「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
トム
トム
小学生のころからラジオや電蓄を分解しては遊んでいました。 オーディオ・ビジュアル、茶道、郷土史を3本柱に趣味の世界に生きています。還暦を向かえ、そろそろ一段上を目指したいと思うこの頃です。

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

音楽の繪本

永年探していた音源のCDが見つかりましたので、嬉しくてつい投稿させて頂きます。

私は静岡県の片すみの田舎の生まれなのですが、
FM東海(FM東京ではありません)の試験放送がはじまったころ
8エレメントのFMアンテナを立てて熱心に放送を受信していました。
特に「Hi-Fiクラブ」という番組は毎週必聴でした。
高城重躬・小川正雄・高和元彦各氏のオーディオ談義やクイズには
若かった私には大変刺激になりました。
(あの時代は今は忘れられた「原音再生」がテーマでした)
毎日曜日の朝はこの音楽をオープニングテーマ曲にした
詩人串田孫一氏の番組「音楽の繪本」を布団の中で聴いていましたが、
20年くらいしてからあのテーマ曲は何だったのか気になりだし、
曲名・演奏者は直ぐに判明したのですが音源が見つからなかったのです。
演奏者が異なるものは数点入手したのですが、演奏のあまりの違いに
納得がいきませんでした。
それが最近ふとしたことから検索にかかりCDを入手出来たのです。
その曲は
ヴィヴァルディ作曲「室内協奏曲ニ長調RV94の第二楽章ラルゴ」です。
演奏者はフルートでマクサンス・ラリューです。

かつての番組は今でも再放送で聴けます。
https://musicbird.jp/programs/tfm-ehon/
高城重躬
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%9F%8E%E9%87%8D%E8%BA%AC

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

TOM STUDIO
TOM STUDIO
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~7.1ch

オーディオとビジュアルが両立出来るような設計です。 電源は天井裏に設置した専用のノイズカットトランス2台で 200Vを100Vに落としLR別にして部屋のコンセントに供給しています。 電源を専用ブレーカで集中制御しています。 本格的なアースを設置し、コンセントに配線しています。 床は重量物に耐えられるように全面土間コンとし、 低音の音質改善に効果を上げています。

所有製品

  • Blu-ray Discレコーダー TOSHIBA RD-X10
  • SACDプレーヤー/トランスポート SONY SCD-XA777ES