Auro3D
Auro3D
伊豆の別荘で マルチチャンネルオーディオ6割 2chオーディオ3割 ホームシアター1割 という週末を過ごしています。 私のオーディオに対するスタンスは、「原音再生は求めず、<オーディオ再…

日記

お気に入り製品

最新の日記

各メーカースピーカー、ユニット別極性(位相)調査記事、発掘しました!

前回書きました拙日記、「HiVi4月号に「逆相再生のリスク」記事が!」に対し、グランドスラムさんより過去にもHIVIで取り上げられていたとのご教示を賜り、私の「にわか」ぶりを反省するとともに(笑)、当該記事を探してみました。先日、ようやく見つけたので一人悦に入っていたのですが、「位相情報を公開しろ」と提案している手前、Tomyさんに背中を押されてここに紹介させていただきます。

当該記事は、

HIVI 2017年4月号 「サラウンド再生時には気をつけたい、スピーカーユニットの位相とは?」(pp. 56-57)

というもので、著者は、亀山信夫さんというオーディオ評論家で、この方はどうやら前から、そして今においてもこの問題を紙面化しておられる、数少ない専門家のようです。

記事の全文引用は著作権が気になりますので、肝心な一覧表だけ抜粋させていただきます。


調査の方法論としては、「トモカ電気のフェイズチェッカーTPC01」を使った、とあるのですが、ネットで調べたところ見当たらず、詳しいメカニズムはよくわかりませんでした(安かったら私も一つ買おうと思ったのですが=笑。もしご存知の方がいらっしゃいましたら、情報提供お願いします)。いずれにせよ、メーカー発表とかではなく、亀山さんがこの機器をお使いになって独自調査をされてまとめられたもののようで、これぞプロの仕事と、敬服いたしました。

これによると、私が使うソナスのみならず、JBLやモニターオーディオも3Wayは上下逆相のようですから、これらをサラウンドシステムに組み込んでいる方は少なからず気になるのではないでしょうか。

さて、この記事自体は高く評価しますが、残念ながら以下の諸点に関して追及がされておらず、AV専門誌による続報を是非期待したいところです。

1. ユニットごとの位相(極性)がずれている(特定周波数帯域で、相互に逆相になっている)組み合わせとなるスピーカーを使ってサラウンドを構築した場合のデメリットは何で、それはどの程度重大な問題なのか。また、どの周波数帯域の位相(極性)が合っていないのが一番問題なのか、などを検証して欲しい。
2. 同じメーカーの同じシリーズのサラウンド用のスピーカーシステム群(センター用2Way&3Way、フロント用大型3Way、サラウンド用小型2Wayなど)のユニットごとの位相(極性)にずれ(相互に逆相になっている特定周波数帯域)は無いのかをチェックして欲しい。もし、シリーズ内のSP間ですら「ずれ」がある場合、メーカー自身はそれをどう考えているのかを知りたい。
3. すでに自分のサラウンドシステム内のスピーカーユニット間に位相(極性)のずれ(相互に逆相となっている周波数帯域)がある場合、どのような対処法があるのかを示して欲しい。

編集者の方、あるいはオーディオ評論家の方、万一、これを見てたらどうかよろしくお願いします!

3日14時追記

関連するパイオニアの素晴らしい技術の記事を見つけました。https://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/06/news086.html
上場廃止というニュースを見ましたが、何とか生き残ってほしい、日本を代表するオーディオメーカーの一つです(私の父親が愛用していましたので)。

最新のレビュー/コメント

Sonetto VIII

SONUS FABER

Sonetto VIII(Sonetto)

¥900,000(ペア・税抜)

発売:2018年9月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

輸入代理店ノアから提供された、各ユニット接続・ネットワーク関連情報

ウーファー: 正相、スコーカー:逆相、ツィーター:逆相


【クロスオーバー・ネットワークのスロープ設定】

ウーファー: –18dB/oct、スコーカー: -6dB/oct、ツィーター:–24dB/oct


このスピーカーをAVアンプの音場補正ソフトで判定させると、正しくつないでいても「逆相判定」が出ることがあります。詳しくは私の「日記」をご覧ください。

以下、本件に関連すると思われるこのコミュニティの日記へのリンクを付けておきます。時系列で貼り付けておきますので、この順にご覧になれば、何らかのご参考になるかと。

1.サラウンドバックスピーカーの買い替え・フロントワイドスピーカーの買い足しのための備忘録

2. 分かってきたことと、分からなくなってきたこと…

3.困ったことになりました―ソナス・センターSP他の買い替え

4. 極性チェック、聴感、Audyssey測定結果

5.ソナスファーベルの代理店ノアさんから、Sonettoの極性(位相)に関する回答が来ました

6.その後のご報告―センターSP買い替え・ソナス位相問題など

Auro3D邸SonettoⅧの位相整合対策

Auro3Dさん宅オフ会リモート参加+K&Kフィルタ

7.ついにソナスで9ch揃えました―ただし、謎は深まるばかり…


8.ソナス位相問題:一応の決着をみました―ただし、火種は残る…

Sonus 3way スピーカーのネットワーク回路の謎

異なる次数で作るクロスオーバー(6dBと18dBの組み合わせ)

【SPEC】●型式:3ウェイ・5スピーカー、バスレフ方式フロアスタンディング型 ●使用ユニット:29mmアローポイントDADシルク・ソフトドーム×1、150mmコーン型×1、180mmコーン型×3 ●クロスオーバー周波数:270Hz/3,000Hz ●周波数特性:36Hz〜25kHz ●出力音圧レベル:90dB SPL ●インピーダンス:4Ω ●最大入力電圧:22Vrms ●外形寸法:283W×1,188H×427Dmm ●質量:26.3kg(1本)

マイルーム

ちょっと変わった方法でマルチとAuro3Dと2chとVとを共存させています
ちょっと変わった方法でマルチとAuro3Dと2chとVとを共存させています
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン130型以上 / 8ch以上

【サラウンドスピーカー四変化】(2020年末更新) ここ伊豆でのMy Roomは、平行面の少ない6角形の変形部屋、2階屋根まで吹き抜けの空間、傾斜天井、珪藻土の壁、桜の無垢の床など、専用設計したわけではない割にはオーディオルームとしてはなかなかいい条件がそろっていると思っています。完全防音工事はしていませんが、窓は真空二重サッシをダブルで入れ、別荘地なので空き家も多く、隣家まで10m以上は離…

所有製品