ケニティー
ケニティー
山梨県在住。2013年10月3日(木)に B&Wのスピーカー 805Diamond Limitedを導入して新しいオーディオライフを楽しんでいます。 プリメインアンプ:SANSUI α907 Lim…

日記

最新の日記

昭和の雰囲気と人情の町 CENYA邸訪問記(クールポコ事件)

前回のgenmi邸訪問記の続きです。
今回はCENYA邸訪問記を綴っていきます!


2年ぶりの越谷は、昭和の香り漂う閑静な住宅街・・・
飲み屋街・・・
とてもホッとする雰囲気のある場所です。

久しぶりに感激に浸ってしまいました。




さて、今回のCENYA邸の目玉は何と言っても
新しくなったスピーカー「エロナーデ」!

どんな音が飛び出すのか?楽しみに CENYA邸を訪問させて頂きました!




お部屋に入ると最初に見えて来たのは
スピーカー外側のツイーターとウーファー



スピーカーの内側にもツイーター
そしてスピーカーの裏側にもツイーターらしきユニットが・・・


紛れもないCENYAさん唯一無二のスピーカー ここにあり!
正面から見ても、横から見ても 木の質感が似合っていてとてもカッコいい!


ここまでやり遂げるのに私などでは想像できないくらいの
苦労があったと思います。

スピーカーが完成してからも
設定できる箇所が多い分 無限に調整出来てしまうため
音をきちんとまとめるのに苦労されたそうです・・・
何事も逃げずに果敢に挑戦し、最後までやり遂げるCENYAさんは
男としてもカッコいい!


ケーブルやスピーカー、その他のほとんどが自作のため
自身のシステム 固有の音なのか 録音に含まれている音なのかを
切り分けて 確認してから
その後の調整に活かすことを重要視していると
お話されていたことが印象に残っています。



さて、CENYA邸の音は如何に?

①八代亜紀 「雨の慕情」
②幾田りら 「SWEET MEMORIES」

ぶ厚いベースがしっかり解像度を伴って鳴っていますね!
以前よりも中低域が充実していることが一聴して分かりました。
音色にも色彩感が伴って良い感じに仕上がっていました!


genmiさんと半分ずづ交代しながら聴くようにしながら
オフ会を進めていきました。

③岡村孝子 「夏の日の午後」
④柴田淳 「ラブ・イズ・オーヴァー」


トップバッターは私からです・・・
しかし、あろうことか初球から居眠りしちゃいました(汗

ふと目覚めて genmiさんと交代しなければ・・・

そして今度も私の順番です。


次こそ ちゃんと音の傾向をつかんで・・・やる・・・

また爆睡です(汗
前日遅くまで仕事をしていたのと長旅で疲れているし
年齢もおじさんなので、仕方ないか・・・

でも せっかくCENYAさんが苦労を重ねて作り上げた音を真剣に聴かねば
申し訳ない。

次にgenmiさんと交代すべく 膝をトントン・・・
あれ? 反応がない・・・(汗

genmiさんも寝とるがなぁ(汗

私は3回以上寝とったけど・・・(爆


皆で持ち寄った音源も一通り聴き終えた頃に
genmiさんがスピーカーの位置をもっと広く、奥の壁側に配置してみては?

音の存在感があり過ぎで 近すぎる気がする
とのご指摘がありました。


私は それよりも何よりも 正面で聴くと寝てしまう現象に
頭を悩ませ、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
せっかく聴かせてもらっているのに
ごめんね CENYAさん・・・



その後 CENYAさんが ポツリ
「あ・・・右側のツイーターから音出てないや!!」


・・・
・・・・・・・・・


「な?なな?? なぁ~~にぃ~~~!? やっちまったな~!!!」


クールポコのお株を奪う【やっちまった事件】が発覚した瞬間でした(汗
ポコさんの雄叫びがしばらく脳内を駆け巡っていました。

最初に聴いていた音は ドラクエの呪文で言うところの「ラリホーマ」。

※ ラリホーマとは、「ラリホー」よりも高確率で複数の敵を眠らせる恐ろしい呪文。
しかも 元気で明快なgenmiさんを眠らせるほどのツワモノ


突然の出来事と呪文の余韻の中で
genmiさんとCENYAさんが何を話されているのか内容が入ってこず
しばらく放心状態でした。


博学で優しい気遣いの出来る男
律儀でユーモアに富み 時々 おっちょこちょいをする人間味・・・
それが CENYAさんなんです(笑


気を取り直して
仕切り直した新CENYAサウンドは
広い音場となり圧倒的に鮮度が増して
優しいボーカルの中にも芯があり、色彩感のある音に溢れていました。

新しく生まれ変わったスピーカーによって
中低域もしっかり出るようになって、特に女性ボーカルが優しく囁くような
耳をくすぐるような心地よさもある!

