2Hくん
2Hくん
★第二次オーディオブームは終了したようです。オーディオ的思考が一時停止中(^_^;) 密閉型大好き人間です。ほぼ満足出来る水準に到達したと思います。凄い音はしないので、普通に聴くと物足りないかもしれ…

日記

最新の日記
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

お気に入り製品

最新の日記

らすと

 これが、間違いなくこちらへ記述するラスト記事です。
 ラストを飾るのはベルウッドさん邸訪問記となります。

*それから蛇足ですが、確定ではないものの、拙宅が今の環境で鳴らせるのももう終わりになります。部屋の整理をすることになりそうです。万一、拙宅への興味をお持ちのことがありましたら、12月中のみ対応となりました。




 ちょちょいと仕事のような仕事ではないようなもののためにお江戸へ赴いておりまして、どうにも当日に帰れないので翌日を有効活用しようと。オーディオショップに行っても得るものはあまりないし、ディスクショップも魅力的ではあるが――――やはり、お宅訪問が最も意義がある。
 以前お世話になったお宅への再訪もしてみたいが、、、、(´ε`;)ウーン…
 それよりも、もう二度お越しいただいているベルウッドさん宅にGOしよう! と思いつきまして、快諾いただいた運びです。


 お宅は十分わかりそうだったのですが、万が一間違えていたらと思って直近のコンビニ集合にしていただきました。
 東京に来ると毎度思いますが、自転車乗りにはいささか難儀な道路です。交通戦争に参加すら難しそうな(^^;) そこを電動自転車がすいすいと走っていきます。駐輪場にも電動自転車が多数。ホントの都心でも結構up downがありますし、これが現実的な移動道具なのかもなぁなんて思いながらお宅に着くと、大切に乗っておられる自転車がありました。美しいフレームですねぇ……。塗装も全然綺麗。うちのも大事にしないと。



 細々と機材に手を入れておられる様子はご自身で紹介されていますが、改めて紙面も用いて紹介いただきました。
 いやこれがまた綺麗な機材です。もう滅多なことでは手に入らないT4 Limited(特注品)。うちのの約10年先を行くGrandioso K1。自作の金田式軍団。いずれも足元から手を入れられてキチっとセッティングされています。ちょっぴり左SPが内側を向いていそうなのは、きっと左が壁に近いからでしょう。右はTVやラックがって空間があるようで、物がいる。その分音が分散されやすいのかな。左手は壁があって、その先は台所方面へ続くので、左右の条件としてはかなり異なっており、苦労される環境かとは推測しました。


 一発目がSera Una Noche!! うちも数回かけたことはりますが、初っ端というのは初めての始まり方かも。それからDSD音源やら岡山音会でもみんなで聴いてきた音源などポップなものに続き、徐々にグールドやらミュンシュやらカラヤンや、ら――――


 ドギャーン!! バシャーン!! って、……な、なんだか、爆音ではございませんか(◎_◎;)!!!??? 


 かつて微音クラブなどと嘯いていたのはなんだったのか(笑) うちの再生よりよほど大きいのでは!
 でもこんな音量でたまに動かすから、T4が低域まで再現するんでしょうね。ちょっと大きめブックシェルフとはいえ、ここまで低音が伸びるとは思いませんでした。確かスペック的には50~30kHzのギャランティだったでしょうか。こりゃ凄い。勿論ずっと爆音ではなくて必要に応じてなのですが、全体的に拙宅よりは少し大き目に感じる程度だったように思います。

 なんとも良いシステムです。勿論SPの素性が良くないとこういう音は出せませんが、そこまで使えるための前段が必要。さらに室内との調整も必要。全部に手をかけているから成せることなのでしょう。

ここには、音楽やオーディオへの愛があります。

 終盤は持参したCDもかけてもらいました。音会で使ったチェンバロのCDは、ハイレゾの方を購入されていたので正しく聴いてみたかった比較試聴を経験できました!
 結果としては、CDが箸にも棒にも掛からぬ( ゚Д゚)!! 圧倒的にハイレゾが良かった。
 次にChris MaeneピアノのCD。当然ストックをお持ちで、アルゲリッチの演奏と比較してみると、一層ピアノの音の違いが際立つ結果に。さらに、音の響きが違うためか、演奏そのものの構築も違うような感じでした。持ち込みCDの方が、ピアノの音がそもそも濁りにくいため、よりダイナミックにメリハリがつくというか。もしかしたらそれを強調してピアノ紹介も兼ねた演奏なのかも、、、なんて商業的なことも考えてしまいました。
 更に、ちょっと話題になった(?)Mobile Fiderity謹製SACDのthrillerと、2010年頃のただのCDのthriller。ベルウッドさんはCDの方を気に入られたようでした。僕としては主にダイナミックレンジの出方とビートのキレからSACDが好ましいですが、確かにどっちが80年代のオリジナルサウンドらしいのかというと分からないところ。どこかで極めて良質に再生されたオリジナルLPを聴いてみたいですね。
 最後に往年の名機GT-2000でもって松田聖子とエヴァ・キャシディを。結果、歌唱のギャップにビビる(笑) 怒られそうですが、サウンド云々よりそこが一番印象的でした(笑)

 こうしてあっと言う間に時間が過ぎてしまい、残念ながら辞することになりました。
 ベルウッドさんのシステムは、総じて声に張りがあって暖かめの音でした。ソプラノよりアルトの方が映えるのかなぁなんて思いながら聴いていました。音の力感でいうと拙宅よりは結構強め。一体どこでこう差が出るのかなぁ……(-ω-;)
 記事にもされていますし、リビングという環境で苦心して、一手ずつ付けたり外したりの試行錯誤をなさっているんだということはよくわかります。あれだけ左右の環境が違うのに、差異を上手に抑え込んでおられます。レゾナンスチップかな? も多数貼ってあったり。お部屋自体はかなり広いので、空間容積は効いているんだろうなと感じます。
 でも何より、物を非常に大切に管理されている。埃一つないつやつやピカピカの機材を見るのは、それだけでとても嬉しくなれるものですね。

 早速自宅に帰って手元のオルガン付き(DORIAN)をかけてみたりしていますが……デジタルアッテネータの音量が足りない(笑) プリの方をもっと解放すればあと20dBほどは上げられますが、もう夜なので不可能です。またいずれに持ち越しですね。


 今回はほんの数週間前の急な連絡にもかかわらずご対応いただき本当にありがとうございました。またもやオーディオにも音楽にもネジを巻かれた思いです。またいずれ、ご一緒させてください。





 それから。
 最後の、今年の一枚です。
 実はつい先週に、驚異のコントラバスマリンバと、ウルトラパーカッションが届いておりまして、ほほ~ほほ~なるほど~なんて悦に入っていたのではあるのですが、まぁ、これは全然意外でもなんでもない音源になってしまうので選外に。


 ということで今年はやっぱり、今回持ち込んだana recordsの大木和音です。ゴールドベルグではない方です。
 あとひと月にももしかしたら注文中のディスクがやってくるかもしれませんが、そこはもうここには書けません。
 ですから、今書くとしたら、今年の一枚はコレ。
 鳴らしどころは、低音弦に至るまですべての音階でベーンッ! と遅滞なく音が出ることでしょうかね。無茶苦茶鋭い音です。基音と倍音の位相がズレたり、音の駆動が悪いと鈍い音になってしまうかと推測します。五月蠅くてはいけない。分厚い音ですが、分厚く『なった』音ではいけない。音像は奥に定位し、さらに周囲のサワサワとしたホールの響きもいる。
 あくまで鋭くも柔らかい音が両立する必要がある録音。
 挑戦的な一枚とも言えそうです。
 ……お聞かせいただいたチェンバロの音源は良かったなぁ……。
 グールドも良かったなぁ……。



 それではオーディオファイル、音楽ファイルでここへ集った皆様へ感謝と挨拶を。
 これまで本当にありがとうございました。
 音元出版さん、ありがとうございました。

最新のレビュー/コメント

EB550Kbmiiipx

ACER

EB550Kbmiiipx(EB0)

¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)

発売:2018年6月21日

製品DBで詳細を見る

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

綺麗です(2Kのみで)

 ふとしたことで導入し、一月半ほど経過しました。テレビのために使っています。今後も使えるかなと思って4K対応、購入範囲内で一番大きかったこちら54.6型の液晶モニターを選ぶことになりました。もっと近い方が推奨なのでしょうが、部屋の奥なので4m以上離れて見ています。Blu-rayレコーダーをチューナー替わりにして、ほぼ地上波の録画、再生のみしています。
 シアター方面やディスプレイに全く凝っていない、素人感覚の感想です。9年前の42型プラズマからの交換です。

 ・ブルーライト対応ですが、橙色になるだけなのでoffにしています。
 ・HDRはON。
 ・AMDはON。時々勝手に輝度が変わっているように思います。
 ・スーパーシャープネスはON。でも、違いはほとんどわかりません。
 ・明るさは25-30程度。コントラストは50-70程度で少しずつ変更してみています。基本的にカーテンはしめて、間接灯程度の部屋です。
 ・その他細かな設定は触らずにいますが、色合いは違和感なく自然だと思います。
 ・半光沢ですが、若干光沢に近い方だと思います。遠目のテレビ用途だととても綺麗に見えます。はっきりしているので、あまり近いと目が疲れそうです。
 ・体感で、30度以上外して見ると青色っぽく変わってしまうので178度と謳っているほどは安定して見えません。
 ・4msの応答速度は、ゲームはしませんが、映画動画を見ていて優秀だと感じます。残像を感じなくなりました。
 ・夕焼けの暗転などでの色ムラが気にならなくなりました。
 ・静止画面には滅多にしませんが、焼き付きは感じていません。
 ・真っ黒や真っ白だと、隅の方は少し明るさムラが見えますが、普通の画面試聴中だと気になりません。
 ・今までレコーダーの最低画質の長時間録画は時々粗が気になっていましたが、見違えるほど綺麗に見えるようになりました。
 ・音量はこれだけ遠くても一桁台で十分届きます。初期設定が大きいので下げておいた方が良かったです。
 ・電源プラグはミッキー型でした。手持ちの電源ケーブルと交換するために変換プラグを用意しました。結果としては、以前のプラズマと比べ、ケーブルの交換の差が分かりません……。
 ・14kgほどなので、前のプラズマよりずっと動かしやすいです。
 ・電源ON/OFFの反応は悪くありません。
 ・リモコンは55サイズのみ添付のようです。
 ・以前のプラズマの時、画面が明るくなったりしたときにオーディオから「ブーン……」と音がすることがあったのですが、それはなくなりました。

 ★噂のブラックアウトが1ヶ月ほどしたところから出始めました。一瞬なので最初は、瞬目したかなと思ったくらいです。リモコンで電源ON/OFFすると今のところ解決します。現象が起こらないことの方が多いですが、一度起きてからは何度も繰り返しています。Amazonのレビューの様子からするとかなり確率の高い不具合かと思います。HDMIケーブルは安価ですが、シールド力を売りにした最新対応のバージョンを使用しています。
 ★★その後ブラックアウトは出ていません。数日間集中的に出ただけに留まっています。

 総じて満足しています。

【SPEC】●サイズ:54.6型 ●外形寸法:1241.6W×779.7H×237.4Dmm ●質量:約14.4kg

マイルーム

オーディオな音は求めない?
オーディオな音は求めない?
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

★第二次オーディオブームは終了したようです。オーディオ的思考が一時停止中(^_^;) どうもうちは一般のオーディオ好きとは違う独特のバランスなようです。 全然凄い音はしません。期待すると×です(笑) 凄い音は不要。 大音量も不要。 ただ、(音源に則して)自然に鳴る事が大事。 そういうスタンスです。でも凄い音も大音量も楽しいものです。 他、歌と太鼓が特に大事…

所有製品