たかけん
たかけん
AVが大好きな技術系の窓際ダメ社員です。(汗) プロフィール写真は福島県飯坂町の西根神社「鷽(うそ)鳥」でアニメキャラなみの可成りインパクトのある姿で現物が中々入手できません(笑)

日記

お気に入り製品

最新の日記

新型コロナのおかげでビデオ編集をしました。

【このブログのご案内ページへ】
 新型コロナウイルスの感染拡大で今年3月頃から自粛ムードになって連休中は経済活動が大幅に縮小してしまい、新型コロナで亡くなる人より感染ストレスや経済的な事情で関連死が多くなりそうな今日この頃ですが、この自粛、自粛の連休は皆様いかがお過ごしでしょうか。

 自分のボヤキはともかく、3月上旬に従兄弟(父の妹の息子さん)の結婚式でビデオ撮影を頼まれ、手持ちのビデオカメラで撮影し連休中は無償の動画編集ソフトで編集しました。

 2年前の長女の結婚式では花嫁の父として思う存分撮影できず三脚メインで撮影しましたが、今回は従兄弟として乾杯の挨拶をするくらいで三脚で撮影しながらソレナリに食って飲んでその合間に手持ちでも撮影しました。

 結婚式撮影は、実の妹、義理の妹、高校の友人や職場の同僚数組の経験はありますが、ビデオ編集中、以前だったらテレ端(最望遠)でもブレないよう撮影できたのが、今回はプルプルと手が震えて使い物になる望遠シーンが減ってしまい腕力的にも技術的にも腕が落ちたことを認識しました。

 それでも、手持ちと三脚を使ったシーンを適切に使い分けて90分ほどの全編を8分割し完パケにしました。撮影から編集までフルHD解像度で制作したためDVD-Rに焼いてもそれなりの画質をキープできたと自負しています。

 映像編集ソフトは前回も使ったムービーメーカーを使おうと思ったのですが、マイクロソフトタイマー?なのか古い素材は編集できるのに新しい素材は編集できず、新しい素材のタイムスタンプを変更したり、PC本体の時計を強制的に変更しても素材が取り込めず、結局、Win10付属の「フォト」という映像の統合アプリを使うことにしました。

 このアプリの第一印象は「ちょっと使えない‥」というもので、特に長時間の素材を取り込むと途中で仕事を放り出すようにアプリ自体が勝手に終了してしまうというトンデモアプリでしたが辛抱強く使って見ました。その結果、
①ハードディスク空容量は100GB以上が必要
②メインメモリーも16GBくらいが望ましい
③CPUはcorei7以上であれば、ほぼリアルタイムでレンダリング可能ですがPCに求められる性能は比較的高いと言えます。

【このアプリで出来ること】
①フルHD画質でのカット編集(慣れと勘でほぼフレーム単位まで編集可)
②タイトル挿入(文字フォントや色は選べない)
③音声の挿入(複数の音源を重ねることも出来る)
④静止画挿入と動画化(静止画へのズームやパン効果)
⑤動画の可変速(スロー効果など)
⑥映像フィルター(使い物になる種類は少ない)
⑦シンプルな3DCGの挿入(使い物になる効果は極めて少ない)

【このアプリで出来ないこと】
①映像のフェードイン、フェードアウト
②映像のディゾルブ(ワイプやクロスフェードもダメ)
③タイトルの複数表示
④音声の編集(音量の調整とフェードイン、アウトは可)
⑤フレーム単位での編集

【意外と見直したところ】
①一般的な動画ファイルのほか、ビデオカメラのファイル形式(拡張子mts)を直接取り込め音声形式もwavやmp3に対応
②アプリを落としても落とした部分から再編集可
③画質の劣化が少ないため編集済み素材を再利用可
(例えばタイトルを同時に2箇所に入れたい時)
④動画のほぼ実時間でフルHD解像度のmp4ファイルを出力可
⑤動画オブジェクトは素材も含めて丸ごとバックアップ可
(Win10の環境があれば他のPCでも編集を継続できる。)

【動画の構成について】
①オープニング(楽曲付き)と親族の紹介
②チャペルでの挙式
③披露宴前半(楽曲付き)
④お色直し後の披露宴
⑤出席者インタビューと花束贈呈とエンドロール(楽曲付き)
⑥オープニング(楽曲付き)
⑦挙式ダイジェスト(楽曲付き)
⑧エンドロール(楽曲付き)
※⑥⑦⑧はオマケで追加したのですが、3月のお彼岸に親族が集まった時、①と②を上映した結果、オープニングPVをもう一度見たいというリクエストが多かったため3曲独立のPVバージョンとして追加したものです。

