たかけん
たかけん
AVが大好きな技術系の窓際ダメ社員です。(汗) プロフィール写真は福島県飯坂町の西根神社「鷽(うそ)鳥」でアニメキャラなみの可成りインパクトのある姿で現物が中々入手できません(笑)

日記

最新の日記

岩手県内ハードオフ巡回レポ

【このブログのご案内ページへ】
 前回の1/10(月)から1週間も経っていませんが、巡回モチベーションのある間に岩手県内各地を巡回してきました。今回のモチベーションの源は花巻市の「さかえや本店の満ニラ」で午前11時の開店10分前に到着してこの行列‥(汗) 幸いギリギリセーフで初回組で入店できましたが、ここのラーメンは前日泊で食べに来る価値があるかもしれません。いつも大行列ですが客の回転が早いのも特徴で30分ほど並べば入れますから行列嫌いの方も大丈夫です。お勧めは「満ニラ醤油」でライスとともに頂くと830円で最高のお食事になります。
【岩手県矢巾町三共無線(ビッグガレージ)】
 腹ごしらえ後の最初のウォッチング店舗は矢巾町の「三共無線」で、ここは隣接するビッグガレージとともにジャンク品が膨大にあります。以前はEXCLUSIVE model2402などの高級機材も置いてあったのですが会長の奥様が高齢で介護施設に入居されてしまい、高齢の会長が店番をしてますが、以前のように動けなくなったのか店舗の中はジャンクだらけになってしまいました。売れ残っているようなレコード、CD、LD、カセットもありますが、新品なのか中古なのか適切に管理されていない印象で直射日光対策もされていませんから商品の殆どが退色しています。
 ウオッチングのメインはビッグガレージのほうで懐かしいのも含めて様々なジャンクが置いてあり、冬季は暖房が最小限ですから長時間居られません‥何なら博物館的に入場料を徴収し長居できるよう居心地の良い空間にしたら‥と思いますけど‥(汗)
 結局、ここでは八神純子さんの"Mrメトロポリス"のアナログ盤を2枚1,000円で購入しました。このアルバムは紙質のせいなのか、どこの店舗でもジャケットの白い部分が変色しているのですが、今回は比較的"白い"事から入手しました。2枚買ったのはどちらかが盤質良いだろうと言うことで2個イチにするのです。
 この方法は意外とコスパ良い方法で安い盤でも良いとこ取りすると1000円超で売られている盤より見栄えと中身を良くできます。"ビッグガレージ"で売られている完動品も2個イチ、3個イチなんて当たり前ですが測定機を使って正確に修理されてる訳でなく「鳴ればOK!」的に管理されているような印象です。
 数年前、パイオニアSA-8900Ⅱ(7.9万円1976年発売)の"完動品"があり2万で買い取ることにしたのですが、店側から「売る前に点検します」と言われ、数週間後に「トーンコントロールが効かないんですけど大丈夫ですか?」と確認され、きっぱり断りしました。
 店員氏から「2万で買うと言うから点検したんで何とか買ってもらいたいんですけど‥」と言われましたが「完動品で2万だよ!」と再度断りました。
 SA-8900は上級機EXCLUSIVEのプリアンプと同じく次の4バンド・トーンコントロールが搭載されているのが"肝"ですから、これが機能しないと無価値なんです。
・Bass‥Sub:±6dB(50Hz)、Main:±8dB(100Hz)
・Treble‥Sub:±6dB(20kHz)、Main:±8dB(10kHz)
 気の弱い御仁なら押し切られそうになりますが、その辺は冷徹に対応しないと最期に自宅が不動品だらけになってしまいます。

【ハードオフ盛岡上堂店】
 この店舗には一昨年前からAccuphase M-100(1台50万、1981年7月発売)がペアで50万弱で売ってまして値下げしないかとウオッチングしています。こういう製品はネットモールにも掲載しないんですね。(こういう記事もあります。)腐ってもアキュフェーズで1台10万にはならないでしょうけど2台で税込33万くらいなら‥と思っています。現在、SANSUIのAU-a907DR2台(片ch200w)でウーファー上下を駆動していますので、M-100はモノラルアンプでのパラ接続4Ω駆動時の出力800Wで907DRよりもどれほど伸び代があるのか‥待機電力はM-100が175w×2台で350w、907DRが実測60w×2台で120wですから自分的には物凄い伸び代がないとダメなんです。2Ω1000wと言う国産では前代未聞の超ド級パワーアンプで存在感抜群なんですが必要性自体が微妙なことは確かです。でも、欲しいことは欲しいんですよね!(笑)

