「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
はっぴゅーと
はっぴゅーと
より良いネットワークオーディオを探しています

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

最新の日記

ROON導入

組み立てたPCにroonというアプリをインストール とりあえずのMemo

PCにLinux(Ubuntu)をインストール
そのPCにLinuxに導入するにあたり

Install Roon on Linuxって説明があります



導入する前に、準備するべきアプリがあります



ffmpegまたはavconv(Roon Serverのみ)

$ sudo apt-get install ffmpeg
$ sudo apt-get install libav-tools

 どちらかがあれば良いようですが、
 二つとも導入しているとffmpegが優先されるって書いてますから
 ffmpegだけ導入すると良いと判断




libasound2(1.0.27+が必要、1.0.29 +が推奨)

ネイティブDSD再生に必要 インストールしなくても大丈夫?





cifs-utils(Roonサーバーのみ)
この中にある"mount.fifs"を取得するためにインストール、ネットワークフォルダ機能を使用するため

$ sudo apt install cifs-utils





"curl"ファイルをダウンロードするために必要なコマンド、
四日市ムセンのHPで教えてもらいました、感謝です

$ sudo apt install curl




結局のところ赤い色のついたコマンドをコピペすると良さそう





準備ができたので、やっとRoonのインストール
アプリをダウンロードして、管理者権限でインストールってことなのかな


ダウンロードする場所を ダウンロード設定
$ cd ダウンロード


Roon Server x86_64
$ curl -O http://download.roonlabs.com/builds/roonserver-installer-linuxx64.sh
  (roon serverアプリのダウンロード)

$ chmod +x roonserver-installer-linuxx64.sh
  (ファイルの実行権限を設定するのがchmodコマンド)

$ sudo ./roonserver-installer-linuxx64.sh
  (インストールプログラムの実行)



以上でインストール終了
あとは、NASの音楽ファイル、ネット上での音楽配信サービスを利用できることになりそうです

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

とりあえずの現状
とりあえずの現状

手持ちの機器など Speaker:Bowers & Wilkins 805D3 PreAmp: Accuphase C2810 PowerAmp: Accuphase A-45 CD Player&DAC: Accuphase DP-560 ネットワーク関連 iFi ZEN Stream LAN-HUB: NUPRiME OMNIA SW-8 PC: ASRock Desk…

所有製品

  • SACDプレーヤー/トランスポート ACCUPHASE DP-560
  • パワーアンプ ACCUPHASE A-45
  • プリアンプ ACCUPHASE C-2810
  • スピーカーシステム B&W 805 D3