 まだ、完パケは配布していませんが、ダイジェスト版をYouTubeに限定公開して見てもらったところ、お世辞?も含めて親族には大好評で「県を跨っての移動」ができるようになったらDVDとBDを持参しようと思います(笑)
【トップページへ戻る】
【このブログのご案内ページへ】

最新のレビュー/コメント

DD67000

JBL

DD67000(Project EVEREST)

¥3,780,000(税込)

発売:2012年10月上旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

憧れのダブルウーファ・システム

憧れのスピーカーシステムですので[お気に入り製品]で登録しました。
 世の中には1本1千万円を越える特別なシステムもありますが、庶民でも頑張れば手が届きそうに思えるシステムで、JBLブランドのフラッグシップ機としてルックス的にも分かりやすい38cmダブルウーファ(実際は帯域分割で使用)で地方のオーディオフェアのブースでも客寄せパンダ的にデーンと目立つように設置されフルパワーで使われているところは滅多に聴いたことありませんが、一旦ボリュームを上げれば朗々としたサウンドが鳴り響き普通のシステムでは絶対に聴くことの出来ない音響空間が広がりますので値段以上の価値があるのかもしれません。

そんな高嶺の花とも言えるJBLの38cmダブルウーファーのシステムですがPA用だと約1/10の価格で例えばSTX825が30万です

同じメーカーの38cmダブルウーファーシステムであっても、そもそも用途も使われているユニットや箱の容積も違うためエベレストと同じ音質になる訳ではありませんが、1990年代には箱が大きくて重たい大型のPA用もあって、今回、かなり安価に入手できたのでリポートします。

リンク先のとおりスペック的には低域の出力音圧レベルが101dB/2.83V/mで再生周波数帯域が30Hz~20kHz -10dBとハイファイ用途でも期待てきそうですが、実際に聴いてみると38cmダブルウーファーの見た目とは大きく異なり、112dB/2.83V/mという猛烈に効率の良いコンプレッションドライバーからAMラジオのような甲高い音量が強烈で低音は殆ど聴こえず高域もドライバー径が10cmなことから超高音域も出ません。

しかしPA用は広く遠くまで音を飛ばしてナンボのものですから、ハイファイ用途で使うならスピーカーを使う側が正しい知識で使う必要があり、今回、手持ちのアンプ3台使ってセッティングを詰めて音楽も再生できるシステムにしました。

自分的なリファレンスとしては、AKGのK701をヘッドフォン専用アンプで聴いた時の力強い低音と耳に刺激が少なく高解像度の高音域が出せることを目標に調整し、最低域と超高音域を除けば、ほぼ自分好みの音質に調整できました。

セッティングの進捗度としては65%ほどですが今の状態でもパワーを入れても音の芯が崩れることなく朗々と音楽を再生できるのはPA機材由来のものですが、その能率の良さからボリュームを極端に絞っても音のバランスが崩れることなくBGM的に聴いても思わず楽曲に引き込まれてしまいます。

そしてヴォーカルものだと歌い手が目の前にいるように錯覚するほど楽曲のステージ感がリアルに再現され、楽曲だけで何時間でも聴いていられるのが、今までにあった自宅システムでは経験できませんでした。

4770Aと言うスピーカーシステムは一口にPA用とは言っても、その作りにハイファイ用システムのノウハウが盛り込まれて110kgの質量があり、セッティングを煮詰めれば煮詰めるほど頂点のDD67000に近づけそうな予感を抱かせるくらい計り知れない実力を秘めているかもしれません。

【SPEC】●ユニット:380mm径3レイヤー・サンドイッチコーン・ウーファー×2、100mm径ベリリウム・コンプレッションドライバー×1、25mm径ベリリウム・コンプレッションドライバー×1 ●許容入力:500W ●周波数特性(-6dB):29Hz〜60kHz ●インピーダンス:8Ω ●出力音圧レベル:96dB(2.83V/m) ●クロスオーバー周波数:150Hz/850Hz/20kHz ●外形寸法:965W×1,109H×469Dmm ●質量:137kg(グリル含まず)

マイルーム

はじめまして。視聴環境の紹介です。
はじめまして。視聴環境の紹介です。
持ち家(戸建) / リビング兼用 / ホームシアタールーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上

【映像機器】 ・AVアンプ=Pioneer SC-LX901&サブウーファ用パワーアンプ=M-90a ・9年間使用したSC-LX81が映画鑑賞中に突然音が出なくなり、LX901の展示処分品を税込20万ジャストで急遽入手しました。  LX901のパワーアンプ部は、LX90やLX81から10年近く改良を重ね、往年のサンスイ製上級プリメインと比較しても遜色ないほど良くなりました。「音の熱さ」という…

所有製品