【ABCショップ厨川(くりやがわ)店】
 広いリサイクルショップでオーディオとは無関係ですが、ここで12年前にアナログハイビジョンテレビ(ブラウン管)を1.5万で入手できたのでウオッチング対象店舗です。今回も掘り出し物は特にありませんでしたが、例えばこんなものが自宅にあったらお孫ちゃんが喜んでくれるかな?と妄想するだけで良いのです。(笑)

【道の駅「紫波」】
 盛岡市の南にあり近くに紫波フルーツパークと言うワイン直売所もあります。直売所では金星(きんせい)と言う香りが素晴らしくて上品な味がするリンゴ4個(330円)を買ってから、高級ワインの廉価バージョンしあわせワイン・甘口6本を買って3本は妹夫婦宅へのお土産にしました。900mlボトルで1本1000円少々とお買得価格ですが、程良い酸味と上品な甘さでこのワインを飲むと他のワインが飲めなくなってしまうのです。

【ハードオフ奥州店】
 移転する以前は結構マニアックな機材を入手できましたが、移転して新しくなってからは、着目する機材はめっきり減ってました‥が、今回、半年ぶりに寄ったら、YAMAHA NSX-C1 7.5万(1台、1992年発売)が1万円台で売っていました。 率直に言って自分好みのルックスのスピーカーで真っ白な18cmウーファーがアクセントになって自宅天井に取り付けたくなりました。ただし重さが20kgとシッカリした取り付けが必要です。今回は購入を見送りましたが要検討とします。

【ハードオフ 一関店】
 この店舗は10年ほど前開店した当初は高級オーディオ機器が充実していましたが、最近はウオッチングするに値するような機材が全くなくなってしまい、FOSTEX FE208Σ1.48万(1個、1992年頃)が1本だけ定価で売っていて「片方だけでは‥」と思ったら、別のコーナーに同じ製品が売っていました。
 若い店員氏に「同じ製品を何で別々に売ってんの?」と聞いたら買取時期が別々だったとのこと‥「左右ペアで並べたら直ぐに売れるよ。詳しい人居ないの?」と聞いたら、そのとおりのようで、どうりでこの店舗がダメになった理由が分かりました。
 一関市といえば"日本一音が良いジャズ喫茶「BASIE」"がある地方都市なのですが、本当に残念な店舗でした。

【"Mrメトロポリス"のレビュー】 今回の入手で八神純子さんの往年のアナログ盤は、ほぼフルコンプリートです。中々、"Mrメトロポリス"の無変色ジャケットが入手できませんでした。今回も近くで見るとソレナリですが、キレイなジャケットを見たことがないため、当時の紙質や印刷も影響してかるのかも知れません。
 この曲のハイライトは勿論「ポーラースター」でベスト盤にも収録されてなくてオリジナル盤で聴きたいと思っていました。少しホコリが多く除去するのに時間がかかりましたが致命的な傷や繰り返し再生するような損傷もなくマアマアでした。埃を取り除きながら3回ほど聴いたら収録音質も良くDS-2000など往年の80年代再生機器で聴くとこのアルバムが彼女の作品で最も気に入ってます。

おまけ【野村胡堂・あらえびす記念館】
 道の駅「紫波」から南にあって帰路コースの途中だったので寄ってみました。"日本一音が良いジャズ喫茶「BASIE」"のオーナー菅原正二氏の半生に密着した特別番組後半のロケ地にもなって有名になり、月1度のSPレコードコンサートも大盛況のようで、この日も偶然やっていたのですが15時半に寄ったら16時終了とのことでした。ここの記念館のスタッフは南部美人?でも有名で、今回は時間が合わず入館を見送りましたが中高年のオヂサンにもパンフを沢山くれてとても親切な対応でした。(T_T)(フェイスブックから抜粋した写真ですよ!) いずれ、暖かくなったらゆっくり寄ってみたいですね~不純な動機ではなくて‥(爆)

最新のレビュー/コメント

BDP-LX88

PIONEER

BDP-LX88

¥291,900(税込)

発売:2014年11月下旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

予想以上に性能が良かった。

 2021年8月28日、9.9万円で中古入手しました。
今までDVD/SACD対応ユニバーサル機を使っていましたが、今回やっとまともな機種が手の届く価格になりました。
 AVアンプがパイオニア製のハイエンド機で音質的に有利なPQLS接続ができるのも入手した次第です。

・デザイン的にはそれほど素晴らしいと思えるデザインでは有りませんが、AVアンプがパイオニア製なので共通のデザインなのが悪くないと思ってます。

・操作性や機能性ですが、本体での操作範囲は必要最低限でリモコン操作がメインとなりますが、リモコンは小さなボタンが多すぎ操作性が良くありません。

 残念なのはユニバーサル機だけに現在再生しているメディア表示が欲しかったです。特にCDなのかSACDなのかSACDの2chか5.1chなのかなど、せめて接続したテレビの画面に表示できるのかと思ったら、それも出来ないのが残念無念です。

