山田野案山子
山田野案山子
オーディオ歴は高校生の時からなので長いのですが、オーディオが分かり始めたのはそれ程古い話ではありません。現在はLINN製品が中心になったシステム構成で聞いています。主に聞くのは1950年代から70年代…

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の日記

LINN DSの生産終了

Philewebの記事で、LINNが遂にDSの生産を終了させることを知りました。今後は全てDSMに集約するようです。

逆に言えばDSのアップグレードは、今後一切無くなるので、これ以上の出費が無くなるという事で、ある意味めでたいことでもあります。

デジタルのスペック競争は、何処まで行くのでしょうかね。CDでも録音の良いものは、充分に良い音がします。昔のオーディオ機器がカタログスペック競争に明け暮れた記憶が、蘇ってきます。

最新のレビュー/コメント

M12 GOLD SWITCH

日本テレガートナー

M12 GOLD SWITCH

¥336,000(税込)

発売:2017年3月中旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

紆余曲折を経て

LINNがKLIMAX DSを出して、ネットワークオーディオが世の中に出始めた頃、日本ではQNAPのNASを使う人がいなくて、使い方が分からず苦労していました。
その後LANケーブルで音が変わると言うことが分かり、ケーブルの選択で苦労し、ハブでも音が変わると言うことが分かったのですが、当時のハブは全てPC用に多種類のハブが出回っていて、金属筐体で電源内蔵が良いと言うことで、長い間それを使っていました。

その後こちらのコミュで知り合った方から、テレガートナーのハブが良いという情報を頂いたのですが、試しに買ってと言うような金額では無く、販売店を通じて試聴機を借りて聞いてみることにしました。

結果的には購入したのですが、電源でも音が変わると言うことで、付属の電源からアナログ電源に交換したものの、トラブル続きでした。原因はアースのループだったのですが、結局は究極の電源としてリチウムイオン電池で直流駆動することにしました。

このハブは入力電圧の範囲が極めて広く、市販のハブの大半がDC5VかDC12Vの固定電圧に対して、DC12V~48V迄の間は何ボルトでも、供給が可能です。

またM12コネクターは、取り付けガタが全くないのと、防塵防水対策が完璧なので、接触不良の心配が無いことも、高い信頼性になっています。

現在はDC24V(実電圧26.5V)50AHのバッテリーで電源供給しています。

【SPEC】●外形寸法:70×50×200mm ●質量:1.5?

マイルーム

オーディオ兼用ルーム
オーディオ兼用ルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

2012年6月より建築工事を始めた、故郷でのオーディオ専用棟が年末も押し迫った12月に完成しました。建物自体は10月には完成していて、引っ越しも10月には完了していたのですが、最後まで仕様が決まらなかった電源工事がやっと12月に完了しました。 建築工事自体は基礎工事の時点から、日記にアップしましたのでそちらを参考にしていただくとして、概要を書きますと、下記の通りです。寸法は全て内法です。…

所有製品