sebo
sebo
気楽にいい音で音楽を聴きたいと思っているだけですが、「いい音」の行き着く先が見えません。わかってはいましたが、金銭的な理由で「気楽になれない」自分がいます。気楽にという意味でタイトルに「ゆるい」と付け…

日記

最新の日記
日記はありません
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

最新の日記

日記はありません

最新のレビュー/コメント

RSP-301

SPEC

RSP-301

¥63,000(税込)

発売:2011年12月上旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

反則?

コミュのみなさんが「激変」といわれる手をいろいろやってきました(仮想アース、GPSクロック導入等々・・・)。改善するたびに「すごい!これで終わりだな」と思うのですが、数ヶ月たつと、どうも満足できません。基本的に音楽を聴くためにオーディオをやっているので、いつか終わりになると思っていますが、何が不満やらもよくわからず悶々としていました。いろいろ勉強させていただくと「インピーダンスマッチング」の話が目に止まり、「パワーアンプがスピーカーをうまくドライブできていないのが不満の原因ではないか」と思い当たり、試聴もせずに、感でこの製品を買ってしまいました。買って最初にセッティングしたときは高音が出ず、中低音の変な部分が強調されるようになり「失敗した」と、ネットで中古相場を調べてましたが、一週間ぐらい我慢して聞いていると、いつのまにかJAZZのウッドベースが「うなって」聞こえるようになっていました。音楽のノリが表現できるようになっていたのです。今ではようやく満足できるようになって、「機材への投資も終わりかな」と思える状況になっています(ムリ!?・・・)。しかし、この製品で解決しちゃったようなことは、本来アンプ等の機器選びで解決すべきことかもしれません。そういう意味で「反則?」というタイトルです。

【SPEC】●スピーカーの適合インピーダンス:10Ω以下が望ましい ●アンプの最大出力:1kW 以下が望ましい ●外形寸法:100W×47H×117Dmm ●質量:約 245g

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品