ぺぶるす
ぺぶるす
Dolby Cinema下位バージョンのナンチャラー?シネマ、通称 チャラ?シネ環境が整いました。

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

ざっとサラウンドメント、、

That's Entertainment ハリウッド傑作ミュージカルのコンピ集がありますけどそれとは別、ざっとはおおまか、だいたい、大ざっぱにサラウンドを楽しむ、それも普通のCDでと言うことです。アトモス7.2.4構成ですがサブウーハーは使用せず5.0.2、5.0.4、 7.0.2、 7.0.4、等でそれらしく再生し2chとは違う出音を、音の響き、移動感や包囲感、音響空間
が満たされる感に身を置こうという訳です。
プレイヤー、パイオニアUDP-LX800とAVプリIntegra DRC-R1を使用してます。

空間を積極的に楽しむ Utae、Salami Rose Joe Louis
ダブ、サンプリング、エレクトロニカ系は音源位置や定位など気にせずアンビエンスに浸るのみ文句は無しです。

コミュでたまに見かけるもの2枚、Eva Cassidyと幸田浩子。
Eva CassidyのBlues Alley Clubライブの中にいるようなドラムセットの実体感は2chに戻れないほど。
幸田浩子、tr1高域のビブラートにリバーブがかかり上に抜けていく感じは天井の反射が干渉しているのか、シャンデリアの部分は吹き抜けているのか、tr3、tr5イイ感じで演奏者を見渡す場所にいるよう。
この手の音源試聴で必要なのは演奏者演奏場所の空間情報をまえもって得ることで、天井高さや形状、材質、装飾品その他諸々視覚記憶による相互補完みたいなこと。
その他色々聞いた結果前方にサラウンドSPもう一組設置すると音空間の繋がりがよりスムースになりそうだ。

2LレーベルのBlu-Ray Audioは購入しただけだったので今回試聴してみた「Magnificatマニフィカト」「投影と熟考 Reflections」
「Magnificatマニフィカト」 はNidaros Cathedralでの録音5.1 DTS-HD MA (24bit/192kHz)再生では簡素で荘厳な空間を満たすには約不足。
「投影と熟考 Reflections」は Dolby Atmos (48kHz) で試聴| 9.1 Auro-3D (96kHz) を選択すると7.1chに。
セルビュ教会に浮遊して音響空間を独り占めしているよう。

AVプリ Integra DRC-R1はAuro-3D未対応だけどOnkyo傘下のブランド、パイオニア、Integraも先行き不明で現行マランツかヤマハ、海外製は高額でメンテも安心できないので
Auro-3Dはお預けか没だな。映画館のスピーカー構成はどうなっているのかポレポレシネマズいわき小名浜のSCREEN 1、AURO MAXを覗いてみると EVのSX300 52台 サブウーファーX-Line Advance X12-128 4台らしい。配置はこんな感じだろう。
Auro-3Dホームを新たに導入するとして構成はダイレクトサラウンドで第一レイヤー5.1は同一スピーカーが基本だろうね、フロントメイン大型スピーカーだと従来のディフューズサラウンドだし。既存のドルビーアトモスと同居するとして一層、3層目は問題ないが2層目のフロント(Auro ceoヴィルフリートより引用 スクリーン側に縦方向の音場ができるのが、Auro-3Dの特徴といえるかもしれません。それによって、より自然に、透明感・奥行感のある音が創れるんです。
 映画では80%くらいがスクリーン方向から聞こえるサウンドですので、そこに6つのスピーカーをあてて、スクリーン上に3D音場を創るというのはひじょうに効果的だと思います)は専用スタンドの作成が必要で手間暇おもうと嫌気がさす、あと8台同一スピーカーを入手すると実現はする、Auro-maticのアップミックス機能でいいかな。

連休中のホームシアター。
ファティ・アキン監督の/屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ/
ドロップアウトした者たちで溢れる酒場で交わされる取り留めのない寓意箴言風の会話にピーテル・ブリューゲルやヒエロニムス・ボスの絵を思いだしたり或るシーンにムンクのマラーの死、テオドール・ジェリコーの解剖された一部、カラヴァッジョのユディトとホロフェルネスなども、願望や現実がダブルイメージとして描写されているようだ、すれ違うだけで交錯しない方がいい。

ジョージア(旧グルジア)の女性映画作家ナナ・エクフティミシュヴィリと夫でドイツ人監督のジモン・グロスの/花咲くころ/
ソ連崩壊後の内戦下トビリシ、二人の少女、その家族、学校、交友、社会、慣習等が遣り切れないダブルイメージとしてこの映画でも描かれる、ラストで少女の一人が訥々と14歳と応えるところは印象的だ

バッドボーイズ  4K
刑事バディーもの王道作品、ドルビーアトモスもバランス良い仕上がりで過剰さはありません。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

気楽にBGM・ BGV
気楽にBGM・ BGV
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上

自作サウンドスクリーンでDOLBY ATMOS for Homeしてます。 クラシック、ロック系は苦手ですが、広く浅く気になったり気にいったりしたソフトなど晒していきます。 お気に入りについてはタイミングがわからなくて一応、こちらから相手の記事にレス入れた時、こちらの記事に相手の方からレス頂いた時、にお気に入りに追加することに。

所有製品