「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
Auro3D
Auro3D
伊豆の別荘で マルチチャンネルオーディオ6割 2chオーディオ3割 ホームシアター1割 という週末を過ごしています。 私のオーディオに対するスタンスは、「原音再生は求めず、<オーディオ再…

日記

お気に入り製品

最新の日記

出水電器 島元社長インタビュー(笑)

これは備忘録です。本日、X1おやじさんとK&Kさんとともに、出水電器の伊豆・韮山のショールーム(っていうか、島元さんの別荘?)に行って参りました。そこでのオーディオシステムやその音については、すでにこのPhilewebにヒジヤンさんによる報告がありますので、私のような駄耳の持ち主が書き加えることは何もありません。写真も、この二つだけに留めます。



【写真1】
これは、島元邸の家の外の電源メーター格納庫。詳しくは企業秘密や東電に差し障りがある(?)ようなので、受けた説明は書きません。わかる人が見れば、わかるかと。

【写真2】
これは、ショールームからの富士の眺め。今は梅雨時なので笠をかぶっていることが多いそうですが、オーディオルーム内の仕事用(?)の机の正面の窓越しに、富士山なんて! 私なら見とれ続けて仕事になりそうにないかも(笑)。

私がここを訪問したのは、新潟から拙宅にお見えになったX1おやじさんのリクエストがあったこともありますが、最近「電源」の重要性に目覚めたものとしては、一度、ゆっくり社長の島元さんに伺いたいことがあったからです。以下、簡潔にQ&A形式で表記しますが、私は電気工学に不案内なので、聞き間違い・理解しそこないがあり得ます。ゆえに、今回ご同道いただいたX1おやじさんやK&Kさんのみならず、島元さんとコミュニケーションを取ったことのある方々(このコミュニティには多くいらっしゃると思います)から、「こんなことを言うはずがない」という点があれば、遠慮なくご指摘くださるといい「アーカイブ」となると思いますのでよろしくお願いします。

Q:どんなに家電と、オーディオルーム専用の電源を分けて敷設しても、電源メーターの所でつながっているわけだから、家電等からのノイズの混入は避けられないのでは?

A:その通り。ただ、騒音と同じで、隣の部屋の騒音より、遠くの部屋の騒音、さらには隣の家の騒音の方が気にならないのと同様、電源ノイズも発生源から遠ざければ遠ざけるだけ低減効果はあります。

Q:「末端効果」というものについて、どう考えておられるか?電柱からアンプまでのすべての電源ケーブルを質の高いものに替えなくても、機器の直近の電源ケーブルを良質なものに替えれば十分な効果が出るのは本当か?

A:「末端効果」はある。世の中には1Mで何十万円もするような「電源コンセントケーブル」があるが、では、そのケーブルを電柱から屋内配線まで何十メートルも使用すべきなのかといえば、NOだ。そもそも電柱から(たとえMY電柱でも)自宅の電源メーターまでのケーブルは東電の所有物で、勝手に変更することはできないし、変更をお願いできたとしても東電の規格品以外は絶対に使えない。東電が使うその電線は、1Mで何十万円もするものではない。だから、その先の屋内配線も、「そこそこ」いいものを使えば十分で、そこにおカネをかけるぐらいなら、私ならアンプなどにおカネをかける。

Q:では、オーディオ用の電源工事をするメリットは、ノイズの減少だけなのか?

A:それ以外にも電圧・電流が安定するというメリットがある。電圧・電流が安定すると、大音量で大太鼓を叩いた音を再生するような際に、音が頭打ちになるようなことが無くなり、芯の通った、力強い音が出る。

Q:では、オーディオ用の電源工事は、基本的には低域に効果が出るのか?

A:全域に出る。低域の質が上がると、高域もきれいに再生できるようになる。さらに、ノイズの減少は、特に高域の透明感や静寂感に効果が出る。

Q:私は今、HONDAの蓄電器を使っているが、それに対する評価は?

A:あれでは容量が足らない。もっと大きな「ダム」でないと、いざという時の出力に対応できない場合がある。ただし、高域のノイズの減少度合いについては、電源工事だけよりもメリット・効果があることは認める。

以上、記者風の取材メモ(笑)。

最新のレビュー/コメント

Sonetto VIII

SONUS FABER

Sonetto VIII(Sonetto)

¥900,000(ペア・税抜)

発売:2018年9月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

輸入代理店ノアから提供された、各ユニット接続・ネットワーク関連情報

ウーファー: 正相、スコーカー:逆相、ツィーター:逆相


【クロスオーバー・ネットワークのスロープ設定】

ウーファー: –18dB/oct、スコーカー: -6dB/oct、ツィーター:–24dB/oct


このスピーカーをAVアンプの音場補正ソフトで判定させると、正しくつないでいても「逆相判定」が出ることがあります。詳しくは私の「日記」をご覧ください。

以下、本件に関連すると思われるこのコミュニティの日記へのリンクを付けておきます。時系列で貼り付けておきますので、この順にご覧になれば、何らかのご参考になるかと。

1.サラウンドバックスピーカーの買い替え・フロントワイドスピーカーの買い足しのための備忘録

2. 分かってきたことと、分からなくなってきたこと…

3.困ったことになりました―ソナス・センターSP他の買い替え

4. 極性チェック、聴感、Audyssey測定結果

5.ソナスファーベルの代理店ノアさんから、Sonettoの極性(位相)に関する回答が来ました

6.その後のご報告―センターSP買い替え・ソナス位相問題など

Auro3D邸SonettoⅧの位相整合対策

Auro3Dさん宅オフ会リモート参加+K&Kフィルタ

7.ついにソナスで9ch揃えました―ただし、謎は深まるばかり…


8.ソナス位相問題:一応の決着をみました―ただし、火種は残る…

Sonus 3way スピーカーのネットワーク回路の謎

異なる次数で作るクロスオーバー(6dBと18dBの組み合わせ)

【SPEC】●型式:3ウェイ・5スピーカー、バスレフ方式フロアスタンディング型 ●使用ユニット:29mmアローポイントDADシルク・ソフトドーム×1、150mmコーン型×1、180mmコーン型×3 ●クロスオーバー周波数:270Hz/3,000Hz ●周波数特性:36Hz〜25kHz ●出力音圧レベル:90dB SPL ●インピーダンス:4Ω ●最大入力電圧:22Vrms ●外形寸法:283W×1,188H×427Dmm ●質量:26.3kg(1本)

マイルーム

5.1chマルチとAuro3Dと2chとAtmosとを共存させています
5.1chマルチとAuro3Dと2chとAtmosとを共存させています
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン130型以上 / 8ch以上

【サラウンドスピーカー四変化】(2021年10月末更新) ここ伊豆でのMy Roomは、8面から成る立方体で、完全に対称となって向き合う平面が一つもないという変形部屋、2階屋根まで吹き抜けの空間、強い傾斜天井、珪藻土の壁、桜の無垢の床など、専用設計したわけではないのですがオーディオルームとしてはなかなかいい条件がそろっていると思っています。完全防音工事はしていませんが、窓は真空二重サッシをダ…

所有製品