K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

WOWOWスタジオ見学ツアー - わかったこと/わからない(わからなくなった?)こと

WOWOWスタジオ見学ツアー、私には大変貴重な体験になりました。

スタジオでお迎えいただきましたWOWOWの入交さん、Auro-3Dの浜崎さん、MQAの三上さんには大変感謝です。
また、コーディネートいただいたAuro3Dさんと幹事長のグランドスラムさんにも大変お世話になりました。

見学させていただいたスタジオは録音した音源を編集してマスター音源にまとめるための部屋。私にとっては初めて訪れる場所で部屋の音響や使用機材はなにもかもがもの珍しく感じられました。
音はこういう現場で作られているんだということが分かったことが大きな収穫。

Front側

Left Surround側

部屋の広さは説明いただいたような気がしますが、失念しました。(^^;)
感覚的には広さ30畳程度、天井高3mちょっとくらい。
これについては参加者のどなたかに正していただきたいと思っています。

残響時間は0.3~0.5秒程度とのことでしたが、もっと短く感じました。
拙宅の石井式の音楽室が完成時の測定で0.4秒弱程度と記憶しているのですがそれに比べると明らかに短く感じられたからです。
マイク無しで解説された浜崎さんの声や質問させていただいた時の自分自身の声の響きのなさにちょっと驚きました。会話しやすい環境ではないと感じました。
いままで訪問したAudio Phileの皆さんの部屋ではこんなに残響の少ないところは経験していません。
この残響の少なさに匹敵するのは私の経験では某プロジェクターメーカーの視聴室かシネコンくらいのような気がします。

使用スピーカーはAuro3Dさんが前にかかれていたようにMusikelectronic geithain製。
フロントのLCRがたぶん3wayのRL901K


その他はたぶん2wayのRL904


どちらもアクティブ型、アナログチャンデバで周波数分割を行い複数のパワーアンプで駆動するマルチアンプ形式だと思われます。
ここで生じる疑念は各帯域のSPユニットの振動板位置が揃っていないのでインパルス応答はベストの状態にはなっていなさそうだということ。
3wayのLCRと2wayのその他では中高音の位相整合は完全ではなさそうに思えることです。

実際に聴かせていただいた音は極めて安定感のあるものでその揺るぎなさは一般家庭で聴く音とは次元の違いを感じさせるものでした。
サン・ピエトロ大聖堂のミサでのオルガン、聖パウロ教会における西本智実のベルディのレクイエム、広上淳一、京都市交響楽団のマーラー千人の交響曲の迫力は凄かった。
でも、ボブ・ジェームス・トリオのドラムスのハイハットやベースの撥弦でやや繊細感が欠けるかなぁという感じを持ちました。

入交さんのお話の中でちょっと意外で気になったのはファントム定位、特にLCRとその他の間のファントム定位についてあまり気にされていないようだったことです。
1Fと2Fのファンタム定位を確認するツールも特にないし作ろうというインテンションも特にないようですし…

私自身はマルチchサラウンドを始めてから今までの改善の歴史は各ch間のファンタム定位改善に終始していたような気がしていますので、えって思いました。
あのスタジオではSPの物理的位置を基準リスニングポイントに対して調整することでDSPによるタイムアライメント調整はしていないということでした。でも2Fスピーカー群は球面配置ではなく円筒配置なので基準ポイントから等距離にはならないし…
(あ、2FのSP群についてはタイムアライメント補正していたんでしたっけ?記憶があいまいで思い出せません。参加者のどなたかに補足していただきたいです。)

AVアンプでタイムアライメント補正しても基準位置に座った人だけしか合わないし、体が動いたら合わなくなるから…と言った説明もされていたと思うんですが…
私としては今回参加した方のほとんどはいつも一人で聴いているのでやはりタイムアライメントは合っていた方がいいと思うのですけれど…

