のびー
のびー
ロンドンに移り住んで25年目となりました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

音、音楽、オーディオ、いい音とは?(2)

10月14日にアップした日記には、沢山のレスを頂戴しました。
スレが長くなったので、直近、戴いたにらさんとベルウッドさんへの回答も含めて日記の続編を記します。

> のびーさんの「非常にワイドレンジな英語の歌の再生」とは、具体例としては何だったんですか?

具体的にこの曲という一曲を対象とした訳ではありません。
でも多分、一番、意識したのは、エヴァ・キャシディの“Fields of Gold”。

エヴァ・キャシディはオフ会の定番ですから皆さんも馴染み深いと思います。

これはスティングのオリジナルで、ポール・マッカトニーをして「自分があの曲を書きたかった」と悔しがらせたという逸話付きの名作です。そのスティングもエヴァのカバーを聴いて「僕のより良い」と言ったとか。

この曲はスティングのオリジナルを聞いたのが最初でしたが、歌詞に興味を持ったのは、ゲオルグさんが2016年に書かれた日記で紹介されていたこのブログを読んでことがきっかけです。

https://lifestyle.at.webry.info/200907/article_21.html

詳しくはブログを見て頂くとして、スティングのオリジナルとエヴァのカバーは歌詞の一部が異なり、その違いにブログ主の石五郎氏は言及しています。その指摘の真偽は不明ながら納得してしまいます。

英語の歌詞は文法的に意味が理解出来ても、言葉が自然に体に入ってくるまで時間がかかります。私は最近ようやく意識せず入ってくるようになりました。

ここまでは歌詞の話です。

この曲はエヴァの幾つかのアルバムに入っていて、私が最初に聴いたのは“ Live at Blues Alley”に収録されているトラック。長らくこれが私の定番でした。

その後、ベルウッドさんが「エヴァ・キャシディ(“Live At Blues Alley”と“NIGHTBIRD”)」という日記を上げられ2018年に“NIGHTBIRD”を購入しました。実はその2年も前に先に触れたゲオルグさんの日記があり、私もレスしていたのに忘れていたのです。

そのベルウッドさんの日記にある通り、こちらのCDの方が確かに音が良い。

ということで、暫く“NIGHTBIRD”ばかり聴いていました。
でも私には、少なくとも“Fields of Gold”については、“ Live at Blues Alley”のトラックの方が心に沁みるのです。

どうしてかな?ということで、この2つのトラックを何度も聴き、この比較試聴で「音を聴く」ことを考えました。

Evaのサイトに「Live at Blues Alley – The Backstory」という録音譚があります。
これを読むと、オリジナル・テープの録音は結構ひどいもののようですから、響きに乏しくエヴァの声もドライな“Live At Blues Alley”の方が素で「鮮度の高い音」なのかもしれません。ボーカルと伴奏楽器とのバランスや響きもかなり違います。

「非常にワイドレンジ」では全くありませんが、この二つのトラックの再生もまた楽しいオーディオ体験です。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

800D3を導入しました
800D3を導入しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch

2018年3月、1986年から(32年間)一貫してJBLをメイン・スピーカーとしてきたオーディオ・ライフに別れを告げ、B&W党となりました。2015年のピアノ購入時にオーディオ部屋(約30畳)をピアノに明け渡し17畳程度の今の部屋に移動して以来、私のオーディオはある意味、ダウンサイジングを進めています。この部屋は全くの専用室で、内装や壁内配線の手配をしたので、これまでより気ままに聴けるので満足…

所有製品