「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

最新の日記

2chとマルチchとは全然違う!

以前、ある方からウイルソンのSPはスコーカーが逆相だと書き込みがありました。今もたまに見かけます。System7なら高域から正・逆・正だと。中域が逆相とは考えにくいのでネットワークの遅れが絡んでいるのではと、その時はちょっと考えたのですが、、米国は逆相盤が主流と知っていたので、そうだ、ひっくり返って、逆・正・逆になると、、それならあり得ますね。

左右のSPとも同じ逆・正・逆なら、そして、同じスピードであれば位相差は生じません。むしろ、逆・正・逆はウイルソンの細やかな音場表現が感じられます。それは高域と低域が逆相で後ろへ引っ込むことで正相の中域にある美しいボーカルやソロ演奏が前に出て、あたかもスポットライトに当たるような雰囲気を醸し出すのです。

他方、マルチchではすべて正相のB&WやKEFなどが重宝されます。これはSP間で帯域別に正相・逆相の間で打ち消し合いを防ぐのを重視しているためです。2chの当方から見ればすべて正相というのはすべての音にスポットライトが当たって、肝心のボーカルもソロも音の群に沈んで目立たなくなって、単にたくさんの音が出ているだけに感じてしまいます。ということで僕は2chしかしないのです。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

ほぼ完全なシステム
ほぼ完全なシステム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

外盤より情報量の多い国内盤LP、CD問わず歪みなく低音豊かにバランスよく再生する。失敗したソフトゼロ。 ポイントはプリアンプにあり。 デジタル) SACD・トランスポート)エソテリックK-05Xs   DAC)バッテリ電源DAC 知人のプロ設計製作 アナログ) ターンテ―ブル) デノンDP75(ACサーボ) トーンアーム) ビクターUA7082  カートリッジ)オルトフォンMc-…

所有製品

  • SACDプレーヤー/トランスポート ESOTERIC K-05Xs
  • プリメインアンプ SANSUI AU-α907NRA
  • パワーアンプ LUXMAN M-600A
  • スピーカーシステム WILSON AUDIO SYSTEM-7