miya
miya
あくまで音楽を聴くための手段としてオーディオを愉しみたい。 グルメ同様、評価基準は自身の感性との整合度。感性なんて十人十色。分析的な出音よりも響きが感じられて情緒的な耳当り優しい出音が好みです。 …

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

最新の日記

測定と聴感

測定と聴感ついて、物理屋さんとして1つの見解を述べてみようと思います。

まず見解の前提となる物理法則という概念についてですが、物理法則とは決して現実世界を正しく表現するものなどではありません。
あくまで「現実世界を何かしらの意図に基づいて単純化して有限のパラメータで表現(モデリング)することにより、物理現象を程よく近似(シミュレーション)できると多くの人に認められているロジック」という、ただの条件付近似解の算出方法にすぎません。
そして物理現象の直接的な観測或いは物理法則による間接的な近似解算出のためのパラメータ導出の手段の一つとして、測定、つまり「基準単位を定義した際の基準単位との相対比率を数値的に示す手段」があります。

ここで大切なのは、オーディオの音質の良し悪しというものを体系的に「程よく近似するロジック」は、未だ誰も定義出来ていないという事実です。
というのも、認知関連の理論も徐々に発案されてきてはいますが、それでもオーディオの音質は元より写真や絵画の良し悪し、果ては料理の味など、観測者たる各人が保有する価値観という前提条件が大きく作用する「美」というものに関する感じ方については、未だ有効なモデルが生み出されていない現状があります。

その結果、オーディオは電気や音波、振動などといった物理現象と関連する事から、ある一部分に着目して電磁気学や流体力学、振動工学などの活用により近似解や観測値を得る事は出来ても、結局のところ、得られた個々の値が本人の知覚する音質にどのように寄与するのかという肝心な部分への紐付けはなされません。

ですので、オーディオに対してご自身の聴感で直接的或いは間接的にでも影響を感じ取れないレベルの「ノイズ」と定義した物理量を測定して、その数値が高い低いと一喜一憂している様は、正に手段が目的になってしまっており、私にとっては非常に滑稽に映ってしまうのです。

ですので、測定とはあくまで聴感を補助する手段として活用するものなのではないか、そして寧ろこの「程よく近似するロジック」が無い状態自体が、オーディオの趣味性を担保してくれている主要因なのではないかと思っています。

何やら長々と堅っ苦しく書いてしまいましたが、要は「聴いてナンボでしょ!無意味な頭デッカチにならずに素直に聴いて愉しもうよ♪」と、物理屋さんだからこそ思ってます!という日記でした。

最新のレビュー/コメント

PS-530

ACCUPHASE

PS-530

430,000円前後

発売:2016年10月発売

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

付帯音の削ぎ落としにより実体感が向上

1996年発売の初代から5世代目となるAccuphaseの波形整形型クリーン電源です。
技術担当の方曰く、前モデルからの大きな変更点として、初代の開発以来20数年振りに基準波形が更新されたそうです。
機器選定の検討当初はネット上の評判や大は小を兼ねるだろうという考えのもとPS-1230の購入を予定していました。

確かに同メーカーであるアキュフェーズE-650ではやはり供給能力に余裕がある為か圧倒的にPS-1230の方が低音部の沈み込みや響きも豊かでSNも高い。ところが組み合わせをラックスL-590AXIIに変えてみると驚いた事に何度聴き比べてもPS-530の方が過渡特性がよいのか、力で低音が強調されて聴こえるPS-1230に比して圧倒的に出音のリアリティが高い!

ということで我が家にPS-530がやってきました。

ちなみにL-590AXIIはA級と言えども皮相電力はそこまで高くありません(カタログ値でmax413VA)。そこでノイズをばら撒きそうなネットワークトランスポート以外については、前段に限らずアンプまでの全ての電力を一律本機から供給することにしました(その状態で全機器の電源を入れて再生状態にしても実測で350VA弱)。

本機を導入しての感想ですが、聴感上はクリーン電源全般でよく耳にする音痩せや鈍りも無く、むしろ緊張感を伴う事なく瞬発力が高まり、より精緻で実体感ある出音へと変化しました。

具体的には、ラックスを選んだ理由である自然な倍音と残響の豊かさは維持しながら、基音がよりシャープになる事で余分な付帯音が削ぎ落とされ演奏のリアリティが増すという、まさかのラックスとアキュフェーズの相乗効果!
特にレコードで聴くチェンバロなんて本当にゾクゾク(≧∀≦)素晴らしいマリアージュの発見に驚きです。

ちなみにクリーン電源という製品の特性上、各家庭の電源環境によって効果の程は千差万別であり、かつ当然の如く決してこれ一つで電源周りの悩みが全て解決などという夢の特効薬でもありません。
しかしその点を踏まえても、アキュフェーズをお使いの方は勿論、特にラックスをお使いの方でより実体感のある出音を求められる方にとっては選択肢の一つとして是非とも一聴をおすすめしたい製品です。

●定格出力容量:510VA ●コンセント数:8個口 ●質量:24kg

マイルーム

家族で愉しむリビングオーディオ
家族で愉しむリビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

肩肘張って対峙するのではなく、オーディオの奏でる音楽が生活の中に自然と溶け込む、そんなリビングオーディオを目指して2014年9月に完成した、天井高2.6m広さ20帖のリビング兼用オーディオルームです。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 使用機器 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 1)デジタル  □Accuphase DC-37  □DELA…

所有製品