あの場では細かいところまで議論できなかったので、いまだにモヤモヤしています。

私としては少ないSP数でもファンタム定位を正確に調整することで空間を表現できる方向を希望しているのですが、ファンタム定位に注力するよりもSPを増やすことで力づくでまとめてしまうというが流れが強いようなのが気になるところです。

以前どこかでファンタムのパラドックスという表現で書いたことがあるのですが、ファンタム定位の正確性を気にしなくてもいいようにSPを増やすと増やしたSP同士の位相不整合が原因のファンタム問題が生じると言ったファンタム地獄(ファンタム沼?)に陥るのではないかと思ったりするのです。

そしてもう一つ。
以前Auro3DさんがDirector's intention VS Listener's intentionについて問題提議されていました。
私はそれを読んだときは自分自身はDirector's intentionをめざしていると思ったのですが、今回このスタジオの音を聴いてこの音がDirector's intentionなのだとしたら私はこれを目指してはいないと思ったのです。
このスタジオの音はやはりマスターを作成するためのモニターのための音なのだと感じました。音楽を楽しむというよりあらさがしをするための…
この残響時間の短い部屋では私にとって音楽を楽しめない。
もうちょっと繊細さも欲しいし…、
私自身はAuro3Dさんほど官能的な音を求めているわけではないのですが(笑)、これではちょっと禁欲的すぎる。
さらに付け加えると今まで訪問させていただいたAudio Phileでこのスタジオの音を指向していると思われる音を出している方を私は知りません。
そんな人いないんじゃないかと思います。
なぜAuro3Dさんがあんなことを話題にしたのか今やっとわかったような気がします。(笑)

とりとめのない話になってしまいました。
結論はありません。私の頭の中は混乱したままです。
もう少し時間が経てば頭の中を整理できるのか…あまりできそうにありません。(笑)

この記事へのレスでアドバイスをいただいたとしても私にはそれに反応することは難しいかもしれません。
どうぞご容赦ください。

最新のレビュー/コメント

YAMAHA

GT-2000

¥138,000(税込)

発売:1982年頃

このモデルは生産を完了しています

製品DBで詳細を見る

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

アナログ全盛末期の究極低W/F、高S/N DDプレーヤー



このプレーヤには個人的事情から思い入れが強すぎて、いわゆる"レヴュー"は書けません。

その事情はこちら

よろしければ上記blogの次の記事も少しお読みください。

GT-2000はアナログ全盛時代末期の究極の低W/F(ワウ・フラッター)、高S/Nプレーヤーのひとつだと思います。
GT-2000はダイレクトドライブ方式のプレーヤーですが、同じダイレクト方式でもTechnics(現Panasonic)のSP10シリーズなどは積層コア使用モーターのため、どうしてもコギングから逃れられません。
このGT-2000やKENNWOODやPIONEERなどの後期のADプレーヤーはスロットレス方式のモーターなのでコギングフリーです。

ベルトドライブ方式では、モーターのプーリーやベルトがかかるターンテーブルの真円度などの機械的精度、ベルトの厚みムラなどの影響でDD方式並みのW/Fを得ることは一般的に見て困難です。また、高速モーターなので振動のため高S/Nも難しい。
アイドラー方式に至っては…

ただ、実際の音については高級ベルトドライブプレーヤーと比較したことがないので私にはコメントできません。トーンアームの影響も大きいので…

PhilewebにはGT-2000シリーズを大事に使ってらっしゃる方が多いのでうれしく思っています。

【SPEC】
<モーター部>●駆動方式:DCコアレスホールモーター ●回転数:33 1/3、45rpm
<アーム部>●方式:スタティックバランス型(1周3.0g、0.1gステップ) ●有効長:262mm ●オーバーハング:14mm ●トラッキングエラー:-1゜〜+2゜ ●高さ調整範囲:+10、-6mm
<総合>●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:7W ●外形寸法:545W×230H×395Dmm ●質量:28kg

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch

石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~hs-500/Status.htm 1968年に発売された日立のHS-500という古いスピーカーを中心に構成されています。フロントはHS-500を2段重ねにした仮想同軸のVertical Twin…

所有製品