試聴記
試聴記

マイルーム

                                                                                                                             
                                                
                              
所有製品

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

第416話 エソテリックのSACD

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月10日

エソテリックから新しいSACDがリリースされたので、聴いてみました。

カラヤンのCD第1号だという、アルプス交響曲。44.1kHz/16bitのオリジナルマスターを96kHz/24bitにアップコンバートしたもの。恐ろしいことに、この80年前半に録音されたカラヤンが一番新しいモノで、他は70~60年代前半に制作されていたが、どれも音質はとてもしなやかで良い音です。

ただ、ポリーニだけは、随分、今の音と違って聴こえます。去年リリースされたベートーヴェンは、会場の音響もタップリ含まれ臨場感もありますが、70年代のショパンでは、よりピアノタッチにフォーカスしてる感があり、会場の雰囲気は殆ど感じられません。同じミュンヘンの会場だけに、この差は興味深いです。

しかし、これ程、音の印象が異なるに関わらず、どちらも超絶良い音でした。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする