「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
ふえやっこだい
ふえやっこだい
1960年代生まれのAVファンです。

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

最新の日記

nebt une UB9000

2chの個人的評価 : 2chはほぼ聞かないのですが、
やってみました。

主観的な上に、音は繋ぐアンプやDAC(特にデジタル接続)
によって変わります。

パワーアンプはフロント左右にM5000R1台ずつ(アクティブ
コントロールGND接続)計2台スピーカーはsonyのss-5ESpe

①アンプが以前のCX-A5100+UBZ1の時

  アナログ接続70点>>同軸接続50点>HDMI接続40点

②アンプが今のCX-A5200+ノーマルUB9000

  アナログ接続80点>同軸接続75点>HDMI接続70点

③アンプが今のCX-A5200+neb tune UB9000

  ○アナログ接続 85点
普通に良い音だが、やや音がほぐれてない

  ○HDMI接続 90点
   音に厚みがあり、響きが出て消え際がほぐれている 
   厚みはHDMIケーブルの9150ESの特徴かも。

   映画でも力強い音になり画質も透明感が向上。
   疑似4Kだが、ネイティブ4Kかと見まがう画質。

  ○同軸接続 95点
   ボーカルの舌の動きが分かるくらいにほぐれている
   ケーブルが安物なので良いのに変えてみたい
   2chハイエンドの方からすれば70点かもしれないが
   私的には満点に近い。

個人的感想
 プレーヤーのDACを使うアナログ接続で音質を高めるには
 DAC以外の部分でプレーヤーに相当な物量をかけたチューンが
 必要なのだろうと思いました。

 実際に30万円を超えるCDプレーヤーはそうなっていると
 思います。17万円で買ったUHDユニバーサルのプレーヤーでは
 メインでない2chアナログ出力にかけたコストは僅かだと思われ
 2chの高音質化は限界があると思います。

 プレーヤーをデジタル出力でトランスポートとして使った場合
 プレーヤーの差はほとんどないと思っていましたが、そうでは
 ありませんでした。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

漆黒の大海に浮かぶ色彩の世界
漆黒の大海に浮かぶ色彩の世界
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / ホームシアタールーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン130型以上 / 8ch以上

人物の感情が吹き出して来るような生気のある肌、漆黒の宇宙空間に煌めく 無数の星屑を表現出来るD-ILAの映像が好きです。 JVC特有の三次元映像は130インチカーブドスクリーンと相性抜群。

所有製品