Joe Frazier
Joe Frazier
主にカントリー系ロックや小編成ジャズとクラシックを聴きますが、JPop以外であれば大体何でも聴きます。 コンサートホールでリラックスして居眠りしてしまうような、心地よい音が好きです。

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

最新の日記

オーディオ趣味

NAS内の写真を色々と整理している中で懐かしい写真が出てきた。

元々私は、演奏と音楽制作が専門で「ラジカセで聴いてもウォークマンで聴いても、学校の館内放送で聴いても良い音楽は良い」という発想から、オーディオ機器に対する興味は殆どなく、家では父親が揃えたそこそこのオーディオセットを使うことで音楽を楽しむことについて不自由を感じたことはなかったと思います。

音楽制作現場での2インチテープからDAT/HDDへの移行と、Pro-ToolsやCubase等の使用が本格化するにつれ、2001年のiPod発売、2004年のAirport Express発売と、少しずつプライベートで聴く音楽のデジタル化(当時は未だOggとかMp3でしたが)と宅内ストリーミングみたいなものが進み、ApogeeやBenchmarkのDAC等を家に持ち込んでPCオーディオの走りのようなことをやり始めたのは比較的早かったと思いますが、それでもオーディオには興味がなかったです。

では、何故その後オーディオ機器をある程度揃えて使うことになったのかなのですが。。2009年だったかに某ショッピングサイトで偶々マランツのプリメインとSACDプレイヤーの写真を見て「なんか、格好良いなぁ。。」と興味を持って調べ始めたのがキッカケでした。

「近所のショップにふらりと入った際に衝撃を受けた」とかの方が美談なのでしょうが、実は見た目に先ずは興味を持ち、マランツ一択で家電量販店で聞かせて貰ったのがキッカケで、その結果として購入したのが先の写真に写っている機器でした。 

等という自分の「入り口」を思い出しながら、その後(勿論当コミュを含めた)色々な方からのアドバイスと自身の好奇心をもとに、実験や出費を繰り返しながら、趣味として楽しんで来たなぁと実感しています。 具体的な成功・失敗に関する体験談であったり、チョットしたコツ等の知恵を諸先輩方から借りて、自分の中で理解・消化できたものは試すという繰り返しができたことも、その後趣味として持続した大きな理由かなと思っています。

価格の高騰や音楽の聞き方の社会的変化など、オーディオ人口が減少しているのには色々な理由があるのでしょうが、正当か否かはともかく「胡散臭い、取っ付き難い」等と言われることが多い中、当コミュニティは是非ともオーディオの入り口に立っている方々に対して「胡散臭い、取っ付き難い」を助長する場にはなって欲しくないなぁ、と昨今のコミュニティでの話題色々を横目に思うところです。 逆に、オーディオに興味を持つ色々な層の人が実験や調査をするにあたって役に立つ小ネタやアイディアが得られる場であり続けてほしいなと思います。

オーディオによる音楽再生には「正解」はなく(「間違い」はありますが)、人それぞれが良いと思えるものを追う過程が個人的には楽しいです。

最新のレビュー/コメント

Krystal

LINN

Krystal

¥210,000(税込)

発売:2016年1月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

Linn純正であることの絶対的優位性

Linnが言うところのAkurateレンジのMCカートリッジです。

音質的にはトランス、アンプやスピーカー、LP12そのものの設定状況にもよるので人それぞれだと思いますが、拙宅のLP12(Radikal/AK、KEEL、Trampoline2、Ekos)では、思っていた以上に芯のある音で、Benz Microのカートリッジほどの立体感はないものの、所謂今風な音がします。 

KEELの効果もあるのか、非常に背景音やノイズが少ない気もします。
価格を高いと見るか否かは何ともいえないですが、一度導入してしまった以上、針交換代は個人的にはリーズナブルに思えます。

何よりも、このカートリッジがLinn製のアームを持つLP12と相性が絶対的に良い理由は、これまでTroika、AkivaやKandid等の最上級カートでしか実現していなかった3点止マウントにあると思います。 

ヘッドシェルへの固定という利点はもちろん、今までカートリッジの設定で一番悩ましかったオーバーハングや角度を一切気にせずに取り付けができるのは感動的でした。 

ちなみに、デザインはLinnですが、実際の製造はAdikt同様にGoldringであるというふうに聞いたことがあります。ちなみに、KandidはLyraだったかと。

マイルーム

結構しょっちゅう入れ替えますが
結構しょっちゅう入れ替えますが
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / ~8畳 / ~2ch

(1)書斎/音楽部屋 Source : Linn LP12 (EKOS/Radikal/Keel), Thorens TD124 (SME 3009 S2, Ortofon RS-212) Linn Akurate DS/K、 SUT : EAR MC4, Partridge TH-5778 Control : EAR 864 Main : Uesugi U-Bros 3 Speaker…

所有製品