「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
試聴記
試聴記

マイルーム

                                                                                                                             
                                                
                              
所有製品

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

第423話 音質を極めたら温質も向上

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年12月18日

オーディオの電源対策として、wifiの停波や光回線終端装置のバッテリー駆動を行って、とても効果があったのだが、最後の難関がエアコンだった。

これもバッテリーで動かそうとしたが、起動時に消費電力の5~6倍の容量が必要ということもあり、これ程の容量のバッテリーは高価のため、コスパの観点から却下だ。

そこで、思い切ってエアコンから、電気を使わない石油ストーブに変えてみようと思った。

いろいろ調べて、小さなアラジンに決めた。ポイントを入れると実質9千円で、エアコンのノイズを完全に封じ込めるオーディオアクセサリーと思えば、この石油ストーブは完璧なノイズフィルターだ。数十年ぶりの石油ストーブは、懐かしさとともに、「こんなに暖かいのか~」と感心しきり。それに余熱が凄い。ストーブを消しても1時間くらい部屋が暖かかく、部屋も乾燥することもなく、とても快適だ。それにファンが回らないので、とても静かだ。

音質の観点から石油ストーブを導入してみたが、暖かさの質がエアコンと大違いで、その温質の違いに驚くばかりだった。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする