にら
にら
雑食ですが、主にJAZZ(VO)や古めのSSW、ユルめのAORやアコースティックスイング系が好物です。最近は国内にも良質POPSがたくさんあって嬉しいです。

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

最新の日記

超音波自動レコードクリーナー「HumminGuru」

クラウドファンディングが終了し、一般販売に切り替わったタイミングで早速購入しました。ぼちぼち色々な人のレビューや解説動画が出回ってきていますので詳細は省きますが、個人的に感じた事などを書きたいと思います。


まずお値段ですが、本体と送料で3377香港ドル。日本円で約49000円でした。
そして到着が発注後5日とこれまた驚きの早さ。


とりあえず精製水が丁度一サイクル分ストックがあったのと、どうせ複数枚同時にやるだろうと思い乾燥台も購入しておきました。

最後に置き場所をどこにしようか、部屋狭いし色々と片づけないとな~と考えていたところ何ともナイスな収まりの箇所を発見!以前cuerexさんに教えて頂いたイケアのステップがピッタリ。
床からの距離もありホコリも防げるし、あたかも最初からこのために存在しているかのような収まりとデザイン(笑)下段にこれから掃除をするレコードを待機させたり精製水をストックするもよし、はたまた乾燥場所と共に段差でエリア分けすればワンパッケージにもなりますし、一体一石何鳥になるのでしょうか。cuerexさんありがとうございます。

【使用例その2】
上段:乾燥置き場、下段:本体(タテヨコがピッタリすぎ)、最下層:精製水ストックなど



動作音は噂通り静かです。
今まで超音波レコード洗浄機というと掃除機のような音の印象がありましたが、そんなレベルでは全くありません。
洗浄中たまに「キュキキキ」などと耳障りな音がしたりしますが(初期時だけなのか今後ずっとなのかは分かりませんが)そこだけほんのちょっと気になるレベル。
しかしそれでも音のレベル的には大したこと無いので、繊細な曲さえかけなければワンチャン洗浄しながらのリスニングも大丈夫だなシメシメと思いきや・・洗浄から乾燥に切り替わる脱水の音がブォーーーと中々激しい。こりゃさすがに再生中では気になりすぎてダメです。諦めましょう。レコ洗浄しながら音楽聴こうだなんてズボラにもほどがあります。
仕上げの乾燥音はうるさくはありません。
他の人のレビューを見ると、乾燥後も外周部に少し水滴が残る事があるのでティッシュで拭く必要がある、といった声もいくつかありましたが、自分のところでは特に不要でした。エアコンガンガンの冬の乾燥期だからかもしれませんけれども。


さて、再生してみます。
とりあえずこれまでにいくら洗浄してもパチパチ音が残り気になっていたこのアルバムから。
これはイイ!
この一枚(※Michael Franks / Sleeping Gypsy 中古/AOR及びソフトボッサの大名盤です)に今まで何種類の洗浄技を使ったか覚えていませんが、プチノイズが全く気にならず過去最高得点です。
光カートリッジに変更してS/Nと高域分解能がかなり向上しましたので、このようなケアはとても重要ですね。長年聴いてきたアルバムなので尚更良く分かります。
【※補足】こういう場合たまに思うのですが、今までの繰り返しの洗浄があったから今回完璧になったという可能性もあるのですよね。厳密にはノーケアの盤で比較しないとフェアーではありません。


あとモノ盤。
光カートリッジ購入で初代では鳴らなかったモノ盤もイケると前回書きましたが、正直のところ僅かにまだサ行のキツさやノイズ感が残っていました。
そして洗浄後・・序盤は最高!しかし後半がちょっと・・という結果に。
冒頭の一曲目だけは曇ったガラスを拭き取ったかのような劇的効果なのに、中~内周側にまだキツさがあるのでもしかしたらセッティングの問題かもしれない。
それでもとりあえず効果の大きさは十分感じました。



以上、ここまで初日のレポートでしたが、これは買って良かった製品今年度ナンバーワンですね。
あまりレコードのケアは得意じゃないけど光カートリッジを買う気満々のニッキーさん、これは買いですよ!
のびーさん。あ、もうポチってますね?




おしまい



【追記】
来年もこの場所が電研さんやトランスネタで溢れかえるのはいい加減食傷気味です。物の良い悪いではなく、一つの事で埋め尽くされるのは無関係の人にとっていかがなものかと・・メーカーさん独自の掲示板とか設立して欲しいくらい。
今年最後の日記になるかもしれないので個人的な心情で恐縮ですが吐露させて頂きました。気分を害された人いましたらごめんなさい。否定ではありません。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過去日記はこちら→にらの過去日記(抜粋)

最新のレビュー/コメント

MIT

Oracle Digital

¥168,000(税込)

発売:2005年12月20日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

国内販売終了が惜しまれる

ノードストのSILVER SHADOW、ACデザインのコンクリュージョンとの比較でした。3者の中では群を抜いて安定感ありました。MITはグレード関わらずどのモデルも音に色付けがなくニュートラル、そして価格に応じてオーディオスペックだけがしっかり上がっていくという、大変納得のいく製品群でした。特にオラクルシリーズは妙なイコライジングや個性もなく、強力にシステムの底上げを手伝ってもらってきたので、国内販売終了が非常に残念です。どこかの代理店が引き継いでもらえないだろうか。


※2012年、トラポP0-Sと共に売却

マイルーム

スペクトラルの超絶自然世界 ~音楽好きのオーディオです
スペクトラルの超絶自然世界 ~音楽好きのオーディオです
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音あり

6畳×石膏ボード二重のため狭いですが、少しでもエアボリュームをと天井高を3.3mに、床はコンクリートにタイルカーペット直張り(後にフローリングにしました)専用分電盤にしています。ソフトは壁面収納に、生活用品も置いてませんので何とか窮屈さを感じずいられます。(一人では) 現行機材(~過去使用遍歴) DYNAUDIO Confidence5→Special25→現在:C1(無印)&サイドプ…

所有製品