「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
asatclassic
asatclassic

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

最新の日記

音の焦点合わせに成功?

この記事を参考にさせていただき、音の焦点合わせをしてみました。

最近プロケーブルのサイトを知り、ヤフオクでDTA-120BT, DV62siを購入。スピーカーケーブルBELDEN8460と、スマホとアンプをつなぐ3.5mmステレオミニプラグケーブル用の88760はサウンドハウスで購入しました。

ステレオミニプラグケーブルを上記記事のRCAケーブルとみなし、1mオスオスと、50cm, 25cmメス・オスを作成しました。

スピーカーケーブル2.5m+ミニプラグケーブル(以下MP)1mだと明らかに音がシャープすぎるので、MPに50cm足して音を確認すると少しマイルドになります。何度か繰り返し比較して「MP(上記事のRCAケーブル)を長くすると音がマイルドになる」ことを確認しました。

そこからは、MP50cm足して音を確認し、その都度1cmスピーカーケーブルを切っていきました。

音源はNorah Jonesの"Come away with me"アルバムの2曲(Cold, Cold HeartとThe Nearness Of You)を使いました。

2m30cmのところで、急にボーカルが前に出てきました。スピーカーから人間が飛び出してきたような感じといえばよいでしょうか。

それからはMPケーブル25cmを足して音を確認・スピーカーケーブル5mmカットを繰り返しました。

これで限界かなというポイントで数日MP25cmをつけたり外したりで聞き比べ、最終的に3mmだけ切ってみました。

その後、50cmのオスオスをMPケーブルを作成し、MPケーブルを1m, 75cm(50+25), 50cmと変えながらいろいろな音源を聞きましたが、やはり1mが一番気持ちがよく聞こえます。75cmがボーカルだけは目立ちますが、ギターのカッティングなどがシャリシャリ気味に聞こえました。

スピーカーケーブルだけでなく、RCAケーブル(私の場合はスマホ音源なのでステレオミニプラグケーブル)の長短も使って調整する方法は、一度定めた焦点を再度調整できるので非常に便利だと思います。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品

所有製品は登録されていません