tocky
tocky
オーディオメインですが、映画も好きなのでシアターもやってます。最近はオーディオ熱が落ち着いてきたので、シアターのフルHD化を画策中です。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

K-POPの今

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年12月17日

えーと、特に何ということもないのですが、あいかわらずK-POPいいなあ、というわけで(笑
K-POPを聞いている人はよく知っていると思いますが、基本的に韓国語版の方がかっこいいです。
。。。というわけで、今のK-POPの韓国語版をどうぞ。

今年の活躍という意味では間違ってavexと契約してしまったAFTER SCHOOLが残念な展開しか出来ていないのが痛恨です><
来年はいよいよ最後の大物WONDER GIRLSが日本上陸しそうで、楽しみですが、頼むかららavexだけはやめてほしいところです。

少女時代「The Boys」
http://www.youtube.com/watch?v=6pA_Tou-DPI

KARA「STEP」
http://www.youtube.com/watch?v=zYoYoBtLqOY

2NE1「Go Away」
http://www.youtube.com/watch?v=3yW13T2sfKg

T-ara「yayaya」
http://www.youtube.com/watch?v=PChUEyZTQuM&ob=av2n

特に2NE1の「Go Away」はJ-POPファンにも聞いてほしい名曲です。
日本語版は以下

http://www.youtube.com/watch?v=b-ofNOrCYcU

うーん、やっぱり韓国版の方がイイ!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. tockyさん こんにちは。

    K-POPに特に興味があるわけではないのですが、CSの音楽番組で
    流れるクリップは全て韓国語なので、先日たまたま(めざましTV
    だったかな?)日本語版を聞いてすごく違和感を感じたのを
    覚えています。

    欧米のミュージシャンで日本版リリースのために日本語で歌うなんて
    誰もやっていないわけですから、現地語のものをそのままリリース
    すればいいような気がしますが、やはりそこはアジアの隣国、
    日本の「ガラパゴス音楽業界」のことをわかった上での売り方なんでしょうね。

    日本語版なんて日本でしか売れないのに、それでも敢えて
    対応するわけですから、長期景気停滞国とは言え、まだまだ
    ビジネス的には魅力ある市場ということなんでしょう。

    byhide234 at2011-12-17 20:22

  2. >>hide234さん
    UKやUSのマーケットで勝負できれば、いちいち日本語リリースなんてしないんでしょうけど、歌謡曲文化な日本マーケットで勝負しようと思うと日本語歌詞の方が競争力強いということなんだと思います。

    まあでも、やはりネイティブで聞いたほうが音楽的にも自然なわけで、韓国語版のまま聞いてほしいところですね。どうせ大した歌詞があるわけでもないのでw

    bytocky at2011-12-18 14:03

  3. こんばんは
    nativeといえば 録音エンジニアが「この音を聴いてくれ」と採った音ってどんな風なのでしょうね 謂うところの「原音」ですけど
    再生装置の個性が加わる以上 「原音」というのはどこにもないのでしょうが 一度は「これが原音か~」という思い込みだけでも感じてみたい それを知った(聴いた)上で自分の再生音楽はこうだよ(原音+α;好み、嗜好) と言ってみたいな~と

    「ネイティブ」にかこつけた 無理筋レスでした~;^^

    byそねさん at2011-12-18 23:40

  4. >>そねさん
    録音エンジニアが「この音」と思うのであれば、どんなシステムであれ、それは聞こえると思います。
    音楽の力っていうのは強いですから。

    「原音」というのが何を意味するのかはその発言者の意図によりますが、SPユニットで再生する以上、楽器の音の再現性は限界があると思っています。
    オーディオという趣味の面白さはそういうのとは違う再現文化だと思っていて、自己満足の世界に近い感覚(ようするに自己評価が全て)です。
    音を楽しむと書いて音楽ですから、あまり小難しいことを考えずに楽しんだモン勝ちかと。

    bytocky at2011-12-19 13:20

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする