うつみくん
うつみくん

日記

お気に入り製品

最新の日記

クリプトン製アクティブスピーカーKS11導入しました。

さて今回はデスクトップAVシステムの改良をしました。
KS-1HQMからの買い替えでKS11導入しました。

届いた箱を開けるとさらに中にもう一個箱があります。なかなか厳重な梱包です。

見かけはKS-1HQMからほとんど変わっていません。台が無くなったぐらいですね。

今回導入にあたり、2つのアイテムを追加しました。
オラソニック製小型製品用オーディオボード。16㎝×16cm×2cmでちょうどいい大きさです。台が無くなり高さが不足するためです。
モガミの2893 3.5mmステレオミニケーブル1m映画用音声に光ケーブルを使えなくなったのでアナログ音声ケーブルを購入しました。

底のほうには大きなインシュレーター。設置はKS-1HQMと比べると台が無い分かなり手軽に設置できます。

KS11になっても電源は完全に切れないため電源スイッチを使うのは前と同じです。

音はかなり改善が進んでいまして、落ち着いて柔らかいのですが響きなどの描写がしっかりしていて音楽に浸れます。硬い感じが高域にKS-1HQMはあったのですが耳に付く違和感のある音は皆無になっています。耐入力も向上していてかなり音量を上げて聴けるようになりました。
デスクトップAVだったら私的にはこれ以上いらないですね。
KS-1HQMから買い替えでもかなり満足度高いです。
メインのマランツとはまた違った意味でいい音が楽しめます。
Bluetoothも付いていていろいろ遊べます。

最新のレビュー/コメント

705 S2

B&W

705 S2(700シリーズ)

ローズナット:¥320,000/ペア、ピアノブラック:¥336,000/ペア

発売:2017年11月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

使用環境をかなりの覚悟で整えないとまともに鳴らない。

ここしばらくやっとまともな音になったという状況です。レビューいたします。

電源をブレーカーからオーディオ専用の回線を引いた段階でやっと普通に音が出ました。
まあ、普通に家庭用電源で使っても普通レベルの音が出ることすら無いと断言いたします。

一軒家に住んでいたからこそ、専用電源が引けましたが、アパートやマンション住まいの方は電源環境に問題が出るように思います。B&Wスピーカーはそういったところでは完全な音で再生できないと思います。

それなりの覚悟を持って使っていかないとこれを使うのは苦しいだけとなります。
システムを詰めれば詰めるほど音にそれが正確に現れます。まともな音を目指し頑張る覚悟のある人だけが使えるスピーカーです。自分がしていることが良いか悪いか正確に返事が返ってきます。それに耐えられない人は使うべきではないと思います。

800シリーズと比べれば700シリーズはまだシビアなところが少なく優しい側面があります。B&Wのスピーカーの中では鳴らしやすい方になると思います。

世の中にはB&Wより扱いやすく音のいいスピーカーはあると思います。苦しい道を選ぶより他のメーカーのスピーカーを使った方が効率的かもしれませんね。

【SPEC】●型式:2ウェイ・バスレフ型 ●使用ユニット:φ25mmデカップルド・カーボン・ドーム・トィーター×1、φ165mmコンティニュアム・コーン・ベース/ミッドレンジ×1 ●周波数レスポンス:50Hz〜28kHz ±3dB ●感度:88dB spl (2.83Vrms, 1m) ●高調波歪率:2次及び3次高調波歪 (90dB, 1m)<1% 100Hz〜22kHz,<0.5% 150Hz〜20kHz ●公称インピーダンス:8Ω ●推奨アンプ出力:8Ωでクリップしていないプログラムで30W - 120W ●外形寸法:200W×340H×285Dmm(脚部含まず) ●質量:9.3kg

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品