「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
MF
MF
PCオーディオまであらゆる再生方法を実践して音の違いを楽しんでおります。

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

NVIDIA RTX3090デュアルを試す

Harubaruさんがformulaを導入されたのには驚きましたが・・・
その後、以前からやろうと思っていたRTX3090のデュアルを試してみました。
試すには既存のATX電源750W+850Wでは足りないのでもう一基850Wを追加しました。

以前は、
マザー(formula)+1660super(PCIE経由75W)に750W
CPU・3090+1660super(外部給電75W)に850W
2基のATX電源仕様でしたが
そして今回、
マザー(formula)に750W
CPU・3090に850W
3090に850W
3基のATX電源仕様となりました。

3基目のATX電源は3090と一緒に外部に設置です。
以前の仕様ですとマザーの電源にPCIE経由で1660superの給電を行っていましたが、今回の仕様でマザーからGPUの給電は一切なくなり、電源容量は更に余裕がある状態となりました。
750W+850W+850W=2450W・・・笑
roon再生時に120W程度しか使いませんが、この電源の余裕は確実に効果ありと実感をしております。
ただ通常家庭用100Vの電源タップは1500Wまでが対応ですので、フルパワーで使用したら確実にコンセントから火を吹くのでご注意ください。
3Dゲームで3090一枚フルパワーで使用しても470W程度なので2枚でも1500Wを超える事はないので問題ないですけどね。
そしてopenGLでプログラミングされているroonですが・・・
GPUの設定画面にopenGLレンダリングの設定があり・・・

ここで3090を2枚処理するように設定が可能です。


そして3090デュアル仕様のformulaの音は・・・

これを聴いてDACがZENDACとは信じられないかと思いますが聴かないと分からないですね・・(笑)

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品