017年まで:年2回実施(ただし受験できるのは年1回だけという制約あり)
・2018年から:年2回受験できるようになった

2022年の試験日程も発表されています。
https://www.shiken.or.jp/schedule/pdf/R04denkounittei4.pdf

・上期試験
筆記試験:5月29日
技能試験:7月23日か24日
受験申込期間:3月18日~4月7日

・下期試験
筆記試験:10月30日
技能試験:12月24日か25日
受験申込期間:8月22日~9月8日

受験料:9300円(ネット申込)/ 9600円(郵送申込)

参考書の中では、藤瀧和弘さん(通称かずわん先生)が書いた「第2種電気工事士 すぃ~っと合格」(TOOLBOX/オーム社刊)がわかりやすく、ある程度売り場面積の広い書店にいけば容易に入手できるのでお勧め。
私もかずわん先生の参考書で勉強しました。

・筆記試験
筆記試験に関しては基本的に過去問の使い回しなので、無料の過去問サイトで過去問を根気よく解いて、よく間違える箇所は参考書で見直し、という手段でいけば費用を節約できますし、それで十分に合格ラインに到達します。

無料の過去問サイトのなかでは
「過去問ドットコム 第二種電気工事士」
https://kakomonn.com/2shudenkikoujishi/
「過去問クイズ 第二種電気工事士」
https://kakomon-quiz.com/2denki/
を試験勉強で活用しました。

「過去問ドットコム~」は解説付き。古い年度のものは前半の30問しか収録されていない
「過去問クイズ~」は解説なし。
どの問題が不正解だったかがわかりやすいが、2016年度までしか収録されていない

と一長一短あるため、複数の過去問サイトを使ったほうが効率がいいです。ほかにも、
「目指せ!第二種電気工事士 筆記試験~要点ノート」
https://masassiah.web.fc2.com/contents/01kouji2/index.html

など、第二種電気工事士の過去問サイトは結構充実しています。

筆記試験は全50問中30問以上(6割以上)正解で合格。
筆記試験に合格すると技能試験に進めます。
ちなみに私のときは全50問中38問正解でした。

・技能試験(実技)
第二種電気工事士の技能試験では事前に公表された全13問の候補問題から1問が出題されます。

・候補問題へのリンク
https://www.shiken.or.jp/candidate/pdf/K_R04K.pdf

受験会場によって出題される問題が異なっているうえ(同じ都道府県内にある複数の会場であっても問題が異なる)、全13問がまんべんなく出題されるため、受験の際にはどの問題が出ても制限時間40分以内に完成できるように鍛錬しなければいけません。

技能試験対策の動画サイトでは、電気工具メーカーのホーザンがアップしている
「電工試験の虎」がよく知られています。
この動画ではホーザンの社員が解説していますが、ここで登場する山内さんの関西弁を交えた語り口によって多くの合格者が生み出されています。

「電工試験の虎」
https://www.youtube.com/user/HOZANTOOL/videos

試験開始の40分ほど前に配布される問題用紙には支給材料の内容が記載されていますが、これをみればどの問題が出題されるのかがこの時点でわかるようになっています。
なぜわかるのかというと、候補問題全13問のうち、「No.3」を除く12問には
「この問題でしか使われていない材料」が必ず1つは含まれているから。
そのため、問題用紙が配布されるときは受験生にとっては緊張する瞬間でもあります。

技能試験全13問の解説については
https://www.denkou.info/study/study-method/20190802-1/

全体的にいえば「No.3」や「No.9」、「No.13」が出題されれば「よしっ!」「いけるぞ!」という雰囲気になります。「No.3」が全13問の中で一番簡単で、「No.9」「No.13」も口を揃えて「易しい」と評される問題。
逆に「No.1」や「No.7」が出題されると試験会場が「嫌なのが出た!」という雰囲気になります。
「No.1」は連用取付枠に3個もスイッチがあるため配線間違いや結線間違いを起こしやすく(私も模擬試験で配線間違いを2回やりました)、全13問で唯一EM-EEFケーブル(高音質Fケーブルとして愛用しているオーディオファンもいるかと思います)を使っているために被覆を剥くのに手間がかかるという難問。
「No.7」は作業量が最も多い、アウトレットボックスと呼ばれる金属の箱があるので作業がしにくい、配線間違いや結線間違いのリスクあり、1か所でもミスすると時間切れになる危険性大という最難関。
私的には「No.1」と「No.7」が当たりたくない問題でした。
腕っぷしが強くない人にとっては加工の際に力と体力を要するVVF2.0ケーブルを加工する箇所が多い「No.4」や「No.5」が嫌な問題で、私が実際の試験で対峙した「No.10」は取付枠裏側の独特な配線さえ覚えてしまえば比較的楽な問題であるものの、記憶力に不安がある人にとっては「No.10」は一番当たりたくない問題だといえます。
ほかにも、アウトレットボックスと端子台との間の結線方法が2種類ある「No.8」も嫌な問題です。

なお、技能試験に不合格になった場合は、次回の試験を受験する際に学科試験が免除されるようになっています(受験申込期間は筆記試験受験者と同じ)。

最新のレビュー/コメント

7N-PC4020 Anniversario CB

ACROLINK

7N-PC4020 Anniversario CB

¥6,300(税込)

発売:2017年4月14日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

力強く沈む一音、混じりっ気のない透明感

映像系で使ってもピュアオーディオで使っても良い結果が得られましたが、映像系とピュアオーディオ系では使うプラグが違うため個別で感想を。


【映像系】
ACプラグ:AET PSE-018HG(旧型と新型があるが画質に関しては大きな違いはない)
インレットプラグ:AET IEC-320HG

私自身はデジタルカメラのRAW現像用で使用。

当たりは柔らかいものの、背景ノイズは非常に少なく、手前から奥まで透き通るような奥行き感のある描写に。
コントラスト、発色ともに中庸でクセがない。陰影表現も緻密なうえに影が黒潰れしにくいため明白な形で遠近感を出せるうえに描写が過度に硬くならないために使い勝手がいい。
現状ではアコリバのAC-TripleC 8800とともに使用頻度の高い電源ケーブルである。
なお、メッシュチューブを装着してみたが、画質に関してはほとんど変化はなかった。
また、インレットプラグをフルテック FI-25MR(生産完了)に交換した場合はコントラストが高くなるうえに立体感が若干薄れる傾向があるものの、手前から奥まで透き通るような遠近感のある描写に変化はなかった。

【ピュアオーディオ】
ACプラグ:フルテック FI-15M(Cu)
インレットプラグ:フルテック FI-11N1(Ag)

アクロテックの切り売り電源ケーブルを使うのは久々だったが、仮に組んだ状態でまず目についたのが分厚い低域。
ダンピングはあまり効かないので分厚い低域がそのままストレートで押し出してくる感じになる。かと言って解像力がないわけではなく、手前から奥まで音像は比較的よく見える。
そして、上記のプラグの組み合わせにしたのだが…

どの音楽ジャンルであっても、一音一音がズン!ズン!と力強く、かつ深く下へ沈む。低音もガッチリ引き締まり重心も低い。
正直、この組み合わせで聴いたときの音には驚かされた。
高域も歪みや淀みもなく滑らかに伸びるうえに音場も左右に広く音の立ち上がりや反応も速い。ボーカルも過度に自己主張することなくしっかりと伸びる。
基本的にはフラットバランスだが一音一音の自己主張がハッキリしているので堂々とした音になる。そのため音楽ソフトの善し悪しを露わにしてしまう音調ともいえる。

上記のプラグの組み合わせならCDプレーヤーやSACDプレーヤーなど再生系の機器なら何の違和感もなくフィットするように思う。
一音一音がズン!ズン!と力強く、かつ深く下へ沈む音が聴ける電源ケーブルは滅多にない。

【SPEC】●外形寸法:12.6φmm

マイルーム

オーディオ兼編集(実験)部屋
オーディオ兼編集(実験)部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~4ch

 スピーカーはモニターオーディオのSilver Studio 6ですが、通常のローズマボガニーではなく、受注生産のナチュラルオークを使っています。ローズマボガニーでは部屋に合わないと考えたからです。たまたま注文した際に販売元に1組だけあったのでそれを譲ってもらいました。  中央にどっかり鎮座しているDA-7020は夏場は特に発熱が激しいため、冷却ファンが欠かせません。両端にはTGメタ…

所有製品