ブルースブラザース
ブルースブラザース
ジャズ、クラシック、ロック、フォーク等なんでも聞きます。 最近のJポップは、まったく聞きません。 20才の頃1年間猛烈に働き、あこがれのJBLランサー101を手に入れてから本格的にオーディオ人…

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

最新の日記

アレサフランクリン(Aretha Franklin)

連日、北アルプスを始めとする山岳で登山者の遭難報道がされています。
登山とは、誰でも出来るものではありません。
それなりの知識と経験そして体力が必要です。
例え、低山でも天候が急変すれば、即 死につながります。
心構えがない人間は、山に登るな。

オールディーズ(OLDIES)第7弾。
前回のアーチーズ(The Archies)に続いて9月のポップスアーティストは、アレサフランクリンです。
ゴスペルシンガーとして活動していましたが、そのソウルフルな歌声から世界中で評判になり、
その地位を築いて、押しも押されぬスターになりました。

「Aretha Live at Fillmore West」
01, リスペクト(respect)
02, 愛への讃歌(love the one you're with)
03, 明日に架ける橋(brigdg over throubled water)
04, エリナ―リグビー(eleanor rigby)
05, ふたりの架け橋(make it with you)
06, ドントプレイザットソング(don't play that song)
07, ドクターフィールグッド(dr.feelgood)
08, スピリットインザダーク(spitit in the dark)
09, スピリットインザダーク(spitit in the dark) reprise with ray charles
10, リーチアウトダンドタッチ(reach out and touch) somebody's hand"


映画「ブルースブラザーズ」にもレストランの女店主として出演していました。


月齢:17
天候:晴れ
気温:18℃

ひとりごとーその480

最新のレビュー/コメント

DL-103SA

DENON

DL-103SA

¥73,500(税込)

発売:2007年1月25日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

フラットな周波数特性

久しぶりのデノンサウンド。
約40数年振りにデノンの音に触れる。
当時はデノンとは云わずデンオンと呼ばれていた。
アルファベットで書くと”DENON”、漢字で書くと”電音”でした。
当時所有していたのは、DL-103、DL-103S、DL-103Rの103シリーズ。
でもこのDL-103SAは初めて。
しかし物価の上昇だろうか?随分と価格が上昇している。
私が多用していた時代は、1万円~1万8千円ほどと記憶している。

音の特質は、
一聴して色付けのない純度の高い、フラットな周波数特性を感じる。
流石、放送局用に開発されたピックアップカートリッジ。
昔はノイズっぽく感じたが、今は微塵もない。

試聴に使った盤は、マドンナに

ジャズを一枚

もう一枚は、年末らしく店長さんから頂いた第九

そしてもう一枚は、津軽三味線


オールラウンダーらしく、どんな音源でも”卒なくこなす”
これが長く愛される所以でしょうか?!
ただもう少し出力電圧が大きければいいのだが!
しばらくは常設して使って行こう。


このカートリッジも店長さんからの頂き物です。

【SPEC】●出力電圧:0.25mV ●再生周波数:20Hz〜45kHz ●インピーダンス:14Ω ●針先:16.5ミクロン丸針 ●コンプライアンス:5×10-6cm/dyne ●針圧:2.5±0.3g ●自重:8.5g

マイルーム

ひとりごとルーム
ひとりごとルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch

2016年春、神奈川からここ長野へ引っ越して来ました。 これを機にユーザー名を28号からブルースブラザースへ改名。 2018年10月から年末に掛けて大幅にシステム変更を実施。 スピーカーをSYSTEM-7からDUO XDに変更それに伴いアンプをEsoteric M1へ。 またアナログプレイヤーを一部変更。 マイルーム更新(2019年3月23日) プリをLEVINSON №32Lから…

所有製品