コージー
コージー
京都市在住で、オーディオをはじめたばかりの新参者です。 6畳ほどの専用室でニアフィールドリスニングの究極形をめざして奮闘中です。気楽に音楽をと考え、エソテリックRZ-1とタンノイ・Precision…

日記

最新の日記
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

おくればせのテレガートナー②

テレガートナーのハブで機器がワンランククオリティアップしたと言いましたが、さらに向上させるべく、スフォルツァートのLT-M12X LANターミネーターを購入しました。空き端子は二個ありますので、二つ購入してみました。



着けると・・・・確かに変化します。非常に音がなめらかになり、音のエッジが丸くなる、そんなイメージですね。二つ装着するとそれが強化されます。

まあ、抵抗をかませるわけですから、そうなるのでしょうが、私としては好みの傾向ではなかったです。音のエッジが丸くなるということは、反面、音像がぼやけてしまうんですね。そうなると目の前に実際に歌手や楽団がいるという実在感が弱くなる。もちろん、アナログライクな聞きやすさがほしいという人にはお勧めです。ハイクオリティなターミネーターではありますからね。受注生産で小俣社長の手作りらしいですし。。。(笑)

どうしても欲しいというならば、私ならJSPCかアコリバのRJ45用LANターミネーターに、テレガートナーの変換アダプタを付けますね(写真は分かりやすくL字ですがストレート形式のもあります)。ターミネーターとアダプタ合わせて総額2万程度で、同品質とは言いませんが、近いものができるでしょう。

しかし、オーディオファイルの光LANの試行錯誤が進み始め、DELAのS10の光LAN端子がやはりベストではなさそうとの前回の読みは正しそうですね。https://kotonohanoana.com/archives/26549

価格はアホほど違うのにS100とS10の光LAN端子は同一のものですからねえ。ハブに60万のリファレンスならクロックなども変えて、こだわってほしかった。単体のオーディオ用光LANコンバーターを使用したほうが音が良いなら、テレガートナーに光LANコンバーターをつけたほうが確実に高音質でしょう。

そこで実は私は、あるメーカーに光LANのための装置を数日前特注したのですが、それとほぼ同じ構成のものが発売されるとのことで驚きました。Ediscreationという香港メーカーのFiber Box 2 JPSMというものです。線材やプラグにもこだわった本国の上位機種でないノーマル版なのが残念なので買いませんが、光ケーブルでごちゃごちゃせず、すっきりしてよいなと思います。ただ、電源の質がイマイチなことや光LANの交換や長さ調整ができないので、アイデアは賛美しますが、自分の特注品のがよさそうです。光LANはまだまだ未知な部分も多いのですが、クロックや電源などが大切なところはオーディオ経験が活かせそうではありますね。

最新のレビュー/コメント

C-02X

ESOTERIC

C-02X

¥1,470,000(税込)

発売:2015年4月1日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

よいプリアンプだと思います

音は素晴らしいです。何といっても繊細で、非常に解像度が高い。にもかかわらずバラバラになることなく、きちんと楽器を描き分けて、きちんと定位させてくれます。60万超クラスの現行プリメインアンプからの買い替えですが、そのプリメインアンプでは目を閉じると楽器の位置がぶれていたものが、これはそうはならない。おそらくアキュフェーズのc-3850と同格の音を出せる唯一のプリだと思います。

ただし、それがゆえに聞き疲れするという人もいるかと思います。私はスピーカーがTAD-CE1なので余計にそう思いましたが、少しスピーカーの位置をずらしてやれば解決します。タンノイやソナスなどならそんなことはないかと思いますが。

一つ音質で気になったのは、トランス唸りがするからです。ラックスマンのクリーン電源を使用しているので、おそらくc-02X内部のトランスの品質に問題があるかと思いますが、150万の製品にしては残念です。静謐な音楽を聴くと気になります。落ち着かなさそうなら修理に出します。たまにエソテリックは品質検査が甘いところがあるんですよね。一月ほど使用しますと唸りは落ち着いてはきます。

エソテリックは冷たいというのは因習的な固定観念もはなはだしく、最近は少し音作りを変えてきている印象をもちます。解像度とともに少し熱さのようなものも加味してきており、大変素晴らしいものになってきていると思っていますので、虚心坦懐に試聴されると品選びの自由度も増すかと思います。

【SPEC】●入力端子:RCA×3(RCA2はAVプリ入力として使用可能)/XLR×2 ●入力インピーダンス:LINE…10kΩ ●入力感度:定格出力時…510mV、800mV出力時…200mV ●出力端子:RCA×2/XLR×2 ●出力インピーダンス:RCA…47Ω、XLR…100Ω ●全高調波歪率:RCA…0.0006%、XLR…0.0004% ●周波数特性:1Hz〜200kHz(-3dB)、3Hz〜50kHz(-0.2dB) ●S/N比:116dB(2V入力、A weight) ●ゲイン:+12dB ●定格出力:2V ●消費電力:21W ●外形寸法:445W×162H×457Dmm(突起部含む) ●質量:32kg

マイルーム

よりよいニアフィールドリスニングをめざして
よりよいニアフィールドリスニングをめざして

邦楽・洋楽のヴォーカルものをよく聞きますので、それに特化しすぎた構成かもしれません。クラシックなども作業用に聴きますが。。。。

所有製品