sunken
sunken
メインスピーカーをウイルソン、アンプをジェフローランドで、4K映画、オブジェクトサラウンド、ピュアオーディオマルチを楽しんでいます。 オーディオ歴は30余年。 ビデオ歴も30年。

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

ファイルウエブ コミュニティ― お疲れ様


このファイルウエブコミュニティーが11月30日で終了と言う表示を見ました。

オーディオ好きの一風変わった人たちが集う稀有な場所として楽しんできました。
何しろ、オーディオが好き、と言うだけでも少数派。
ましてや、LPだ、アナログだ。
いや、CDだデジタルだ。から始まり、ステレオだ、マルチ、サラウンドだ。
ハイエンドなんて関係ない。
良い音が出れば何でもよいのだ。

まさに百花繚乱。

自由な意見の集合場所だったここファイルウエブ。

奇しくも、Hivi(出版社が違うけど)が月刊を取りやめ、季刊に変更。
ホームシアター、マルチチャンネルの楽しみの発表の場が、だんだん少なくなってくる世の中です。
中華の世界侵攻作戦で、デバイス工場が火打ちにあい、デバイス供給不足に陥り、世界も日本も製品生産が少なくなってしまっている昨今。AV機器も生産できず。オーディオビデオ不況でメーカーが破綻、さらに愛好家が減少という負のスパイラルに陥ってしまってます。

もとよりハイエンド系のコンポーネントは、その生産数が大量生産、大量消費というマスプロダクトの資本主義とは違う世界の趣味の領域。
世の中には金持ちは存在していて、少なからずハイエンド製品は売れているのが現実。高価なフェラーリ、ランボルギーニ、ジャギュアなどもコンスタントに誰かが買っている。

ハイエンドだけではなく、いわゆる普遍的なオーディオの楽しみも永続するでしょう。クラシックが継続するように音楽には人を魅了する力があります。その演奏を再生する楽しみもまた継続するはず。

そんなこんなのいろいろな意見の発表の場が11月でおしまいとは、これもまた時代なのでしょう。

こちらの出版会社は、ホームシアターファイルでしたか?
出版業もスマホに押され紙媒体での出版と言うのが業界全体で落ち込んでいる時代。
ただ、大判の雑誌。グラビアなどは相変わらず力を持っており、素敵なコンポーネントもプロのフォトグラファーで撮影するとそれは芸術品のように映えるものです。

やはり大画面で、大迫力のサラウンドサウンドで、好きな映画を好きな時に楽しみたい!というぜいたくな望みはかなえられるべきもの。
映画館に行くのを42年前にやめたのは、1980年レーザーディスクが発売され、スターウオーズのキラーコンテンツで好きな映画を思う存分自宅で楽しめる!という一大キャンペーンがあったからです。
その当時は、ブラウン管TVで、22型で大型、27型はステータスの時代。サラウンドもNECのマトリックスサラウンドが出た走りの頃。(その頃長岡鉄男氏はすでにマトリクスサラウンドやってましたね。NECのはその製品化のようなものでした。)

今の若い人、スマホで、イヤホンでやっている人たちに、ぜひ大画面、大音量の楽しみを伝道していきたいと思っている趣味の人たちは多いと思います。

11月末までのこの場ですが、私の仕事も少し楽になったので、最後のお疲れ様を言うまで、もう少しお付き合いしてみたいと思います。

最新のレビュー/コメント

SC-LX901

PIONEER

SC-LX901

¥430,500(税込)

発売:2016年9月上旬

製品DBで詳細を見る

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

パイオニア最後の華?

パイオニアの会社としての終末期に登場したAVアンプ。
4KUHD、アトモス、DTS-Xなどを再生可能にしたアンプ。
プリアンプモードで素晴らしい音声を聴かせる。
映像は、スルーでも4KUHD信号を通す。
なんといっても、MCACCPROの効果が素晴らしい。
音の良さで私の評価が高かったマランツAV8803も真っ青です。

次のフラッグシップ機が発表された2019年末、会社としての機能を停止しつつあって、製品として発売されないかもしれない現在、最後のフラッグシップ機になるかもしれません。

パイオニア技師平塚さんのこれからの活躍を祈念いたします。

【SPEC】●パワーアンプ チャンネル数:11 ●パワーアンプ方式:ダイレクト エナジーHD ●多チャンネル同時駆動出力:880 W (11ch同時駆動時) ●入力端子:アナログ×7、アナログコンポーネント×2、アナログコンポジット×2、光デジタル×3、同軸デジタル×2、HDMI×8(フロント1含む、うち5入力が HDCP2.2対応)、USB×1 ●出力端子:アナログコンポーネント×1、HDMI×2、ヘッドホン×1 ●電源電圧:AC100 V・50Hz/60Hz ●消費電力:340W ●待機時消費電力:0.15 W(スタンバイ状態)/2.5 W(ネットワークスタンバイ ON時) ●外形寸法:435W×185H×441Dmm ●質量:18.2 kg

マイルーム

おやぢのAVルーム
おやぢのAVルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~120型 / 8ch以上

SPウイルソン フロント システム6 リア システム5.1  センター ウオッチセンター  SW リンAV5150 アンプ ジェフローランド モデル9DC モデル8SP アハ!プロローグ6 ジェフローランド コヒレンス コヒレンス シナジーⅡi AVプリ デノン X6700H  プレーヤー エソテリック UX-1 パイオニア UDP-LX800

所有製品