 判別方法はディスクを入れたときにSACDと表示され、すかさずリモコンのCD/SACDボタンを押さないとPCM層、DSD2ch層、DSD5.1ch層の切り替えが出来ません。

 一旦、再生すると再生中のフォーマットが分からなくなりますが、幸いAVアンプ側で入力信号フォーマットを表示してくれるため助かりました。

 2K、4Kなどの映像フォーマットは一目瞭然ですが、音声フォーマットは一聴しても微妙で「さすがSACDだ」とご満悦で聴いていたら、CD層で満足していたという悲喜劇が繰り広げられますからDENON機みたいにシッカリ表示してほしいものです。

・再生画質は期待通りで、手持ちのBDを4K画質にアップスケーリングしてくれる機能も素晴らしい出来で、DVD再生機の2Kアップスケーリング機能とは雲泥の差です。

 ただし、4Kレコーダーもありますのでピュア4Kコンテンツと比較すれば結果は明白ですが、大量にある2Kコンテンツを高画質に再生できるためBD再生専用機はありがたいものです。
 
 音質ですが、今回はSACD再生に期待してHDMI接続のPQLS設定で聴いています。これまで古いDVD/SACDユニバーサル機で聴いていた際はCDとSACDの音質的な違いが僅差だったのですが、本機で聴くSACDはかなり伸び代があります。特にDSD5.1chのコンテンツはAVアンプ側で対応できHDMIケーブル1本で直結できるため、音の解像度には目を見張るものがあり、今更ながらDSD5.1chで収録されているSACDソフトを更に入手したいと思っています。

 また、CD再生もXLRバランス出力同士で聴き比べましたが、20数年前のESOTERIC製セパレート機と同等以上の音質ですので古いセパレート機が故障する前に売却しようと思案中です。

 アンプ側のXLRバランス入力も1組しかないため、バランス出力を常時つなごうとすると、どちらかつなぎ替える必要があって古いのが肩身の狭い思い?をさせてしまうなら新しいオーナー様のところに行って大切にしてもらったほうが‥

・読取精度は、これまで古いDVD/SACDユニバーサル機で悩まされていて、その日によってSACD層が読めないため、嫌になっていました。もちろん本機ではそんなことはありません。やはり読取部から社内製であるパイオニア機だと思っています。

・出力端子はステレオのRCA端子とXLR端子はありますが、アナログ5.1ch出力端子はなくなっています。現在使っているAVアンプもアナログ・マルチch入力が廃止されていますので背面がスッキリして良かったと思います。

・サイズ、総評としては、さすが2014年当時、税抜\278,000円のパイオニアハイエンド機で大きく重いですが、それらが画質や音質に結びついていて、一言で言うとパイオニア機同士の組み合わせで良く専門店でデモされているような必要以上にやたらと解像度の高い画質と音質になってしまい、パイオニアご自慢?機能であるサウンドレトリバーも不要になってしまいました‥(汗)

 自分的には後発のUDP-LX800の存在も意識していますが、中古でも軒並み30万円近い中古相場で4KUHDソフトを1枚しか持っていないのと今後はディスク販売からネット配信になると予想しているため、今回のように10万円を切って流通しない限り入手することはないと思います。

【SPEC】●対応メディア:BD-ROM/-R/-RE/-R DL/-RE DL/-R LTH、DVDビデオ、DVD-R/-RW/-R DL/+R/+RW/+R DL、SACD、CD、CD-R/-RW 他 ●対応音声フォーマット:WAV/AIFF/ALAC/WMA/FLAC/DSD 他 ●周波数特性:4Hz〜88kHz(192kHzサンプリング) ●入出力端子:HDMI出力×2、USB×2、同軸デジタル音声出力×1、光デジタル音声出力×1、アナログ2ch音声出力×2、LAN×1 ●消費電力:40W(待機時0.3W) ●外形寸法:435W×130H×339Dmm ●質量:14.2kg

マイルーム

【断捨離更新中】視聴環境の紹介
【断捨離更新中】視聴環境の紹介
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上

 記事は2018年3月のままですが、2021年9月1日現在、これまでに入れ替えたり売却した主な機材を記します‥それにしても、某中古ショップチェーン各店には累計で膨大な金額で売ったり買ったりと貢献していて個人表彰してもらわないと‥(汗) ・メインスピーカー(ピュアオーディオ用)  EV Sentry500SBV(売却)⇒DIATONE DS-2000 ・メインスピーカー  kef iQ90(…

所有製品