おおお! いい!!!


CENYAサウンドの真骨頂 ここにあり!
女性ボーカルをニヤニヤしながら聴いていました。

仕切り直した後は 一度も眠気は来なくて コクりともしませんでした。
やはり体調のせいではなかったようです・・・

芯と色彩感あふれるサウンドに中低域の充実感を伴って
CENYAさんも新たな扉を開いていらっしゃいました!


余談ですが
genmiさんが最初に感じていた
音の存在感があり過ぎで 近すぎる気がする
というのは ツイーターの音が出ていなくて、中低域の音だけが強調されていた
結果に由来するものでした。


そんな事件も3人で談笑しながら
時は過ぎていくのでした・・・



次回は
●宮本浩次のエキゾチック男祭り 「白いパラソル」
●腹ボイス祭り:中島みゆき、中島美嘉・・・
●鼻腹ボイス祭り:竹内まりや、徳永英明・・・


ケモティーサウンドをお楽しみください! 

最新のレビュー/コメント

SANSUI

AU-X1111MOS VINTAGE

¥400,000(税込)

発売:1988年頃

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

購入後1週間の感想

率直な感想を述べますと、私はこのような音は今まで聴いたことがなかったです。
私の経験不足ということも往々にしてあります(汗

広大で厚みのある中低域が、音楽の要所(フォルテシモ)の部分で一気に解放される表現力に圧倒され、それが最大の魅力だと私は思います。
ピアノの音もキン付かず、澄んだ響きを奏でてくれますのでピアノだけでも飽きずに聴けてしまいます。

私のセッティングや部屋の状況も影響していると思うのですが、女性ボーカルで張りのある高域でややキツく感じる傾向があるのと、低域でもある帯域でモヤッとした感じもあります。
いつもというワケではなく、それ以外はとても分解能に優れた深みのある低域を出しています。

ブックシェルフスピーカーから出ている音とはとても思えません。
音色の濃さ、音場の広さ、fレンジ、Dレンジが広く表現力に満ちたアンプです。

A級アンプ、デジタルアンプに関わらず、似た傾向のある製品があれば次もこの音を基準に選択したいと思っています。
ラックスマン(590AX)やTRIGONのアンプも良さそうです。

【SPEC】●型式:マスターインテグレーテッドアンプ
<パワーアンプ部>
●実効出力(10Hz〜20kHz、両ch動作):150W+150W(6Ω)、110W+110W(8Ω) ●ダイナミックパワー:320W+320W(2Ω)、240W+240W(4Ω)、190W+190W(6Ω) ●全高調波歪率(10Hz〜20kHz、実効出力時):0.008%(8Ω) ●混変調歪(60Hz:7kHz=4:1、SMPTE):0.008%(8Ω) ●ダンピングファクター:200(8Ω) ●周波数特性(1W):DC〜300kHz(+0dB、-3dB) ●入力感度/入力インピーダンス(1kHz):1V(5kΩ) ●S/N比(Aネットワーク):115dB以上 ●ヘッドホン出力:400mW(33Ω) ●負荷インピーダンス:4〜16Ω
<プリアンプ部>
●入力感度/入力インピーダンス(1kHz):Phono MM:2.0mV/47kΩ、Tuner、CD、Tape Play 1、2、3、Line1、2:150mV/47kΩ ●最大許容入力:Phono MM:200mV(1kHz) ●出力電圧(1kHz):Tape Rec(PIN):150mV/47kΩ ●出力インピーダンス(1kHz):Tape Rec(PIN):600Ω以上 ●S/N比(Aネットワーク):Phono MM:88dB以上、Tuner、CD、Tape Play1、2、3、Line1、2:110dB以上
<その他>
●定格消費電力(電気用品取締法):350W ●外形寸法:470W×178H×486Dmm ●質量:35.1kg

マイルーム

オーディオ大好き
オーディオ大好き
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

2013年8月初旬にネットワークオーディオを導入して、かつてのオーディオ熱が再発しておりますw 更に、スピーカー(B&W 805D Limited Edition)に魅入られて購入しちゃいました(汗 805Dについての情報など、こちらのコミュニティで参考にさせて頂きました。 また、より良い音を求めて意見交換などもしていきたく、マイページを作成しました! どうぞ、よろしくお願いいたしますm(…

所有製品